東北大学病院

English

文字サイズ

カラー設定

診療受付:8:30-11:00 再診受付機 8:00-11:00

休診日:土・日・祝・年末年始12/29-1/3

診療時間:平日 8:30-17:15

お問い合わせ:022-717-7000 [ 時間外・休診日 022-717-7024 ]

栄養サポートセンター

  1. トップページ >
  2. 診療科・部門 >
  3. 栄養サポートセンター

センター長あいさつ

 東北大学病院栄養サポートチーム(NST)は2003年10月に発足し、2007年にはセンター化され、昨年10周年を迎えました。当初はコンサルテーション型NSTとして、介入依頼のあった症例への対応を中心に行っていましたが、2008年からはいくつかの病棟で病棟単位のNSTカンファレンスを行うようになるなど、院内の栄養管理のニーズにあわせ、その活動内容も変化しています。
 当院栄養サポートセンターの目的は「多職種の協力によって全ての患者が適切な栄養療法を受けることができ、職員が栄養療法に関わることを支援するシステムを構築すること」であります。患者さんの栄養サポートだけでなく、職員の栄養に関する意識や知識の底上げを目指し、各種研修会の開催やNSTの広報誌である「NST通信」の発行、イントラネットを通じた栄養情報発信などの教育や広報活動にも力を入れている部分が当院NSTの特徴ではないでしょうか。こうした活動もチーム内で役割を分担して行っており、多職種が協働してチームを運営していくことは、コミュニケーションを良好にし、組織自体の活性化につながっていると考えます。
 2013年からは週1回の院内全体のNST依頼症例について行うNSTカンファレンスに主治医や担当看護師に参加してもらうようになり、依頼側とNST間での栄養上の問題点の共有やゴールの設定、具体的な栄養療法の提案とその実践といった栄養管理の一連の流れがよりスピーディーに行われるようになりました。
 在院日数が短くなる昨今、退院先の病院、在宅、地域との連携も必要となっていますが、そこに「栄養連携」を加えより厚みのあるケアができるよう、地域のニーズの拾い上げや情報提供にさらに努めていきたいと思います。


耳鼻咽喉・頭顎部外科
香取 幸夫

副センター長あいさつ

 東北大学病院では57診療科・1225床があり、様々な疾病の診療にあたっていますが、診療を栄養面からサポートすることが東北大学NSTの役割です。適切な栄養補給は健康を維持するために必須であり、栄養障害は疾病の治癒を阻害します。各診療科では、専門性の高い診断・治療が行われていますが、適切な栄養アセスメントを行って、栄養状態が維持・管理されなければ、疾病の診断・治療が滞ってしまいます。
 東北大学NSTでは、多職種の連携により病院全体で患者さんの栄養状態の評価と適切な栄養介入を行うことで、診断・治療・看護の質を高めることを目指しています。栄養スクリーニングからアセスメント、栄養介入、モニタリング、効果判定のサイクルを確実に遂行するために、CONUT法によるスクリーニングと定期的なNSTカンファランスを行っています。また栄養療法に関する広報活動・研修を実施し、全職員を対象として知識の普及・啓蒙のための情報提供を行っています。さらにNSTの活動で得られた成果をまとめて院内・院外で発表することで、自らの活動の意義・改善点を明らかにし、継続の糧としています。
 東北大学NSTは発足から10年で一定の成果を上げたと考えております。これまでの活動を踏まえ、今後も「患者さんに優しい・先進の医療」を多職種の連携で実現するため、NST活動の一層の普及・発展を目指していきたいと思います。


肝胆膵・胃腸外科
元井 冬彦

副センター長あいさつ

 東北大学病院栄養サポートチーム(NST)の活動の目的は、「多職種の協力によって全ての患者さんが適切な栄養療法を受けることができ、職員が栄養療法に関わることを支援するシステムを構築すること」です。
 当院NSTの特徴は、医療スタッフがそれぞれの職種の専門性を活かした視点で患者さんの栄養上の問題点に気づき、解決に向けた行動を起こすことができるよう、継続的に支援を行っている点であると言えます。
 具体的には、個別の患者さんの栄養管理に関する相談に乗るだけでなく、病棟ごとに異なる栄養の問題を解決すべく病棟NSTカンファレンスを開始する、それぞれの部署が抱える栄養管理に関する疑問や悩みに応えるようなラウンドを実施する、NST内の職種を縦割りにした役割分担(企画運営、広報活動、教育等に関すること)を行いチームを運営していく、といった仕組みを作り、NSTメンバーはもちろん、栄養管理を行う職員全てが主体的に行動できるような体制を目指してきました。
 当院は1,200床を超える大規模病院ではありますが、NSTはそれぞれの職種がより専門性を発揮した栄養サポートを行うと同時に、チームとして院内でより円滑に活動できるよう、2012年に新たな体制作りを行っております。
 今後も職員一人ひとりが主体性を持ってチーム医療に参加することで共に成長し、それを患者さんに還元できるような活動を行っていきたいと思います。


