東北大学病院

English

文字サイズ

カラー設定

診療受付:8:30-11:00 再診受付機 8:00-11:00

休診日:土・日・祝・年末年始12/29-1/3

診療時間:平日 8:30-17:15

お問い合わせ:022-717-7000 [ 時間外・休診日 022-717-7024 ]

当院からのお知らせ

【プレスリリース】悪性黒色腫の進行度を熱伝導率で判定 -皮膚がんの新たな検査機器としての開発が期待‐

2019-03-08

東北大学大学院医学系研究科皮膚科学分野の相場節也教授、東北大学病院皮膚科の藤村卓講師、弘前大学大学院理工学研究科の岡部孝裕助教、八戸工業高等専門学校の圓山重直校長らの研究グループは、皮膚がんの進行度を熱伝導率で判定することに成功しました。現在、検査機器としての開発を進めています。

悪性黒色腫は、本邦では、毎年600~700人の方が亡くなる、進行すると命に関わる皮膚がんです。
血管やリンパ管を持たない皮膚の最外層である「表皮」から発症しますが、この表皮内がんの段階では転移しないため、転移の有無を調べるための全身の画像検査は行わなくても問題ありません。
しかし、がん細胞が血管やリンパ管を豊富に持つ「真皮」に進行した早期真皮湿潤がんでは、リンパ節や他の臓器に転移する可能性があり、他の臓器に転移していないかをなるべく早期に検査する必要があります。
そのため、がん細胞が真皮に進行しているかどうか判断することは重要です。
現在は、手術前に、がんを外科的に切除する試験採取を行って真皮に進行しているかどうかを判断していますが、その診断が確定するのには2〜3週間の期間を要しています。
また、皮膚がんの初診時診断は、主にダーモスコピーを用いた視診により行われますが、この診断は皮膚科専門医であっても、ときに苦慮することがあり、悪性腫瘍の発見が遅れ治療に影響を及ぼすことがあります。

今回、研究グループは、熱伝導率を用いた皮膚がんの検査機器を開発し、悪性黒色腫11例において、より早期かつ簡便に皮膚がんの進行度を判定することに成功しました。

本研究成果は、平成31年3月7日午前10時(グリニッジ標準時、日本時間3月7日午後19時)英国科学雑誌『Scientific Reports』電子版に掲載されました。

 

プレスリリース資料(PDF)

 

【お問い合わせ先】

(研究に関すること)
東北大学病院皮膚科
東北大学大学院医学系研究科皮膚科学分野
藤村 卓(ふじむら たく)
神林 由美(かんばやし ゆみ)
電話番号:022-717-7271
Eメール:tfujimura1*med.tohoku.ac.jp

 

弘前大学大学院理工学研究科
岡部 孝裕(おかべ たかひろ)
電話番号:0172-39-3615
Eメール:oka*hirosaki-u.ac.jp

 

(報道に関すること)
東北大学病院広報室
電話番号:022-717-7149
Eメール:pr*hosp.tohoku.ac.jp

 

弘前大学大学院理工学研究科
総務グループ総務担当
電話番号:0172-39-3510
Eメール:r_koho*hirosaki-u.ac.jp

 

八戸工業高等専門学校総務課総務係
電話番号:0178-27-7223
Eメール:somu-o*hachinohe-ct.ac.jp

※*を@に変えてください。

 

関連リンク

東北大学皮膚科

東北大学大学院医学系研究科・医学部

東北大学

 

カテゴリー

アーカイブ