東北大学病院

English

文字サイズ

カラー設定

診療受付:8:30-11:00 再診受付機 8:00-11:00

休診日:土・日・祝・年末年始12/29-1/3

診療時間:平日 8:30-17:15

お問い合わせ:022-717-7000 [ 時間外・休診日 022-717-7024 ]

薬剤部

  1. トップページ >
  2. 診療科・部門 >
  3. 薬剤部

部長あいさつ

 薬剤部は、薬に関するあらゆる業務を行うことにより、患者さんに適切で安全な薬物療法を受けていただくことを目標に支援しております。処方せんを受付けて調剤する部門、注射薬を取り揃え払出する部門、注射薬を無菌的に混合調製する部門、薬に関する様々な情報を収集し提供する部門、薬の血中濃度を測定し適切な投与量を設定する部門、新薬や医療機器を開発するための臨床試験に携わる部門、薬と病気に関連する臨床研究を行っている部門などがあり、それぞれの部門が診療科等と連携し、一人ひとりの患者さんに合わせた薬物療法の推進に努めています。


 また、医師の依頼を受けて、入院患者さんが持参した薬の確認と、入院中の薬の効果、副作用の有無の予測、薬の飲み合わせのチェック、検査値からの副作用のチェック等を行い、説明を行っています。退院時には患者さんの薬の情報を記載した説明書をお波ししながら、服薬説明も行っております。

 さらに、治験センターや、化学療法センター、ICT(院内感染対策チーム)、NST(栄養サポートチーム)など、複数の職種が協力して行う治療の現場に薬剤師を派遣し、医師・看護師等とともに、専門性を生かした業務を行っています。


 「顔の見える薬剤師」をモットーに薬の専門家集団を目指しています。


部長 眞野 成康

部の特色

調剤

 薬剤師は医師が処方した処方箋に記載されたお薬の量や使い方が適切であるか、またお薬の飲み合わせ(相互作用)等に不都合がないかを確認して調剤しています。現在は、患者さん一人ひとりの2ヶ月間の薬歴を作成し、様々なチェックを行っています。

注射薬調剤

 患者さんごとに注射薬を取り揃えて病棟に供給しています。取り揃えの際には、混合しても問題ないか、投与量・投与間隔が適切かなど不都合がないか確認をしています。

薬品管理

 医薬品の購入、在庫管理、品質管理等を行い、円滑に医薬品が供給されるよう対応してしいます。

薬品調製

 無菌操作の技術とクリーンな設備を用いて、患者さんの高カロリー輸液や抗がん剤の調製を行っています、また、市販されていないお薬(院内製剤)の調製を行っています。

薬品情報管理

 医薬品の安全性や適正使用に関しての情報を収集・分析し、情報を提供しています。病院内外の医師、看護師、患者さんからの問い合せにも対応しています。また、病院内の薬剤情報システムのメンテナンスも行っています。

服薬指導(薬剤管理指導)

 入院患者さんへおくすりの正しい服用方法や効果、副作用等の説明をしています。また、薬歴を確認し、相互作用や重複投与のチェックや、患者さんと直接面談して副作用、アレルギー等のチェックも行います。患者さんがより安全に適切な治療を受けられるよう、チーム医療の一員として活動しています。

がん化学療法への関わり


がん化学療法に関わる注射薬混合件数(件)

 外来化学療法センターや病棟では、様々ながん化学療法が行われており、薬剤師は、院内で使用されるプロトコール(投与計画)の審査、管理に携わっています。また、抗がん剤の処方が、院内で決められたプロトコールに基づいて正しく処方されているかどうかの確認を行い、混合業務も行っています。混合件数は年々増加しており(左図参照)、今後、さらなる化学療法全般への関わりが薬剤師に期待されています。

院内感染対策チーム(ICT)への参加

 医師・薬剤師・看護師・臨床検査技師などから構成されるICTの一員として活動しています。薬剤師は院内での抗生物質の使用状況などを把握し、院内における抗生物質の使用に関する提案や改善を行うことが重要な役割となっています。

栄養サポートチーム(NST)への参加

 医師・薬剤師・看護師・栄養士などから構成されるNSTの一員として活動しています。薬剤師として薬という観点から、患者さんの栄養状態を把握し、患者さん個々に応じた栄養と薬剤の使用に関する提案や改善を行うことが重要な役割となっています。

治験薬管理とCRC

 治験とは、新しいお薬の候補を国(厚生労働省)にお薬として認められるため、患者さんのご理解とご協力をいただいて、安全性と有効性を確認する試験のことです。その治験が適切かつ安全に行われるように治験薬の管理、治験関係資料の管理を行っています。また、患者さんが安心して治験に参加できるように、治験コーディネーター(CRC)が治験の進行をサポートしています。

薬物血中濃度モニタリング(TDM)

 適用量と中毒量が近いおくすりや個人差の大きいおくすりについて、患者さんの血液中の薬物濃度を測定しています。この測定された値を解析し、個々の患者さんに対し適切な薬物治療の提案を行っています。

試験研究

 患者さんがより安全にお薬が服用できるように、お薬の効き方を左右する遺伝子の検査、お薬の母乳への移行性、現在臨床で薬物の濃度の測定が行われていない薬物の血中の濃度測定や解析を行っています。

PET(陽電子放射断層撮影法)検査への関わり

 PET検査で使用する薬(FDG)を作ったり、その薬品が薬品としての基準を満たしているかどうかの品質をチェックしています。

学生教育

 医学部・薬学部学生や大学院生の実務実習を行っております。また、研修医や薬学の研修生の教育も行っています。

リンク