東北大学病院

English

文字サイズ

カラー設定

診療受付:8:30-11:00 再診受付機 8:00-11:00

休診日:土・日・祝・年末年始12/29-1/3

診療時間:平日 8:30-17:15

お問い合わせ:022-717-7000 [ 時間外・休診日 022-717-7024 ]

てんかん科

病棟 東病棟 12F
外来 外来診療棟A 3F
外来受付 Tel : 022-717-7751
独自webサイト 東北大学大学院医学系研究科てんかん学分野
対象疾患
てんかん/てんかんと識別を要する各種の発作性疾患

てんかん科のご案内

科長あいさつ

教授 中里 信和

東北大学病院てんかん科は、国内の大学病院としては初の診療科名を掲げて、2010年3月に誕生しました。
欧米では地域ごとに大学病院や大学病院規模の総合病院を中心とする包括的てんかんセンターを有し、成人てんかんの診療と小児てんかんの診療を分けて診療するのが普通です。しかし我が国では、小児科(とくに小児神経部門)による小児てんかん診療は広く実施されているものの、成人てんかんを何科で誰が診療すべきか大きな混乱がありました。当院でもすでに神経内科、精神科、脳神経外科、さらには小児科など、複数の診療科において成人てんかん患者さんの診療が実施されていました。てんかん科の発足により、これらの複数の診療科の連携役として、てんかん特有の問題を解決する体制が出来上がりました。2015年12月からは、東北大学病院てんかんセンターが発足し、てんかん科はその中心的役割を果たしております(図2)。
従来、ともすると外来診療のみで診断を行わなければならなかったてんかんですが、ひとつの目安として外来診療1年を経過しても、てんかん発作が抑制されないなど悩みを抱えている患者さんの場合、ビデオ脳波モニタリングを含む入院精査が診断の見直しと治療方針の決定に有用となります。てんかん科では12歳以上の患者さんに対して、約4日間、連続してビデオと脳波で発作等をモニターする検査システムを導入しています。さらに2週間の入院期間を使って、神経画像検査、脳磁図検査、神経心理検査、心理社会的評価等を行い、退院後には症例検討会を行って治療方針を決定するシステムを採用しています。
外来診療だけでは正しく診断できずに長年、悩みを抱えてきた患者さんや家族にとって、入院精査を核とする当科の診療方針は、人生をより良い方向に変えていけるものと信じております。

図2

関連記事