東北大学病院

English

文字サイズ

カラー設定

診療受付:8:30-11:00 再診受付機 8:00-11:00

休診日:土・日・祝・年末年始12/29-1/3

診療時間:平日 8:30-17:15

お問い合わせ:022-717-7000 [ 時間外・休診日 022-717-7024 ]

当院からのお知らせ

肺高血圧症の新規治療標的を同定 ‐既存の糖尿病治療薬に意外な作用‐

2016-05-31

東北大学大学院医学系研究科循環器内科学分野の下川 宏明教授の研究グループは、国の指定難病で依然として致死的疾患である肺高血圧症において、血管内皮細胞の酵素の一つであるAMP活性化プロテインキナーゼ(AMPK)がその発症を抑制していることを世界で初めて明らかにしました。これまで、肺高血圧症患者の血中には各種の炎症性サイトカインが高濃度に存在し、長期的な生命予後と相関することが知られていましたが、肺動脈への直接的な作用や肺高血圧症悪化との因果関係は明らかではありませんでした。本研究は、患者由来の血清が肺動脈血管内皮のAMPKを直接抑制することで内皮機能低下させること、さらに肺動脈血管平滑筋細胞の増殖を促進し、結果として肺動脈の肥厚と肺高血圧症発症を促進することを明らかにしました。

さらに、糖尿病治療薬の一つであるメトホルミンが肺動脈血管内皮のAMPKを活性化し、マウスにおいて顕著な肺高血圧治療効果を有するという重要な新規の知見を世界で初めて明らかにしました。メトホルミンは、現在、糖尿病の診療において一般的に投与されている薬剤であり、同薬剤が肺高血圧症の治療にも有用である可能性が期待されます。本研究成果は、米国心臓協会(American Heart Association, AHA)の学会誌である Circulation Research 誌(電子版)に5月23日 (米国東部時間、日本時間5月24日)に掲載されました。

 

関連資料

プレスリリース資料(PDF)

カテゴリー

アーカイブ