東北大学病院

English

文字サイズ

カラー設定

診療受付:8:30-11:00 再診受付機 8:00-11:00

休診日:土・日・祝・年末年始12/29-1/3

診療時間:平日 8:30-17:15

お問い合わせ:022-717-7000 [ 時間外・休診日 022-717-7024 ]

沿革

  1. トップページ >
  2. 病院について >
  3. 沿革
文化14年
1817年   百騎丁(現東二番丁)に仙台藩医学校施薬所が創設
明治 4年
1871年 4月 廃藩置県により仙台藩医学校施薬所が廃止
明治 5年
1872年 5月 仙台藩医学校出身者により南町に私立仙台共立社病院を開設
明治 12年
1879年 5月 仙台公立病院と改称
7月 県立宮城病院と改称
明治 17年
1884年 7月 県立宮城医学校附属医院と改称
明治 21年
1888年 4月 明治20年9月30日勅令第48号により県立宮城病院と改称
明治 44年
1911年 4月 北四番丁(現星陵地区)に県立宮城病院の新病院棟が開院
大正 2年
1913年 4月 大正2年3月28日勅令第36号により東北帝国大学医学専門部附属医院と改称
内科(2科)、外科、眼科、産科婦人科、小児科、皮膚科及び耳鼻咽喉科の8診療所(340床)を開設
大正 4年
1915年 7月 大正4年7月14日文部省令第10号により東北帝国大学医科大学附属医院と改称
大正 7年
1918年 6月 内科、外科を増設(10診療科)
大正 8年
1919年 4月 大正8年4月1日勅令第55号により東北帝国大学医学部附属医院と改称
大正 9年
1920年 1月 精神科(後に神経科精神科と改称)設置(11診療科)
昭和 17年
1942年 4月 整形外科、放射線科設置(13診療科)
昭和 19年
1944年 12月 鳴子分院を開設
昭和 21年
1946年 3月 長町分院を開設
昭和 22年
1947年 10月 昭和22年9月30日政令第204号により東北大学医学部附属医院と改称
昭和 24年
1949年 5月 昭和24年5月31日法律第150号により東北大学医学部附属病院と改称
昭和 33年
1958年 10月 結核病棟 基準看護(一類)承認(24床)
昭和 34年
1959年 4月 泌尿器科設置(14診療科)
4月 事務部に事務部長制が敷かれ、管理課及び業務課を設置
昭和 37年
1962年 4月 麻酔科設置(15診療科)
4月 審査部及び薬剤部設置
昭和 39年
1964年 3月 中央診療棟(西)完成
4月 手術部設置
昭和 40年
1965年 3月 東病棟(R6-1 9,711㎡)完成
4月 放射線部設置
昭和 41年
1966年 4月 材料部設置
12年 西病棟(SR9 13,378㎡)完成
昭和 42年
1967年 3月 中央診療棟(東)(R2 1,683㎡)完成
7月 周産母子部設置
昭和 44年
1969 4月 集中治療部設置
7月 第一臨床研究棟(SR12-1 14,080㎡)及び厨房棟(R1-1 1,141㎡)完成
昭和 46年
1971年 4月 周産母子部を分娩部と改称
昭和 47年
1972年 3月 R・I病棟及びR・I検査棟(R1 720㎡)完成
5月 病理部設置
昭和 49年
1974年 4月 事務部を改組し、総務課、管理課、医事課の三課を設置
昭和 51年
1976年 5月 看護部設置
10月 胸部外科設置(16診療科)
昭和 53年
1978年 4月 臨床講義棟(R2 1,073㎡)完成
昭和 54年
1979年 3月 R・I検査棟(R1 998㎡)増築
9月 外来診療棟(R5-1 15,640㎡)完成
10月 輸血部設置
昭和 55年
1980年 3月 神経科精神科病棟(R2 1,767㎡)完成
3月 長町分院廃止
4月 心療内科、形成外科、脳神経内科及び脳神経外科を設置(20診療科)
昭和 58年
1983年 4月 小児外科設置(21診療科)
昭和 59年
