東北大学病院

English

文字サイズ

カラー設定

診療受付:8:30-11:00 再診受付機 8:00-11:00

休診日:土・日・祝・年末年始12/29-1/3

診療時間:平日 8:30-17:15

お問い合わせ:022-717-7000 [ 時間外・休診日 022-717-7024 ]

口腔機能回復科/高齢者歯科治療部

病棟 東病棟 10F
外来 外来診療棟C 5F
外来受付 Tel: 022-717-8397
対象疾患
歯の欠損(特に難しい総義歯)/高齢者の口腔機能低下症/顎関節症

口腔機能回復科/高齢者歯科治療部のご案内

診療の特色

特に高齢者の口腔機能低下を早期に発見し、速やかに回復や維持管理を図るために、下記の機器を用いた検査を積極的に行っています。
また、難しい義歯についても、下記の機器を用いた検査によって治療効果の評価を行っています。

・口腔内細菌カウンタ
・口腔水分計
・咬合力検査用感圧シートと分析装置
・オーラルディアドコキネシスの自動計測器
・舌圧測定器
・咀嚼機能評価用グミゼリーとグルコース濃度測定器
・顎運動測定装置

対象疾患と診療内容

高齢者歯科治療部は高齢者の歯科保健医療を、口腔機能回復科は口腔機能低下に対する専門的対応を行う診療科です。
口腔機能回復科と高齢者歯科治療部は一体として外来診療を行い、高齢者の口腔機能の回復や維持管理、顎関節症など比較的軽度の口腔顔面痛の保存治療・管理を行っています。
加齢に伴って顎口腔系に生じる、歯数の減少、唾液分泌低下、筋力低下などの変化は、摂食機能の低下を介して全身的な低栄養の危険性を増大させます。また、高齢者で多く認められる四肢の麻痺や関節疾患による手指機能の低下、視力低下、認知機能低下などは、口腔衛生状態を悪化させ、顎口腔の機能低下に拍車をかけます。近年、要介護の前段階として知られるようになった『フレイル』は、低栄養によりその病態が悪化するといわれており、加齢によって顎口腔機能が低下をきたしやすい高齢期においては、栄養の入口である口腔の機能を維持・回復することが、介護予防を推進する上でも重要とされています。当科では、義歯治療を中心とした歯科補綴学に基づく摂食機能回復に注力するとともに、口腔乾燥症や口腔衛生不良など、高齢者に多発する病態に対する指導・管理を行っています。

リンク

当科は下記の学会により研修機関として認定されています。

日本補綴歯科学会

日本老年歯科学会

 

関連記事