東北大学病院

English

文字サイズ

カラー設定

診療受付:8:30-11:00 再診受付機 8:00-11:00

休診日:土・日・祝・年末年始12/29-1/3

診療時間:平日 8:30-17:15

お問い合わせ:022-717-7000 [ 時間外・休診日 022-717-7024 ]

咬合修復科

病棟 東病棟 10F
外来 外来診療棟C 5F
外来受付 Tel : 022-717-8364
対象疾患
歯冠修復/少数歯欠損の欠損修復/審美修復

咬合修復科のご案内

対象疾患と診療内容

主な治療内容は以下の通りです。

  • 歯冠修復:歯が大きく崩壊した場合、歯や歯根を利用して、歯の形態を回復して機能・審美性を維持する。
  • 少数歯欠損の欠損修復:1~4本程度の歯を失った場合、ブリッジによる欠損修復を行い、歯および口腔の機能と審美性の回復を行う。
  • 審美修復:前歯の形態や色調不良による審美障害を回復する。

診療の特色

 当科では、むし歯などで崩壊した歯をクラウン(被せ物)で治すことや、歯を欠損した部位にブリッジ、入れ歯、インプラント(人工歯根)を利用して歯を補う治療を専門にしています。特に、歯の色調不良や形態不良などの審美的な歯科治療や、金属を用いないメタルフリー歯科治療に積極的に取り組んでいます。

コンピュータを応用した白い歯の被せ物

 従来の歯の被せ物は、金属を熱で溶かして作るので、金属の色をした、いわゆる“銀歯”が一般的でした。近年の歯科医療の発展はめざましく、コンピュータを利用して被せ物を設計・切削加工する『CAD/CAM(キャドカム)』技術が普及してきました。材料には高強度の白い樹脂素材(歯科用プラスティック)やジルコニア(高い強度をもつセラミック)を用いるため、奥歯にも使える丈夫な白い被せ物を作ることが可能です。話したり笑ったりする際に覗く銀歯が気になる方や、金属にアレルギーがある方の歯科治療に用いられます。

 

審美補綴(しんびほてつ)治療

 保険適用外の材料である陶材やジルコニアなどのセラミックスを用いた審美的な治療を行います。例えば歯の変色・色調不良に対し、オールセラミッククラウンによる治療やラミネートべニアといった治療方法を提供します。

金属アレルギー・メタルフリー治療

 口腔内の金属(またはその他歯科材料)が原因で口から離れた皮膚などの全身性にアレルギー反応を起こすことがあります。金属アレルギーの患者さんに対してはアレルギー反応の出ない材料の探索やセラミックスやレジンなどのメタルフリー材料を用いて治療を行います。

接着ブリッジ治療

 通常のブリッジ治療は歯を大きく削る必要があります。しかし、欠損や噛み合わせの状態によっては、接着ブリッジを用いることで歯をあまり削らずに歯を貼りつける要領で欠損を補う治療方法が可能です。

高強度コンポジットレジンブリッジ治療

 平成30年度より臼歯部へのコンポジットレジンによるブリッジが保険収載されました。本治療法は歯の色をしたブリッジ治療になるため、審美性のよい治療として提供できます。また、金属を用いないため、金属アレルギーの患者さんには有効な治療の選択肢になります。
 ただし、適応症は第二小臼歯(5番目)のみの欠損に限ります。金属アレルギーの診断がされている方でしたら第一大臼歯(6番目)のみの欠損も含まれます。

インプラント補綴治療

 保険収載されている方法は少数歯であればブリッジによる治療、多くの歯を失っている場合は部分入れ歯による治療を選択します。インプラント補綴治療は手術で骨にチタン製の人工歯根を埋入し、骨と結合した後にクラウン・ブリッジまたは入れ歯を装着します。手術を伴い、保険適用外の治療となりますが、患者さんの満足度は高い傾向にあります。当院歯科インプラントセンターと連携して治療を進めます。

歯周補綴(ししゅうほてつ)治療

 歯周病に罹ってしまい、歯が抜けてしまった、揺れて噛めない、前歯が移動してしまい見た目が気になる等といった問題に対し、歯を補綴治療によって連結固定することで、咀嚼(そしゃく)機能の回復や、審美性の回復を行います。

その他

 エナメル質形成不全症などの先天性疾患などにより歯の構造に異常を認める場合、クラウンなどの治療を行い機能や形態を回復します。

※個々の口腔内の状況により可能な治療方法は異なりますので、治療法については担当医とご相談ください。
※いずれの歯科治療においても歯を抜いたり削ったりした場合、元通りの状態に回復することはできません。また、審美性の高いセラミックスを用いた治療でも患者さんの期待通りにならない場合があります。
※セラミックスを用いた自由診療の代替として、前歯では歯科用樹脂を用いた前装冠、臼歯では全て金属の金属冠を適用できます。小臼歯では歯科用樹脂のクラウンも適用できます。インプラント補綴治療の代替としてはブリッジまたは部分入れ歯があります。

関連記事