東北大学病院

English

文字サイズ

カラー設定

診療受付:8:30-11:00 再診受付機 8:00-11:00

休診日:土・日・祝・年末年始12/29-1/3

診療時間:平日 8:30-17:15

お問い合わせ:022-717-7000 [ 時間外・休診日 022-717-7024 ]

皮膚科

病棟 東病棟 15F
外来 外来診療棟A 4F
外来受付 Tel:022-717-7759
独自webサイト 皮膚科
対象疾患
皮膚炎(アトピー性皮膚炎、接触皮膚炎、脂漏性皮膚炎、貨幣状湿疹など)/蕁麻疹/痒疹/皮膚そうよう症/紅斑症(多型滲出性紅斑、結節性紅斑など)/紫斑病 血管炎/褥瘡/熱傷/日光皮膚炎/薬疹/自己免疫性水疱症(尋常性天疱瘡、水疱性類天疱瘡)/遺伝性角化症(魚鱗癬、ダリエー病など)/乾癬(尋常性乾癬、膿疱性乾癬)/扁平苔癬/膠原病(全身性エリテマトーデス、強皮症、皮膚筋炎など)/しみやあざ(老人性色素斑、日光性色素斑/肝斑/太田母斑/色素性母斑(ほくろ)/扁平母斑

皮膚科のご案内

科長あいさつ

教授 相場 節也

 東北大学皮膚科教室は、これまでに、初代遠山郁三教授による遠山氏連圏状粃糠疹、遺伝性対側性色素異常症、太田正雄教授による太田母斑、伊藤實教授による伊藤母斑、hypomelanosis Ito、清寺眞教授によるacral lentiginous melanomaの報告など皮膚科学の歴史に多くの足跡を残してきました。 そこで、私たちは、そのような先輩達により培われてきた皮膚科臨床の輝かしい歴史を引き継ぎ、更に最新の医学生物学の発展の成果を加味し皮膚疾患に苦しむ患者さんに最高の医療を提供すべく努力しています。

 皮膚科臨床の基本は、やはり正確な診断の一言につきます。 肉眼的な臨床所見はもちろん、病理組織学的所見も踏まえた正確な診断を心がけています。 最近では、それらに加えて、アトピー性皮膚炎などに対しては皮膚計測工学的手法を用いた角層水分含量、角層バリアー機能の測定、悪性腫瘍に対しては超音波検査、MRI検査、PET画像診断、センチネルリンパ節生検などの手法を積極的に取り入れています。

 治療に関しても、皮膚科医が昔から行ってきた軟膏療法、光線療法、皮膚外科、レーザー治療、光線力学療法、ケミカルピーリングなどの治療方法に加えて、乾癬、アトピー性皮膚炎、蕁麻疹に対しては種々の生物学的製剤を用いた治療も行っています。また、悪性腫瘍、特に悪性黒色腫、悪性リンパ腫に対しては、従来の外科手術、放射線療法に加えて、分子標的薬、免疫チェックポイント阻害薬を用いた治療を行っています。さらに、炎症性皮膚疾患、悪性腫瘍いずれの領域でも新薬の臨床治験に積極的に参加し、新薬の恩恵に患者さんがいち早く浴せるよう努めています。このように当科では、最新の診断方法、治療法を駆使して、皮膚疾患に苦しむ患者さんに現在の医療水準に照らし合わせて理想的な治療を提供できるよう日夜励んでいます。

関連記事