1984年 4月 中央診療棟(SR5-2 7,567㎡)完成
4月 脳神経内科を神経内科と改称
昭和 60年
1985年 4月 救急部設置
昭和 62年
1987年 5月 老人科設置(22診療科)
昭和 63年
1988年 3月 第二臨床研究棟(SR9-1 7,960㎡)完成
平成 3年
1991年 4月 医療情報部設置
平成 6年
1994年 6月 鳴子分院廃止
6月 理学診療科設置(23診療科)
6月 周産母子センター(分娩部を改組)、リハビリテーション部及び企画室(事務部を設置)
8月 特定機能病院承認
11月 第一・第二臨床研究棟の呼称を、医学部二号館・三号館に変更
平成 7年
1995年 1月 鳴子分院との統合に伴い70床増床、医療法承認病床数1,196床
平成 8年
1996年 5月 総合診療部設置
平成 10年
1998年 4月 血液浄化療法部設置
平成 11年
1999年 3月 事務管理棟完成(2,121㎡)
5月 副病院長設置
平成 12年
2000 3月 新西病棟(43,710㎡)完成
4月 加齢医学研究所附属病院と統合
診療科再編(内科、外科、産婦人科・泌尿生殖器科、脳・神経・精神科、
小児科、感覚器・理学診療科、放射線科)
10月 加齢医学研究所附属病院との統合に伴い100床増床、医療法承認病床数1,296床
平成 13年
2001年 4月 緩和医療部設置
平成 14年
2002年 3月 結核病棟24床廃止(医療法承認病床数1,272床)
4月 臓器移植医療部設置
平成 15年
2003年 2月 R・I検査棟をPET検査棟に改修
4月 医療情報部を廃止し、メディカルITセンター設置
10月 東北大学病院創設(歯学部附属病院との統合)
10月 WOCセンター設置
平成 16年
2004年 4月 国立大学法人東北大学となる
4月 外来化学療法センター設置
4月 地域医療連携センター設置
4月 診療技術部設置
4月 「救命救急と医療安全の碑」設置
6月 ロゴマークおよびキャッチコピー制定
平成 17年
2005年 7月 集中治療部を廃止し、重症病棟部設置
精神科病棟4床廃止(医療法承認病床数 1,268床)
12月 感染管理室設置
平成 18年
2006年 3月 新東病棟(37,044㎡)完成
8月 がん診療連携拠点病院指定
10月 高度救命救急センター設置
10月 がんセンター設置
平成 19年
2007年 2月 歯学部付属病院の病棟移転に伴い歯学部附属病院を廃止し、附属歯科医療センター設置
医療法上の名称を東北大学医学部附属病院から東北大学病院へ変更
2月 40床増床(医療法承認病床数 1,308床)
平成 20年
2008年 2月 未来医工学治療開発センター設置
平成 21年
2009年 7月 新外来診療棟(12,278㎡)完成
12月 附属歯科医療センター廃止
平成 22年
2010年 3月 東北大学星の子保育園開園
平成 23年
2011年 8月 23床廃止(医療法承認病床数1,285床)
平成 24年
2012 4月 未来医工学治療開発センターと治験センターを統合し、臨床試験推進センターを設置
4月 感染症科を改組し、総合感染症科設置
6月 歯科顎顔面外科と歯科口腔外科を統合し、歯科顎口腔外科設置
7月 23床廃止(医療法承認病床数1,262床)
7月 救急科設置
8月 生理検査センター設置
8月 重症病棟部を廃止し、集中治療部設置
10月 総合診療部を改組し、総合地域医療教育支援部設置
10月 輸血部を改組し、輸血・細胞治療部設置
平成 25年
2013年 1月 地域医療復興センター設置
2月 広報室設置
2月 小児がん拠点病院指定
4月 歯科インプラントセンター設置
7月 臨床試験推進センターの名称を臨床研究推進センターへ変更
7月 先端医療技術トレーニングセンター設置
平成 26年
2014年 4月 星陵レジデンス(2,129m²)完成
9月 30床廃止(医療法承認病床数1,232床)
平成 27年
2015年 1月 7床廃止(医療法承認病床数1,225床)