文字サイズ

カラー設定

職員専用ページ職員専用ページ

東北大学病院

お問い合わせはこちら
(平日 8:30~17:15)
TEL 022-717-7000
診療時間
平日 8:30~17:15 開門時間 8:00
診療受付 8:30~11:00
再診受付機8:00~17:15
休診日
土・日・祝・年末年始(12/29~1/3)
TEL 022-717-7000
時間外・休診日
022-717-7024
交通アクセス 交通アクセス
アクセスアクセス
TUHメールマガジン みんなのみらい基金

研究

コロナ禍のメンタルヘルスに震災の教訓を活かす COVID-19パンデミック下における青年のメンタルヘルスの回復へ

2022.10.11  プレスリリース

COVID-19パンデミックによる影響は長期間に及んでおり、青年のメンタルヘルスへの影響も大きなものとなっています。東北大学病院・肢体不自由リハビリテーション学分野 奧山純子助教、東北大学災害科学国際研究所 門廻充侍助教らは、2011年の東日本大震災後3年間に取得されたデータを用いて、青年のレジリエンス(注1)の特性を検討しました。その結果、津波被害別にレジリエンスに寄与するモデルを開発することに成功しました。どのモデルにおいても、レジリエンスに寄与するものは抑うつ気分であることが示されました。COVID-19パンデミック下においても抑うつ気分を介入の対象とすることで、レジリエンスを向上する可能性があります。

本研究成果は、2022年9月23日に「Humanities and Social Sciences Communications」誌に掲載されました。

 

注1.レジリエンス(resilience):ここでのレジリエンスとは心理的レジリエンスを指し、危機の時代において重要な役割を果たします。行動特性としては、ポジティブな適応力、つまり、逆境、ストレス、トラウマを伴う異常でネガティブな状況に直面したときに「立ち直る」能力としてとらえることができます。

 

プレスリリース資料(PDF)

Humanities and Social Sciences Communications

 

【お問い合わせ先】

(研究に関すること)

東北大学病院 肢体不自由リハビリテーション学分野

助教 奧山 純子(おくやま じゅんこ)

電話番号:022-717-7338

Eメール:junko.okuyama*med.tohoku.ac.jp(*を@に置き換えてください)

 

(取材に関すること)

東北大学大学院医学系研究科・医学部広報室

東北大学病院広報室

電話番号:022-717-7149

FAX番号:022-717-8931

Eメール:press*pr.med.tohoku.ac.jp(*を@に置き換えてください)

pageTop