東北大学病院

English

文字サイズ

カラー設定

診療受付:8:30-11:00 再診受付機 8:00-11:00

休診日:土・日・祝・年末年始12/29-1/3

診療時間:平日 8:30-17:15

お問い合わせ:022-717-7000 [ 時間外・休診日 022-717-7024 ]

咬合修復科

病棟 東病棟 10F
外来 外来診療棟C 5F
外来受付 Tel : 022-717-8364
対象疾患
歯冠修復/少数歯欠損の欠損修復/前歯の形態回復

咬合修復科のご案内

当科で実施している保険診療

[主な治療内容]

  • 歯冠修復:歯が大きく崩壊した場合、歯や歯根を利用して、歯の形態を回復して機能・審美性を維持する。
  • 少数歯欠損の欠損修復:1~4本程度の歯を失った場合、ブリッジによる欠損修復を行い、歯および口腔の機能と審美性の回復を行う。
  • 前歯の形態回復:前歯の形態や色調不良による審美障害を回復する。

[使用材料]

  • 前歯:歯科用樹脂または歯科用樹脂と歯科用金属を組み合わせた冠
  • 小臼歯:歯科用金属または歯科用樹脂で作製した冠
  • 大臼歯:歯科用金属で作製した冠(一部の症例において、歯科用樹脂で作製した冠が保険適用される場合がある)

診療の特色

当科では、むし歯などで崩壊した歯をクラウン(被せ物)で治すことや、歯を欠損した部位にブリッジや入れ歯を利用して歯を補う治療を専門にしています。

 

接着ブリッジ治療

通常のブリッジ治療は歯を大きく削る必要があります。しかし、欠損や噛み合わせの状態によっては、接着ブリッジを用いることで歯をあまり削らずに歯を貼りつける要領で欠損を補う治療方法が可能です。

 

高強度コンポジットレジンブリッジ治療

平成30年度より臼歯部へのコンポジットレジンによるブリッジが保険収載されました。本治療法は歯の色をしたブリッジ治療になるため、審美性のよい治療として提供できます。また、金属を用いないため、金属アレルギーの患者さんには有効な治療の選択肢になります。 ただし、適応症は上下左右全ての第二大臼歯(7番目)が咬合している時の第二小臼歯(5番目)のみの欠損に限ります。金属アレルギーの診断がされている方でしたら第一大臼歯(6番目)のみの欠損も含まれます。

 

※個々の口腔内の状況により可能な治療方法は異なりますので、治療法については担当医とご相談ください。
※いずれの歯科治療においても歯を抜いたり削ったりした場合、元通りの状態に回復することはできません。
※装着した修復物が破損したり、土台となっている歯がむし歯、歯周病、破折などを生じたりすることがあります。 その際にはそれぞれ適切な治療(修復物のやり直し、むし歯・歯周病の治療、抜歯など)が必要になります。

関連記事