文字サイズ

カラー設定

職員専用ページ職員専用ページ

東北大学病院

お問い合わせはこちら
(平日 8:30~17:15)
TEL 022-717-7000
診療時間
平日 8:30~17:15 開門時間 8:00
診療受付 8:30~11:00
再診受付機8:00~17:15
休診日
土・日・祝・年末年始(12/29~1/3)
TEL 022-717-7000
時間外・休診日
022-717-7024
交通アクセス 交通アクセス
アクセスアクセス
TUHメールマガジン みんなのみらい基金

研究

長期化したCOVID-19パンデミックによる生活変容の影響 今後も続くパンデミック下でのストレス軽減のターゲットを明らかにする

2022.01.31  プレスリリース

COVID-19パンデミックによる日常生活の変化は長期間に及んでいますが、長期的な心理的影響については明らかにされていません。東北大学病院・肢体不自由リハビリテーション学分野 奧山純子助教、東北大学災害科学国際研究所 門廻充侍助教らと指定国立大災害科学世界トップレベル研究拠点のグループは、2020年5月25日(日本で初めてCOVID-19感染者が報告された131日後)と2021年9月26日(610日後)に、それぞれ244名と220名に対しWebアンケート調査を行いました。
「ストレスを感じる」と答えた人は、この2時点で76%から97%に増加しました。一方、外出やスポーツ・運動の頻度について、「減少した」と答えた人の割合は変わりませんでした。
「新型コロナウイルスの影響で困っていることがあればお聞かせください」という自由回答式の質問では,収入やマスクについてあげる人が多いと同時に、「人と会う機会が減る」「ストレスがたまる」という精神的なものについて答える人が多くなっていました。
現在のSARS-CoV-2の変異株B.1.1.529系統(オミクロン株)の出現により、今後も生活変容を強いられる中で、ストレス軽減のための心理的ケアの重要性が明らかになりました。本研究成果は、2022年1月30日にJournal of Disaster Research誌に掲載されました。

 

プレスリリース資料(PDF) 
Journal of Disaster Research

 

【問い合わせ先】
●研究に関すること
東北大学病院 肢体不自由リハビリテーション科
助教 奧山 純子
電話番号:022-717-7338
Eメール:junko.okuyama*med.tohoku.ac.jp(*を@に置き換えてください)

 

●取材に関すること
東北大学大学院医学系研究科・医学部広報室
東北大学病院広報室
電話番号:022-717-7149
FAX番号:022-717-8931
Eメール:press*pr.med.tohoku.ac.jp(*を@に置き換えてください)

 

関連リンク

肢体不自由リハビリテーション科

pageTop