東北大学病院

English

文字サイズ

カラー設定

診療受付:8:30-11:00 再診受付機 8:00-11:00

休診日:土・日・祝・年末年始12/29-1/3

診療時間:平日 8:30-17:15

お問い合わせ:022-717-7000 [ 時間外・休診日 022-717-7024 ]

脳神経内科

科長あいさつ

教授 青木 正志

 脳はヒトの中で最も高度に分化した臓器であり、最も美しい臓器といわれています。そのヒトにとって大切な脳をはじめとした神経系の病気を扱うのが脳神経内科です。

 脳神経内科が担当する疾患は頭痛・めまい・しびれ・物忘れ(認知症)などのcommon diseaseから・脳卒中(脳血管障害)・脳炎・てんかんなどの神経救急疾患、それに変性疾患をはじめとする神経難病と多岐にわたります。私たちはこれら幅広い疾患の診療を担当し、脳外科などの他診療科、高度救命救急センターや地域医療機関を含めたチーム医療を大切にしています。医師不足が叫ばれる中でも脳神経内科医の不足は深刻です。一人でも多くの専門医を育てることが私たちの急務になっています。

 東北大学は日本有数の研究中心大学として、これまでに数々の世界トップクラスの研究成果を発信すると共に、多くの指導的人材を輩出してきました。 東北大学のアクションプランである井上プランにも謳われているように東北大学は建学の理念として「研究第一主義」を掲げ、「世界リーディング・ユニバーシティ」になることを目標としており、脳神経内科も研究中心大学に相応しい研究レベルと世界で活躍できる人材の輩出を目指しています。脳神経内科の教室内では多発性硬化症、パーキンソン病、筋萎縮性側索硬化症、筋ジストロフィーなどの筋疾患の研究を中心に研究成果をあげており、これらの研究も発展させ、さらには 若い研究者の新しい研究を育てることで世界トップレベルの神経科学研究および再生医療拠点を目指しています。さらにはこの研究成果を臨床へ応用する橋渡し研究(トランスレーショナルリサーチ:TR)を実現するために、学内の東北大学病院臨床研究推進センター(CRIETO)や創生医学応用研究センターと連携し て、大学発の創薬に取り組んでおります。

 私たちの使命は難しい病気も含めた脳の病気に対して研究を進め、新しい治療法を開発して社会に貢献すること、それと共に21世紀の医療および神経科学を牽引する優秀な人材を育てることだと考えています。

 

医師紹介

独自webサイト>教室紹介>スタッフ紹介

 

 

関連記事