文字サイズ

カラー設定

職員専用ページ職員専用ページ

東北大学病院

お問い合わせはこちら
(平日 8:30~17:15)
TEL 022-717-7000
診療時間
平日 8:30~17:15 開門時間 8:00
診療受付 8:30~11:00
再診受付機8:00~17:15
休診日
土・日・祝・年末年始(12/29~1/3)
TEL 022-717-7000
時間外・休診日
022-717-7024
交通アクセス 交通アクセス
アクセスアクセス
TUHメールマガジン みんなのみらい基金

お知らせ

超軽量リハビリ装具で脳卒中患者の歩行を改善 〜バネ−カム機構を装着するだけで膝が曲がりやすく転倒予防に!〜

2020.07.20  プレスリリース

脳卒中患者の数は,超高齢社会の日本では増加の一途をたどっています。脳卒中患者にとって歩行リハビリの質の向上は,「生活の質(Quality of Life: QOL)」の向上に直結する重要な課題です。

東北大学医学系研究科 関口雄介非常勤講師,同大学工学研究科 大脇大准教授,NEC 野崎岳夫,福司謙一郎研究員らの医工学,産学連携研究グループは,モーターレスでシンプルなバネ-カム機構を用いた超軽量歩行アシストデバイスを開発しました。脳卒中片麻痺患者11名を対象とした臨床実験の結果,歩行中の蹴り出し補助のみならず,副次的に,遊脚注5の膝が曲がりやすくなる効果を確認しました。この効果は,歩行中のつまずきによる転倒予防につながると考えられ,多くの患者の福音となることが期待されています。

本研究成果は,2020年7月2日に臨床研究に関する科学誌Gait & Posture電子版に掲載されました。

 

プレスリリース資料(PDF) 

 

 

関連リンク

東北大学 工学研究科・工学部

リハビリテーション部

 

pageTop