東北大学病院

English

文字サイズ

カラー設定

診療受付:8:30-11:00 再診受付機 8:00-11:00

休診日:土・日・祝・年末年始12/29-1/3

診療時間:平日 8:30-17:15

お問い合わせ:022-717-7000 [ 時間外・休診日 022-717-7024 ]

病院長あいさつ

  1. トップページ >
  2. 病院について >
  3. 病院長あいさつ

 

 

 当院の基本理念は、「患者さんに優しい医療と先進医療との調和を目指した病院」です。文字通り、質の高い医療、優しい心の通った医療を安全に提供することが当院の責務であり、特定機能病院として高度先進医療を実践するとともに、医療技術の開発、優秀な医療人の育成に病院一丸となって取り組んでいます。

 当院は、1817年(文化14年)に創設された仙台藩医学校施薬所を淵源とする国内で最も古い歴史を有する大学病院です。以来、仙台公立病院、県立宮城病院を経て、1915年(大正4年)に東北帝国大学医科大学附属医院として開設し、地域に根ざしながら、我が国の医学・医療を牽引してきました。今では、1225床を有し、外来患者は一日約3000人にものぼります。このような多くの方に高水準の医療を安全に提供し続けるため、もうすぐ新たな中央診療棟が竣工します。充実した機能を備えた手術室を中心に、ICU、高度救命救急センター等を配置し、機能性の高さと安全な医療を両立する先端医療の実践の場となることを目指します。また、当院が持つポテンシャルを最大に発揮できるよう、私たち職員一人ひとりが笑顔で働けるような職場環境の整備にも努めます。

 安全・安心な医療に加え、当院の最大の使命の一つが、最先端医療の開発とその実施です。当院はこれまで、文部科学省の橋渡し研究拠点、厚生労働省の臨床研究中核病院整備事業の指定を受け、我が国の医療機器の開発や創薬研究の一翼を担ってきました。社会の期待に応えるべく、総合大学としての知を集結し、臨床研究推進センターを中心とした臨床研究開発を一貫して担う体制の充実を図って参ります。さらに、未来の医療を担う高度医療人材の育成を推しすすめ、医療イノベーションの世界的拠点を目指します。

 当院は一昨年、開設から百周年を迎えました。これまでに築かれた基盤や伝統を引き継ぎ、新たな取組みを積極的に展開しながら、日本屈指の医療機関として、国民の健康を守り、世界水準の診療・教育・研究を通して基本理念の実現に邁進して行く所存です。皆様のご理解、ご支援を宜しくお願い申し上げます。