文字サイズ

カラー設定

東北大学病院

お問い合わせはこちら
(平日 8:30~17:15)
TEL 022-717-7000
診療時間
平日 8:30~17:15 開門時間 8:00
診療受付 8:30~11:00
再診受付機8:00~17:15
休診日
土・日・祝・年末年始(12/29~1/3)
TEL 022-717-7000
時間外・休診日
022-717-7024
交通アクセス 交通アクセス
アクセスアクセス
みんなのみらい基金

個別化医療センター

病棟 - 外来 -
外来受付 - 独自webサイト 東北大学病院 個別化医療センター
対象疾患 -

センター長あいさつ

センター長 石岡 千加史

本院は、患者のゲノム・オミックス解析や診療情報を活用し、患者ひとりひとりに最適な治療を提案するシステム、「個別化医療」を推進する取り組みをこの度スタートしました。本プロジェクトは、2017年4月1日に本院内に設置した「個別化医療センター」が中心となり、世界に先駆けたゲノムコホート研究の基盤を有する東北メディカル・メガバンク機構や、最新医学知識と基礎医学研究の基盤を有する医学系研究科等と密接に連携し、希少性疾患を中心とした「個別化医療」の推進を図っていくものです。また本プロジェクトの推進にあたっては、医療や医学教育・研究の発展を目的に篤志家様から東北大学基金に寄せられたご遺贈寄付を活用させていただきます。
具体的な取り組みとして、まずはゲノム医療・オミックス医療、特にがんのゲノム医療をターゲットに、個別化医療センターを中心に、疾患バイオバンクの設立とがんゲノム解析、疾患別のオミックス解析を行っています。
がんは、遺伝子に生じた「異常」(構造変異:遺伝子の配列が変化すること、過剰発現:遺伝子産物であるタンパク質が過剰に発現していること、等)が原因で発生します。近年、このような遺伝子の異常を標的として、その機能を制御する薬剤「分子標的治療薬」が次々と開発されています。これらの薬剤は、それぞれが標的とする遺伝子異常が存在するがんに対して効果がみられるため、個々の患者のがん細胞にどのような変化が生じているかを調べるゲノム解析により、将来、より有効な薬剤で治療を受けることが出来るチャンスが広がります。
個別化医療センターでは、オミックス解析により現時点でのゲノム医療の提供を行うとともに、疾患バイオバンクを活用して全ゲノム解析などのさらなる遺伝子解析研究を進め、将来的にはゲノム解析を基とした治療の最適化、発症の予防ができるような医療につなげていきます。
当院はがんゲノム医療中核拠点病院に指定されました。東北メディカル・メガバンク機構や医学系研究科との連携によるゲノム・オミックス解析基盤の充実、解析結果を解釈し適切な医療を提供できる専門医の多数の在籍、遺伝子診療部による高度な遺伝医療の提供の保証、また、臨床研究中核病院としての先進医療や医師主導治験の実績などの特長を活かし、最先端のがんゲノム医療を提供します。

【補足説明】※ オミックス:網羅的な生体分子についての情報の総体。オミックス医療では、ゲノム(遺伝子の総体)、トランスクリプトーム(mRNA)、プロテオーム(タンパク質)、メタボローム(代謝物)等の様々な網羅的な分子についての情報を系統的に解析し、治療の最適化、発症の予防等を目指す。

がん遺伝子パネル検査

当院では、2017年4月に個別化医療センターを立ち上げ、患者さんのがん細胞に生じた遺伝子異常を解析するがん遺伝子パネル検査を実施しております。2019年より保険診療でも行える検査となりました。詳しくは担当医師、もしくは当院がん相談室までお問い合わせ頂くか、下記の個別化医療センターのホームページをご覧ください。

 

がん遺伝子パネル検査とは:
がんは遺伝子に生じた「異常」(構造変異:遺伝子の配列が変化すること、過剰発現:遺伝子産物であるタンパク質が過剰に発現していること、など)が原因で発生します。近年、これらの遺伝子の異常を標的として、その機能を制御する薬剤「分子標的治療薬」が次々と開発されています。これらの薬剤は、それぞれが標的とする遺伝子異常が存在するがんに対して効果がみられるため、個々の患者さんのがん細胞にどのような異常が生じているかを調べることにより、将来、より有効な薬剤で治療を受けることが出来るチャンスが広がります。また、この検査によって結果が治療に結びつくとは限らないことをご了承ください。

 

【問い合わせ】
東北大学病院 がん診療相談室 TEL:022-717-7115

リンク

メディア掲載

「がんゲノム医療を強化」河北新報 掲載日:2019年7月30日(PDF:転載不可)

関連記事

pageTop