東北大学病院

English

文字サイズ

カラー設定

診療受付:8:30-11:00 再診受付機 8:00-11:00

休診日:土・日・祝・年末年始12/29-1/3

診療時間:平日 8:30-17:15

お問い合わせ:022-717-7000 [ 時間外・休診日 022-717-7024 ]

小児腫瘍科

対象疾患と診療内容

小児白血病・固形腫瘍の診断と治療、長期フォローアップ外来・移植後フォローアップ外来

小児白血病や悪性リンパ腫などの血液腫瘍性疾患、神経芽腫や肝芽腫、ウイルムス腫瘍などの固形腫瘍、脳腫瘍の診断と内科的治療を行っています。全国規模の小児白血病、固形腫瘍のグループスタディーへの参加による治療成績の向上を目指しています。難治性疾患に対しては造血幹細胞移植を併用した治療を行っています。難治性固形腫瘍の筆頭には進行期の神経芽細胞腫があげられますが、このような疾患に対しては、新規治療開発のための臨床試験にも参加しています。小児白血病の治療成績の向上により、多くの患児が治る病気になってきました。そのため、治療終了後の生活の質(QOL)の向上のために、医師・看護師・臨床心理士・MSWによる長期フォローアップ外来と造血細胞移植後フォローアップ外来を行っています。

小児良性血液疾患

再生不良性貧血、先天性骨髄不全症候群、免疫性血小板減少性紫斑病、溶血性貧血など、良性血液疾患の診断と治療を行っています。

難治性ウイルス感染症

イルス感染症、移植後リンパ増殖性疾患の診断と治療に力を注いでいます。慢性活動性EBウイルス感染症の根治療法として、骨髄非破壊的前処置による造血幹細胞移植を施行しています。

原発性免疫不全症

生まれながら病原体に対する免疫能を欠く原発性免疫不全症の診断・治療を広く行っています。特に重症複合免疫不全症とWiskott-Aldrich症候群は全国から相談が寄せられています。また、根治療法として同種造血幹細胞移植を施行し、RIST(強度低減前処置による造血幹細胞移植)によるより安全な移植法の確立を目指しています。

 

診療の特色

小児科の他診療グループおよび小児がん診療に関わる他科診療科と連携しながら、小児疾患の難治性疾患である血液・腫瘍・免疫疾患全般を得意分野としています。全国の臨床研究グループによる標準的な治療法の提供とともに、難治性疾患に対しては新規治療法や、骨髄非破壊的前処置による造血幹細胞移植の確立に力を注いでいます。また、治療中および病気を克服した後の生活の質向上のために、多職種スタッフが連携して、長期的なフォローアップとサポート体制を提供しています。

関連リンク

小児腫瘍センター