文字サイズ

カラー設定

職員専用ページ職員専用ページ

東北大学病院

お問い合わせはこちら
(平日 8:30~17:15)
TEL 022-717-7000
診療時間
平日 8:30~17:15 開門時間 8:00
診療受付 8:30~11:00
再診受付機8:00~17:15
休診日
土・日・祝・年末年始(12/29~1/3)
TEL 022-717-7000
時間外・休診日
022-717-7024
交通アクセス 交通アクセス
アクセスアクセス
TUHメールマガジン みんなのみらい基金

研究

高齢者医療における安全な漢方薬治療ガイドラインを初めて作成 ‐漢方を専門としない医師でもエビデンスに基づいた漢方薬治療が可能に‐

2016.07.01  プレスリリース

東北大学病院漢方内科(石井正科長)の高山真准教授らのグループは、日本老年医学会がまとめた「高齢者の安全な薬物療法ガイドライン2015」(参考文献1)の漢方薬治療の章を担当しました。科学的根拠に基づいた、世界でも初めての漢方薬に関する高齢者の診療ガイドラインであり、今後、エビデンスに基づいた漢方薬の適正使用が広がっていくことが期待されます。

1500年以上前から脈々と受け継がれてきた中国を起源とする漢方は、これまで経験医学と言われ、診療においての根拠が乏しいという解釈が大半を占めていました。20世紀末になると漢方薬が著効した症例の報告が増加し、徐々に臨床研究が行われるようになり、21世紀に入り信頼性の高いランダム化比較試験などによる臨床研究が多数行われるようになってきていました。しかし、これまでに報告された臨床研究を吟味して論文の内容を評価し、これに基づいて診療ガイドラインを作成するという試みは行われていませんでした。そこで今回、科学的根拠に基づいて診療ガイドラインを作成するために世界的に普及しているGRADEシステム※を取り入れ、臨床研究の質をも評価し、漢方薬に関する診療ガイドラインを歴史的にみても初めて作成しました。漢方薬の使用について診療ガイドラインに記載されたことにより、一般診療において漢方治療の手引きとなります。これにより、適正使用が広がること、漢方を専門としない医師が必要に応じて漢方専門医に相談すること、などが明確化されました。

本研究結果は、英文誌「Geriatrics & Gerontology International」にSystematic review of traditional Chinese medicine for geriatricsのタイトルで2016年6月7日に掲載されました。また、ガイドライン全体の研究結果は、同英文誌にReport of the committee: Screening Tool for Older Persons’ Appropriate Prescriptions in Japanese (STOPP-J) – Report of the Japan Geriatrics Society Working Group on “Guidelines for Medical Treatment and its Safety in the Elderly”のタイトルで公開予定(2016年6月30日投稿受理)となっています。

 

現在かかりつけ医の94%以上が漢方薬を処方していると報告され、高齢者にも漢方薬が処方されることが多くなってきています。「高齢者の安全な薬物療法ガイドライン2015」の漢方薬の章では、高齢者医療における、漢方薬・東アジア伝統医薬品(漢方)についてまとめています。主に後期高齢者または虚弱な高齢者全般に用いる漢方薬について、英文誌はMEDLINEとCochrane、和文誌は医中誌の検索システムを用い、2013年末までの期間で、図1に示すキーワードをもとに論文検索を行いました。ヒットした503件の論文を詳細に調べ、その内容を吟味して57件の論文を抽出し、これに直近発表のものを加えた64件の論文の研究内容を評価しました。そして、薬剤効果のバランスやコストなども勘案し、「高齢者に有用性が示唆される我が国の医療用漢方製剤のリスト」を作成しました(図2)。また、厚生労働省から出された「使用上の注意」のほか、伝統学の知見、薬理学の知見など種々の根拠に基づいて「高齢者に漢方を使用する際注意を払うべき含有生薬のリスト」(図3)を作成しました。漢方を専門としない一般医家が高齢者に漢方を処方する際に知っておくべき科学的根拠に基づく情報のリストとして広がっていくことを期待します。

 

参考文献2には、漢方薬・東アジア伝統医薬品についての詳細が説明され、参考文献3には、本診療ガイドライン全体の内容が説明されています。近年、伝統医学による治療に注目が世界的動向であり、欧州や米国では統合医療という形で東洋医学・漢方医学が積極的に診療に取り入れられてきています。世界に先駆けて発表された診療ガイドラインへの漢方薬・東アジア伝統医薬品の収載に注目が集まっています。

 

図1.論文検索の方法と検索結果

図1.論文検索の方法と検索結果

 

図2.高齢者に有用性が示唆される我が国の医療用漢方製剤のリスト

図2.高齢者に有用性が示唆される我が国の医療用漢方製剤のリスト

 

図3.高齢者に漢方を仕様する際注意を払うべき含有生薬のリスト

図3.高齢者に漢方を仕様する際注意を払うべき含有生薬のリスト

 

 

【用語説明】

※GRADEシステム:

GRADEとはThe Grading of Recommendations Assessment, Development and Evaluationの略。エビデンスの質と推奨の強さを系統的にグレーディングするアプローチ方法。

 

【論文題目】

English Title: Systematic review of traditional Chinese medicine for geriatrics.

Authors: Takayama Shin and Iwasaki Koh

 

English Title: Report of the committee: Screening Tool for Older Persons’ Appropriate Prescriptions in Japanese (STOPP-J) – Report of the Japan Geriatrics Society Working Group on “Guidelines for Medical Treatment and its Safety in the Elderly”

Authors: Kojima Taro, Mizukami Katsuyoshi, Naoki Tomita, Arai Hiroyuki, Ohrui Takashi, Eto Masato, Takeya Yasushi, Isaka Yoshitaka, Rakugi Hiromi, Sudo Noriko, Arai Hidenori, Aoki Hiroaki, Horie Shigeo, Ishii Shinya, Iwasaki Koh, Takayama Shin, Suzuki Yusuke, Mizokami Fumihiro, Matsui Toshifumi, Furuta Katsunori, Akishita Masahiro

 

掲載誌名、巻、号、ページ

参考文献1:高齢者の安全な薬物療法ガイドライン2015, p139-151.

参考文献2:Geriatrics & Gerontology International. 2016 Jun 7.

参考文献3:Geriatrics & Gerontology International. In press.

 

 

【お問い合わせ先】
(研究に関すること)
東北大学病院 総合地域医療教育支援部・漢方内科
准教授 高山 真
電話番号:022-717-7507
Eメール:takayama*med.tohoku.ac.jp(*を@に変えてください)

 

(報道担当)
東北大学病院広報室
電話番号:022-717-7149
ファックス:022-717-8931
Eメール:pr*hosp.tohoku.ac.jp(*を@に変えてください)

 

関連資料

プレスリリース資料(PDF)

 

pageTop