文字サイズ

カラー設定

職員専用ページ職員専用ページ

東北大学病院

お問い合わせはこちら
(平日 8:30~17:15)
TEL 022-717-7000
診療時間
平日 8:30~17:15 開門時間 8:00
診療受付 8:30~11:00
再診受付機8:00~17:15
休診日
土・日・祝・年末年始(12/29~1/3)
TEL 022-717-7000
時間外・休診日
022-717-7024
交通アクセス 交通アクセス
アクセスアクセス
TUHメールマガジン みんなのみらい基金

研究

生理の痛みに魚の効果? 産後に魚の摂取頻度が多い女性は中等度以上の月経痛を有するリスクが低い

2022.07.22  プレスリリース

月経痛は、その痛みにより、しばしば女性の生活の質に大きな悪影響をもたらすため、治療として一般的に痛み止めが服用されています。近年の報告で、魚を摂取すると、魚に含まれるドコサヘキサエン酸(DHA)やエイコサペンタエン酸(EPA)の抗炎症作用によって、炎症性の痛みの原因ともなるプロスタグランジン注2の作用を減少させる効果があるとされています。

東北大学病院婦人科学分野 横山絵美助教、東北医科薬科大学医学部衛生学・公衆衛生学教室 目時弘仁教授、近畿大学東洋医学研究所 武田卓教授らのグループは、魚の摂取頻度と月経困難症(月経痛)との関連に着目し、産後の女性において魚の摂取頻度が週1回以上であると、中等度以上の月経痛を有するリスクが低くなる傾向があることを明らかにしました。本研究は、産後の女性において月経痛の観点から魚の摂取の重要性を明らかにした世界で初めての報告です。

本研究成果は、2022年7月21日にPLOS ONEに掲載されました。

 

本研究は、環境省が実施しているエコチル調査の結果を用いて行われましたが、研究者の責任によって行われているもので、政府の公的見解を示したものではありません。

 

  • 注2.プロスタグランジン:痛みや発熱をおこす生理活性物質の一つ。プロスタグランジンが過剰分泌することにより疼痛が増強する。代表的な鎮痛剤である非ステロイド性抗炎症薬は、プロスタグランジンの合成を抑制することで鎮痛作用、解熱作用をもたらす。

 

プレスリリース資料(PDF)

PLOS ONE

 

【問い合わせ先】

●研究に関すること

東北大学大学院医学系研究科婦人科学分野

東北大学病院婦人科

助教 横山 絵美(よこやま えみ)

TEL:022-717-7251

Eメール:emi.yokoyama.e8*tohoku.ac.jp(*を@に置き換えてください)

 

●取材に関すること

東北大学大学院医学系研究科・医学部広報室

東北大学病院広報室

TEL:022-717-8032

FAX番号:022-717-8187

Eメール:press*pr.med.tohoku.ac.jp(*を@に置き換えてください)

pageTop