東北大学病院

English

文字サイズ

カラー設定

診療受付:8:30-11:00 再診受付機 8:00-11:00

休診日:土・日・祝・年末年始12/29-1/3

診療時間:平日 8:30-17:15

お問い合わせ:022-717-7000 [ 時間外・休診日 022-717-7024 ]

顎口腔機能治療部

病棟 東病棟 10F
外来 外来診療棟C 3F
外来受付 Tel: 022-717-8412
対象疾患
唇顎口蓋裂

顎口腔機能治療部のご案内

部の特色

当治療部には、以下の2つの治療室と1つの検査室があります。

1.顎口腔機能治療室

 口唇裂・口蓋裂をはじめとした頭蓋顎顔面領域に先天性疾患のあるお子さまを主な対象として、生後間もなくから咬合管理を行います。幼児期以降に疾患がみつかったお子さま、時には成人や高齢者の方も治療いたします。頭蓋顎顔面領域の先天性疾患で不具合になりそうな、あるいは悪くなった咬み合わせを、最小限の矯正歯科治療によって、調和のとれた機能的な歯並び・咬み合わせに導きます。
 よりよい治療のためには手術を担当する形成外科や口腔外科はもとより、小児歯科などの歯科領域、耳鼻咽喉科などの医科領域との密接な連携が欠かせません。当治療室は一貫した治療管理が受けられるように、各関連領域間の調整役としての役割も担っています。

右側口唇顎裂があるお子さまの上顎の成長変化を示します。生後3カ月で口唇形成術、6歳時に顎裂骨移植術を行いました。13歳の写真ではどこに病気があったかわかりません。
 

両側性完全口唇口蓋裂の矯正歯科治療後の咬み合わせを示します。重度の裂でしたが、写真で示した咬合状態まで治すことができます。

 なお、以下の疾患に起因した咬合異常の矯正歯科治療には保険が適用されます(平成28年4月現在)。

  • 唇顎口蓋裂
  • ゴールデンハー症候群(鰓弓異常症を含む)
  • 鎖骨・頭蓋骨異形成
  • トリーチャーコリンズ症候群
  • ピエールロバン症候群
  • ダウン症候群
  • ラッセルシルバー症候群
  • ターナー症候群
  • ベックウィズ・ウィードマン症候群
  • ロンベルグ症候群
  • 先天性ミオパチー(先天性筋ジストロフィーを含む)
  • 顔面半側肥大症
  • エリス・ヴァン・クレベルト症候群
  • 軟骨形成不全症
  • 外胚葉異形成症
  • 神経線維腫症
  • 基底細胞母斑症候群
  • ヌーナン症候群
  • マルファン症候群
  • プラダーウィリー症候群
  • 顔面裂
  • 大理石骨病
  • 色素失調症
  • 口−顔−指症候群
  • メービウス症候群
  • カブキ症候群
  • クリッペル・トレノーネイ・ウェーバー症候群
  • ウィリアムズ症候群
  • ビンダー症候群
  • スティックラー症候群
  • 小舌症
  • 頭蓋骨癒合症(クルーゾン症候群、尖頭合指症含む)
  • 骨形成不全症
  • 口笛顔貌症候群
  • ルビンスタイン-ティビ症候群
  • 常染色体欠失症候群
  • ラーセン症候群
  • 濃化異骨症
  • 6歯以上の先天性部分(性)無歯症
  • チャージ症候群
  • マーシャル症候群
  • 成長ホルモン分泌不全性低身長症
  • ポリエックス症候群
  • リング18症候群
  • リンパ管腫
  • 全前脳(胞)症
  • クラインフェルター症候群
  • 偽性低アルドステロン症(ゴードン症候群)
  • ソトス症候群
  • グリコサミノグリカン代謝障害(ムコ多糖症)

2.言語治療室

 顎顔面領域に疾患があると、うまく発音できなくなる場合があります。人間にとって言語を介したコミュニケーションはとても大切です。そこで言語発達や発音状態を定期的に評価し、必要に応じて言語療法を実施しています。また、舌小帯異常や口蓋形態異常に起因した構音障害の精査も行っています。
患者さんの状況に応じて各地域の小学校に設置されている言葉の教室などと連携して指導を行うこともあります。

3.機能検査室

 咬んだり発音したりするときには下あごが動きますが、この下あごの動き、下あごを動かす筋肉の働き、咬む力、咬む能力などを検査します。先天性疾患、顎変形症、顎関節症を主な対象として検査を行っています。

リンク

日本口蓋裂学会

日本矯正歯科学会

日本形成外科学会