文字サイズ

カラー設定

職員専用ページ職員専用ページ

東北大学病院

お問い合わせはこちら
(平日 8:30~17:15)
TEL 022-717-7000
診療時間
平日 8:30~17:15 開門時間 8:00
診療受付 8:30~11:00
再診受付機8:00~17:15
休診日
土・日・祝・年末年始(12/29~1/3)
TEL 022-717-7000
時間外・休診日
022-717-7024
交通アクセス 交通アクセス
アクセスアクセス
TUHメールマガジン みんなのみらい基金

材料部

病棟 西病棟 2F、中央診療棟 2F 外来 -
外来受付 - 独自webサイト -
対象疾患 -

あいさつ

部長 江島 豊

材料部をご存知でしょうか。

「鑷子」これは何と読めますか?正解は「せっし」即ちピンセットのことです。 病院で使用する医療材料には、このようなピンセットやハサミなど再利用を前提とした器機が多種多数あります。それらを再使用できるよう提供する部門が材料部です。一般には滅菌供給部門とも呼ばれています。

消毒や滅菌といった感染性物質の伝搬を防ぐ方法は、1800年代に考案され、感染症による術死亡は、激減しました。消毒は、感染しないレベルまで感染性物質の量を減らすこと、滅菌は、全ての微生物を殺滅または除去することです。  鑷子やハサミといった単純な構造物から、内視鏡で使用する長い器機や細い内腔を有する器機、眼科で使用する精密器機、歯科で使用する細かいドリルやリーマーなどを、機能を維持したまま滅菌し再使用できるようにするには、手洗いまたは様々な機器を用いて洗浄し、滅菌します。これには、大変な手間と労力が必要です。材料部は、病院全体に再利用する材料を提供する部門であり、病院の再重要機能の一端を担っております。

2018年5月、先進医療棟2階に新たな材料部が稼働しました。その際に新たに導入した材料管理システムには、画期的な機能がいくつかあります。一つ目は履歴管理がとれることです。手術に使用した器材は、通常どの患者様のどの手術に使用したか後から調べることはできません。万が一、器材の不具合が後からわかった場合でも、どの手術に使用したかがわからないため、調べようがなく、患者様がその影響を自覚して初めて対応可能となります。一方履歴管理ができる本システムでは、後から不具合が判明した場合でも、判明後即座に対応がとれます。2つ目には組立支援、3つ目には工程管理、4つ目には手術材料支援機能などまだまだあります。この材料管理システムによって1万件を超える手術件数や複雑化する手術に対応しています。

最後に、材料部職員は、学会や研究会・勉強会に参加発表して日々知識を磨いております。また種々の資格を積極的に取得し、難関の第1種滅菌技師資格者もおります。昨年は、国立大学材料部長会議の相互訪問チェックをうけ、好評を頂いております。さらには本年から始まりました日本医療機器学会の施設評価ツールでは、自主的評価ではありますがS評価でした。
このように当院材料部は、誇りを持って業務に取り組んでおりますが、笑いの絶えない明るい職場でもあり、材料部スタッフは病院を大いに支えております。

部の特色

材料部は、病院全体の医療器機・材料を再生・管理業務を行っている部門です。外来・病棟・手術器機、歯科の細かな器材など、様々な材料の再生と管理を行っており、病院機能を下支えする大変重要な部門です。当院材料部では、それぞれの診療に合ったきめ細やかな対応をしていることが大きな特徴です。

1.スタッフ

看護師長1名、看護副師長1名、看護助手12名、委託業者13名

資格取得者(重複有り)
普通第一種圧力容器取扱作業主任者 11名
特別化学物質等作業主任者 9名
第1種滅菌技士 1名
院内滅菌消毒業務受託責任者 2名
滅菌管理士 2名