栄養管理室 室長
岡本 智子

東北大学病院栄養サポートチーム(NST)理念と方針

理念(使命)

全ての患者さんが個々に応じた適切な栄養療法を受けることができるようにする

方針

  1. 1. 高度な栄養管理を要求される患者さんに対しチームとして実践的な支援を行う
  2. 2. 患者さんあるいは職員に対して栄養に関する種々の情報を提供する

沿革

2003年10月 NST稼動開始(コンサルテーション型)
2004年 日本静脈経腸栄養学会NST稼働施設
2004年 同学会認定の教育施設認定
2005年 NST専門療法士誕生
2006年 日本栄養療法推進協議会(JCNT)施設認定
2006年5月 栄養管理計画書導入
2006年5月 NST専門療法士臨床実地修練受入れ開始
2007年3月 栄養管理システム稼働
2007年6月 栄養サポートセンター設置
2007年10月 NST5周年記念講演会 (微生物材料開発室室長 辨野 義己 先生)
2010年7月 東北大学病院NSTのあゆみ
2011年3月 栄養サポートチーム加算算定開始
2013年10月 NST10周年記念講演会
(久留米大学医学部付属病院 医療安全部 外科学講座 小児外科部門 田中 芳明 先生)
栄養サポートセンタ0内規改変に伴い組織構成変更
2014年4月 東北大学病院NSTのあゆみ発行
2014年6月 NST特別講演会(移植再建内視鏡外科 宮田 剛 先生)

組織構成図

東北大学病院栄養サポートチーム(NST)各職種の業務と役割 

NST(医師)の役割と業務

  • NSTカンファレンスへの参加
  • 症例の症状・病態の把握
  • 主治医の治療方針・ニーズの確認
  • 「栄養状態の評価(初期評価・再評価)
  • 医学的観点からの現状評価と介入(栄養療法)の提案

NST(看護師)の役割と業務

  • 患者の病態に応じた栄養管理のための教育指導
  • ・外来・入院患者の栄養状態の初期評価
  • ・栄養評価の実施と栄養摂取状況の把握
  • ・栄養療法実施後の栄養状態改善の評価
  • 栄養サポートリンクナースの実践活動支援
  • ・各部署の課題と1年間の活動内容の情報を共有
  • ・部署の課題に準じた栄養サポートリンクナースの会の企画・立案
  • NST専門療法士活用のしくみを整え活動を支援
  • ・院内NSTと看護部栄養サポート委員会とNST専門療法士会で情報を共有
  • ・看護部栄養サポート委員会とリンクナース会の企画・実施
  • ・NST専門療法士実地修練への積極的関与
  • 各職種とのコラボレーション

NST(管理栄養士)の役割と業務

  • 栄養状態の評価(身体計測)
  • 状態に応じた必要栄養量の算定
  • 摂取能力、病状、病態を考慮したケアプランの作成
  • 栄養を食品で表し具体的な食事の対応
  • 摂取栄養量の確認と提示
  • 栄養量のINとOUTの評価
  • 便性の改善・他チームとの連携
  • 栄養に関する情報の提供
  • NST全体の事務局対応・依頼に対する初動対応

NST(薬剤師)の役割と業務

  • 担当患者の使用薬剤(内服薬、経腸栄養剤、注射薬、輸液など)の確認
  • 薬剤と食物の相互作用の確認
  • 栄養障害を起こし得る薬剤に対する問題の抽出と改善案の提示
  • 栄養改善につながり得る薬剤の提示
  • 栄養療法に伴う合併症の早期発見・予防
  • 経腸栄養、高カロリー輸液処方決定への参加
  • 栄養関連製剤(医薬品)の情報提供

NST(臨床検査技師)の役割と業務

  • 検査に関する情報の提供
  • NSTカンファレンスへの参加
  • NST教育係、NST広報係としての活動
  • 検査値の解析・検証

NST(理学療法士・作業療法士)の役割と業務

  • 症例アセスメントと情報や提供
  • ・身体機能やADLについて
  • ・リハビリにおけるエネルギー消費について
  • 栄養状態に見合った運動処方
  • ・生化学データや窒素平衡を考慮した運動量の設定
  • ・栄養状態の予後予測や病期を考慮したリハビリゴールの設定

