文字サイズ

カラー設定

職員専用ページ職員専用ページ

東北大学病院

お問い合わせはこちら
(平日 8:30~17:15)
TEL 022-717-7000
診療時間
平日 8:30~17:15 開門時間 8:00
診療受付 8:30~11:00
再診受付機8:00~17:15
休診日
土・日・祝・年末年始(12/29~1/3)
TEL 022-717-7000
時間外・休診日
022-717-7024
交通アクセス 交通アクセス
アクセスアクセス
TUHメールマガジン みんなのみらい基金

研究

ビタミンKの新たな作用とその還元酵素を発見 50年来の謎を解明

2022.08.04  プレスリリース

フェロトーシス(ferroptosis)は脂質酸化依存性細胞死とも呼ばれる細胞死の一つで、近年、アルツハイマー病をはじめとする神経変性疾患やがん細胞に対する抗がん薬の感受性などに関与することが知られています。世界的に注目を浴びている生命事象であるとともに、これらの病気の治療薬の標的となることが期待されています。

東北大学大学院医学系研究科 腎・膠原病・内分泌学分野 三島 英換(みしま えいかん)非常勤講師、医工学研究科 阿部 高明(あべ たかあき)教授、農学研究科の伊藤 隼哉(いとう じゅんや)助教、仲川 清隆(なかがわ きよたか)教授らはドイツ・ヘルムホルツセンターミュンヘンとの国際共同研究により、ビタミンKにはフェロトーシスを強力に防ぐ作用があることを新たに発見しました。さらに、これまで50年以上その正体が不明であったビタミンKを還元する酵素を同定しました。これまで、抗凝固薬注2として広く使用されているワルファリン注3中毒時にビタミンKの投与がなぜ解毒剤となるのかは謎でしたが、本研究によりそのメカニズムが明らかとなりました。さらに本研究成果は、フェロトーシスが関わる様々な病気の治療薬の開発や応用へと発展することが期待されます。

本成果は、2022年8月3日(英国標準時16時)に国際学術誌「Nature」にオンライン掲載されました。

 

  • 注2.抗凝固薬:ワルファリンをはじめとする血を固まりにくくする薬。
  • 注3.ワルファリン:ビタミンKエポキシド還元酵素の阻害剤であり、ビタミンKサイクルをストップし血液凝固に対するビタミンKの作用を止めることで血を固まりにくくする薬。血栓症や塞栓症の予防のために広く使用される。

 

プレスリリース資料(PDF)

Nature

 

【問い合わせ先】

●研究に関すること

東北大学大学院医学系研究科腎・膠原病・内分泌学分野

非常勤講師

(現:ヘルムホルツ研究センター客員研究員[ドイツ])

三島英換(みしま えいかん)

Eメール:eikan*med.tohoku.ac.jp(*を@に置き換えてください)

 

●取材に関すること

東北大学大学院医学系研究科 広報室

東北大学病院広報室

TEL:022-717-8032

FAX番号:022-717-8187

Eメール:press*pr.med.tohoku.ac.jp(*を@に置き換えてください)

pageTop