東北大学病院

English

文字サイズ

カラー設定

診療受付:8:30-11:00 再診受付機 8:00-11:00

休診日:土・日・祝・年末年始12/29-1/3

診療時間:平日 8:30-17:15

お問い合わせ:022-717-7000 [ 時間外・休診日 022-717-7024 ]

当院からのお知らせ

仙台市国家戦略特区「保険外併用療養の特例」、「特区医療機器薬事戦略相談」が認められました

2016-02-09

東北大学病院は、平成28年2月5日付で仙台市国家戦略特区の区域計画の一環として、「保険外併用療養の特例」及び「特区医療機器薬事戦略相談」の事業主体として、内閣総理大臣によって認定されました。

 

【保険外併用療養の特例】
先進医療Bの手続き期間が半分になる特例です。先進医療Bの審査期間としては「概ね6か月」を要しておりますが、この特例が認められると「概ね3か月」で審査が完了します。医療水準の高い国で承認されている医薬品等について、国内未承認の医薬品等の保険外併用療養の希望がある場合に、速やかに評価を開始できる仕組み、特例であります。
当院の先進医療は、これまで保険収載された医療技術は3件、また、平成25年度は12件、平成26年度は21件を実施しており、非常に活発に展開しております。
この特例が認められたことにより、最先端の医療を患者さんに、より早くお届けできるものと期待しております。
なお、当院は東北地方では唯一の実施機関となります。

 

【特区医療機器薬事戦略相談】
医療機器開発においては、PMDA(独立行政法人 医薬品医療機器総合機構)のサポートが極めて重要です。通常、PMDAの助言を求める場合には、東京のPMDAに出向く必要がありますが、この特区においては、逆にPMDA側が医療機関に出向いて助言をしていただける場合があるなど、特に手厚いサポートを受けられるものです。
東北大学は、国内初の医工連携の研究科を設置するなど医療機器開発に強みがあり、現在、当院の臨床研究推進センターでも44件の医療機器開発シーズが展開しております。
この特例が認められたことにより、新たな医療機器がよりスピーディーに実用化、市場化されることを期待しております。
なお、この特区が認められたのは、大阪大学医学部附属病院に続き全国で2例目となります。

 

【お問い合わせ先】
東北大学病院 総務課総務係(担当:小玉)
電話: 022-717-7007

 

関連リンク

仙台特区 お知らせ

カテゴリー

アーカイブ