東北大学病院

English

文字サイズ

カラー設定

診療受付:8:30-11:00 再診受付機 8:00-11:00

休診日:土・日・祝・年末年始12/29-1/3

診療時間:平日 8:30-17:15

お問い合わせ:022-717-7000 [ 時間外・休診日 022-717-7024 ]

当院からのお知らせ

東北大学病院歯科インプラントセンターの開設について

2013-03-29

東北大学病院歯科インプラントセンターの開設について

―東北地方の歯科インプラント診療の拠点―

<概要>

平成25年4月1日から「東北大学病院歯科インプラントセンター」が開設されますのでお知らせいたします。東北地方の歯科インプラント診療・研修の拠点としての活動が期待されます。

 

<解説>

昨今の歯科インプラント診療に対する社会の視線は、マスコミ報道等によるインプラントの安全性・信頼性に対する不安から、安全で安心かつ先進的な医療の提供を求めています。この疑念を払拭し、最高レベルの信頼される歯科インプラント診療を行うには、効率的かつ安全で高度なインプラント治療が行える診療体制を確立するだけではなく、インプラント治療の教育、地域支援、研究を発展させていかなければなりません。また、人口の高齢化に伴い残存歯数が減少し、歯科インプラントの必要性が上昇しているなかで、全身疾患などを合併している場合も多く、より高度の集学的治療を必要とする患者さまの割合も年々増加してきております。このような背景から、「歯科インプラントセンター」が当院歯科部門に開設されることとなりました。当センターでは以下のような使命を遂行してまいります。
(1)インプラント治療に関わる複数の診療科の連携による安全で高度な医療の提供

初代センター長には小山重人顎顔面口腔再建治療部部長、副センター長には山内健介歯科顎口腔外科外来医長が就任します。センター化することにより外科処置、補綴、メインテナンスなどを担当する関連診療科間の連携がこれまで以上に深くなり、より良質な歯科インプラントチーム医療の提供が可能になります。昨今、インプラント治療の適応範囲の拡大・高度化が進み、平成24年には腫瘍切除等による大きな顎欠損患者など、従来の義歯では咀嚼機能回復が困難な症例に対する「広範囲顎骨支持型装置及び広範囲顎骨支持型補綴」が保険導入されました。このような流れに沿って、特定機能病院として高次医療を担う使命のもと、顎顔面欠損、顎口蓋裂、高度顎堤吸収などを有する難症例や、有病者、高齢者に対して、骨造成、全身麻酔下歯科治療、入院手術により対応できる安全かつ高度で先進的な治療を行います。
(2)歯科インプラントセンター(外来診療室)の開設による診療体制の強化

「歯科インプラントセンター」は東北大学病院外来C棟4階に開設され、歯科インプラント専用手術室および患者さまのプライバシーを考慮した歯科用ユニットを配した個室2室、さらに、最新のインプラント、CT画像診断、ガイデッドサージェリーおよびCAD/CAMシステムなどを完備しています。また、外来C棟4階に開設されることにより、同一階の歯科顎口腔外科との連携が図りやすくなり、骨造成や鎮静法などの全身管理が必要な患者さまは、歯科顎口腔外科処置室にて治療します。さらに、必要に応じて病院手術室、一般病床などを活用し、医療安全に重点をおいた診療を行います。
(3)最先端の臨床研究

これまで東北大学は伝統的に「研究第一主義」を旗印としてかかげ、世界に多くの情報を発信してきました。歯科インプラント治療はエビデンスの蓄積が少なく、治療後のインプラント周囲炎、脱落などのトラブルに対するリカバリーシステムに関しても、未だに世界的なコンセンサスは得られておりません。歯科インプラントセンターでは、最新の臨床研究の結果をもとに最善の臨床術式を、常にアップデートしながら適用いたします。また、臨床疫学研究に加えて、新しいインプラント材料の開発など、基礎研究の成果を臨床に応用する、いわゆるトランスレーショナルリサーチ(橋渡し研究)の実践の場といたします。
(4)信頼性の高いインプラント診療技術を持った人材の育成

歯科インプラント技術の日本への導入当初は、インプラント材料や手技が確立していなかったために失敗例が多く、信頼性やエビデンスが不足していました。一方、開業医はインプラント成功裏には入れ歯から解放されるという患者メリットと経営的側面から自由診療として診療・普及の主体を担ってきました。また、大学教育における歯科インプラント学に必要なリソースが不足していたため、標準的な治療方法が確立されぬまま行われ、医療安全面も疎かにされてきたという背景を持ちます。この様な状況下、平成23年末、国民生活センターがインプラント治療の事故が急増しているとして、その対策を日本歯科医師会と日本歯科医学会に求める旨の記者会見を開き、それが大きく報道されました。歯科インプラントセンターでは、最新の研究成果、設備および人材を活用し、大学を主体としたインプラント研修を行うことにより、優れた教育研修システムの開発・提供・実践を目指します。本取り組みによって、高度なインプラント診療技術を持った人材の育成が可能となり、地域医療や我が国全体の医療に対する大きな貢献が期待できます。

 

 

お問い合わせ先
東北大学病院 歯科インプラントセンター
小山 重人
電話番号:022-717-8426

東北大学病院 総務課
電話番号:022-717-7004、7013

カテゴリー

アーカイブ