2.主な業務

  1. 医療器材の洗浄・滅菌業務
    病棟、外来、手術室などで使用した器材は材料部まで運ばれ、当部で洗浄滅菌し、毎日の業務に合わせて当部より供給します。そのためには、需要と供給が見合うよう器材管理を行い、計画的に業務を実施します。材料部スタッフによる洗浄処理は、感染防止の観点からも各部署で行うより安全であり効率的です。また、汚れの落ち具合(洗浄評価)や滅菌工程の監視、滅菌工程の達成を確認します。
  2. Validation(ヴァリデーション、機器稼働の適正性の検証)
    洗浄・滅菌器は毎日作業前点検を行い、適正性の確認をしてから、作業を始めます。その他、定期的な洗浄・滅菌器の保守点検、洗浄効果の確認などを行っています。
  3. 滅菌医療材料の供給と保管
    使用数のデータを基に適正定数を設定し、滅菌医療材料を臨床現場に過不足なく供給します。現場に供給された医療材料は、使用されるまで無菌で保持される必要があります。そのために臨床現場での保管や取扱が適正に行われるよう保管・取り扱いの指導を行っています。
  4. 感染防止への助言と指導
    使用済み器材の処理及び滅菌に関する知識をもつ材料部スタッフは、臨床現場への感染防止への助言と指導の役割があります。また、より専門的な知識の修得に努める必要があります。
  5. 統計と業務評価
    材料部で取り扱っている器械・器具等医材の使用量や紛失数の統計を活用し、計画的な在庫管理を行います。また、日常の材料部業務や設備・機器の使用状況の統計を分析することで材料部業務を評価し、更なる業務改善や業務拡大への手かがりとなります。

3.主な器材の流れ

回収

搬送機(病棟)

外来・中央部門(SPD部門による搬送)

洗浄(自動洗浄除染乾燥機・用手洗浄など)

洗浄機(器械の種類に応じたラックを選択)

組立て(セットの組立の様子)

包装・シーラー(滅菌パックに入れた器械をシーラーしている様子)

滅菌

払い出し(病棟には搬送機で払出します)

滅菌物品質管理システムによる履歴管理(バーコードによる履歴管理をしています)

滅菌・洗浄の実績として

令和4年7月の滅菌器、洗浄器の回転数と滅菌物の全件数

  運転回数 コンテナ(個) パック(個) クルム(個) 借用(個)
高圧蒸気滅菌器 554 3,016 4,902 69 70
エチレンオキサイド滅菌器 26 34 502    
過酸化水素滅菌プラズマ滅菌器 105 20 317 86 1
ウォッシャーディスインフェクター 1,238 1,343 2,435 41 53
減圧沸騰洗浄機 115 7 664   35
超音波洗浄機 2,512 5 22    
手洗い   157 2,512 149 9

4.教育支援・勉強会・院内外研修会・学会発表などに毎年発表しています。

1)学会・発表

  • 日本医療機器学会・発表
  • 医療の質向上に関する活動報告会・発表
  • 院内看護研究・発表

2)材料部到達段階別評価

材料部の看護助手は、医療機関で働くことが初めての方々がほとんどです。そのため、業務がスムーズにできるようにプログラムに沿って段階別に教育支援していきます。

※レベルは、スタッフ全員取得
※医療安全・感染講習は年2回の参加が義務付けられており、もちろん全員修了しています。

勉強会の様子

ベストプラクティス賞受賞

5.福利厚生

1)材料部内の新人歓迎会、忘年会、年末納会、新年会、送別会など
残念ながら、2020年からはCOVID-19により実施していません。今年はできそうかな〜

2)七夕飾りとクリスマス飾りの助成
七夕やクリスマスでは、スタッフで飾り付けを行い、職員の憩いとなっています。(↓今年の七夕飾り)

3)学会や施設見学・資格取得への助成

4)手術室見学
手術室看護師と相互訪問を行い、互いの知識向上、親睦を深めています。

リンク

日本手術医学会
日本環境感染学会
日本医療器機学会
日本看護協会

関連記事

pageTop