東北大学病院

English

文字サイズ

カラー設定

診療受付:8:30-11:00 再診受付機 8:00-11:00

休診日:土・日・祝・年末年始12/29-1/3

診療時間:平日 8:30-17:15

お問い合わせ:022-717-7000 [ 時間外・休診日 022-717-7024 ]

放射線治療科

病棟 西病棟 4F
外来 先進医療棟 B1F
外来受付 Tel : 022-717-7732
独自webサイト 東北大学病院 放射線治療科
対象疾患
悪性腫瘍ケロイド血管腫

放射線治療科のご案内

科長あいさつ

教授 神宮 啓一

私どもの診療科はがんに対する放射線治療を専門にしております。放射線治療は、その電離作用により、主として細胞のDNAを損傷して細胞を死に至らしめる作用を利用した治療です。従って手術あるいは抗がん剤と同様に放射線も正常組織とがん細胞とを区別して破壊することはできません。正常組織を可能な限り照射野から外す、あるいはがんと正常組織に対する放射線の反応の差を大きくすることが放射線の治癒率向上に重要です。近年、特に進歩が著しいのが、がんに限局して放射線治療を行う装置および技術の開発であり、定位放射線治療あるいは強度変調放射線治療(IMRT)と呼ばれているものです。また抗がん剤と併用した化学放射線療法の進歩も急速で、こうした進歩により比較的早期のがんであれば手術に匹敵する治療成績が得られております。

放射線治療の最大の利点は機能温存ですが、従来は放射線の治療成績が喉頭癌や子宮頸癌など一部の癌を除いて不良であったために、手術療法が最優先されてきました。しかし、近年、放射線治療は機器および技術の進歩、あるいは抗がん剤との併用で治療成績が急速に上昇してきております。治療成績が手術に近づけば機能温存可能な放射線治療が多用されるのはごく自然で、最近は放射線治療を受ける患者さんの数が急増しております。放射線治療はまた癌の症状緩和にも有効です。

私どもは最先端の放射線治療を、単独であるいは手術や抗がん剤と組み合わせて、患者さん中心のチーム医療として提供することを心がけております。

 

医師紹介

独自webサイト>教室紹介>スタッフ紹介

関連記事