東北大学病院

English

文字サイズ

カラー設定

診療受付:8:30-11:00 再診受付機 8:00-11:00

休診日:土・日・祝・年末年始12/29-1/3

診療時間:平日 8:30-17:15

お問い合わせ:022-717-7000 [ 時間外・休診日 022-717-7024 ]

予防歯科

科長

教授 小関 健由

皆さまは、自分のお口の役割について考えたことはありますか。まずは美味しく「食べること」、これがなければ命を維持することは出来ません。それから「話すこと」。お口がうまく動かないと、お互い心を通わせることが難しくなります。そして「大笑いすること」。お口は、なんと豊かな人生を支えているのでしょう。『およそ人間には三つの楽しみがあります。ひとつは道を行い心得違いをせず善を楽しむこと、二つは健康で気持ちよく楽しむこと、三つは長生きして長く久しく楽しむことです(養生訓:貝原益軒)』。三楽を楽しむために、「食べて、話して、大笑い」。人生の大切な宝物は、富貴であるかに関係なく、お口の健康に支えられています。三楽を楽しむために、肩肘張らずにゆったりと、お口の健康を考えていきましょう。要はお口の健康の大切さに「気づく」ことです。

当科は、昭和43年に東北大学歯学部附属病院に予防歯科が設置されたのがスタートです。初代科長は島田義弘教授、平成3年に坂本征三郎教授、そして、平成14年から小関健由が担当しています。現在は少子高齢者社会が進み、子どものむし歯が減少した反面、壮年期の歯周病(のうろう)やご高齢の方の口腔ケアが重要視されてきています。予防歯科では、お口をきっかけとした健康づくりをベースに、お口の健康維持・増進を推進いたします。また、お口の健康を維持するのに支援が必要な方、お口の健康維持が全身の健康に大きく影響を与える方のお口の管理・支援を行います。お口の健康問題は、悩んでいる本人だけでは解決できない場合があります。お母さんのお腹の中にいる赤ん坊から、その子がご高齢になった時までの、生涯を通したお口の健康支援に、予防歯科がお手伝いいたします。

関連記事