NST(言語聴覚士)の役割と業務

  • 症例アセスメントと情報や提供
  • ・摂食嚥下機能と経口摂取について
  • ・食形態や食事環境について
  • ・退院後の食事に関するアドバイス

NST(歯科医師)の役割と業務

  • 口腔内の病状、病態の把握と診断
  • 口腔ケアプラン(治療を含む)の策定
  • 口腔機能のリハビリと維持管理
  • ・歯・歯周組織、咬合・咀嚼と嚥下、構音・発音、唾液分泌、審美性など
  • ・口腔衛生の維持管理
  • 各職種への口腔ケアに関する教育と知識の普及
  • →多職種の連携に基づく口腔ケアの提供

NST(歯科衛生士)の役割と業務

  • 口腔ケアプランの提案
  • ・感染予防(口腔衛生)
  • ・口腔機能の向上や維持
  • ・家族に対する支援の方法
  • 口腔ケアプランの実施と支援
  • ・担当患者やその家族に対して
  • 口腔衛生の指導
  • ・他職種に対する情報提供

NST(医事課)の役割と業務

  • 診療報酬算定に係る要件やカルテに必要な記載内容について、NST通信などを利用させて頂き医療スタッフへの周知
  • 医療スタッフからの算定に関する問合せの対応
  • 栄養サポートチーム加算の施設基準に係る変更の届け出…など、医療スタッフの働きを診療報酬へ反映させることが主な役割と考えている

活動内容

1. NSTカンファランス・回診・病棟NSTカンファランス

中央NSTカンファランス・回診

 NSTでは多職種の専門家がお互いの知識や技術を持ち寄り、チーム医療を行うことによって、より良い栄養管理・患者さんのQOL改善に貢献しています。
 週1回のNSTカンファランスでは、依頼医にも参加していただき、症例紹介を行っていただき、より患者さんの病態に合わせた栄養療法の検討を行っています。
【NSTカンファランス・回診 毎週水曜日 15:00~】

病棟NSTカンファランス

 当院では病棟主体のNSTも実践しており、診療科・病棟ごとに栄養カンファレンスを行っています。病棟カンファレンスにはNST医師・管理栄養士・薬剤師、病棟の医師・看護師・薬剤師等が参加し、ミニNSTを行っています。

    【平成28年9月現在、病棟カンファレンス実施病棟】
  •  消化器内科
  •  肝胆膵、胃腸外科
  •  耳鼻咽喉・頭頸部外科
  •  泌尿器科
  •  血液・免疫科

栄養サポートチーム加算実績

平成23年度 475件
平成24年度 437件
平成25年度 815件
平成26年度 1180件
平成27年度 1088件

2. NST依頼件数


3. NST研修会・勉強会開催

NST研修会(H28年度予定) 【123KB】
11月14日開催 NST研修会(H28年度予定) 【524KB】

4. NST専門療法士実地修練に関して

平成29年度 東北大学病院 NST専門療法士臨床実地修練 開催のお知らせ(平成30年1/29〜2/2開催)【205KB】
※ 詳細はこちら
NST専門療法士実地修練 カリキュラム(例) 【133KB】
NST専門療法士実地修練生の受け入れ実績 【62KB】

5. 院内グループウエアを利用しての職員への啓発

NST栄養のひろばへの配信(H28年1月末現在)

など

6. 栄養管理システムフロー

7. 栄養管理システム

 当院の診療支援システムにおける栄養管理のシステムをご紹介します。

栄養サポートセンタートピックス

『東北大学病院NSTサポートメンバーシップ』制度ができました

  東北大学病院NSTサポートメンバーシップ(以下、サポーター)とは、東北大学病院NSTが実施する活動等に、自主的かつ自由に参加・協力・援助することで、東北大学病院のNST活動を発展・普及させることを目的とした活動で、東北大学の職員もしくは学生で、この目的に賛同する方は誰でもサポーターになることができます。
  サポーターは東北大学病院NSTが企画・運営する研修会やイベント、カンファレンスへの参加や、NSTが発信、発行する媒体への寄稿やNSTが実施する臨床研究にも自由に参加できます。
  平成28年2月1日から運用が開始され、7月末現在26名がサポーター登録しています。
  医師:7名  歯科医師:1名  看護師:14名  理学療法士:1名
  言語聴覚士:1名  薬剤師:1名  歯科衛生士:1名
  ※ 詳しくはNST通信44号 をご覧ください。