文字サイズ

カラー設定

職員専用ページ職員専用ページ

東北大学病院

お問い合わせはこちら
(平日 8:30~17:15)
TEL 022-717-7000
診療時間
平日 8:30~17:15 開門時間 8:00
診療受付 8:30~11:00
再診受付機8:00~17:15
休診日
土・日・祝・年末年始(12/29~1/3)
TEL 022-717-7000
時間外・休診日
022-717-7024
交通アクセス 交通アクセス
アクセスアクセス
TUHメールマガジン みんなのみらい基金

研究

糖尿病性腎症の原因物質であるフェニル硫酸は腸から糖の吸収を行う輸送体を阻害することで減少できる

2022.01.28  プレスリリース

糖尿病性腎臓病は、糖尿病患者の約20〜30%が発症し、透析導入率としては第1位、透析患者さん全体の4割を占める疾患です。糖尿病性腎症を早期に感知することは、透析にいたる患者さんを減らす上で非常に重要です。
東北大学大学院医学系研究科および同大学院医工学研究科の阿部高明教授の研究グループは、腸内細菌が作り出すフェニル硫酸が腎臓のミトコンドリア機能を傷害することで、糖尿病性腎臓病を悪化させる事を報告してきました。つまり、血中フェニル硫酸を減らすことが、透析導入を抑制する重要な治療法につながると考えられました。今回、阿部教授のグループは、腸から糖を吸収する輸送体であるSGLT1を阻害することで血糖降下作用のあるSGLT1阻害剤SGL5213を腎不全マウスに投与すると、血中フェニル硫酸濃度が低下し、腎機能が改善する事を明らかにしました。本研究により糖尿病患者さんは、SGLT1阻害剤を服用することによりフェニル硫酸の産生が抑制され、糖尿病性腎症から腎不全への進展が抑えられる可能性が示唆されました。
本研究結果は、Physiological Reportsに2021年12月18日に発表されました。

 

プレスリリース資料(PDF) 

Physiological Reports

 

 

【問い合わせ先】
●研究に関すること
東北大学大学院医学系研究科病体液性制御学分野
東北大学大学院医工学系研究科分子病態医工学分野
教授 阿部 高明
Eメール:mitomoonshot*med.tohoku.ac.jp(*を@に置き換えてください)

 

●取材に関すること
東北大学大学院医学系研究科・医学部広報室
電話番号:022-717-8032
FAX番号:022-717-8187
Eメール:press*pr.med.tohoku.ac.jp(*を@に置き換えてください)

pageTop