東北大学病院

English

文字サイズ

カラー設定

診療受付:8:30-11:00 再診受付機 8:00-11:00

休診日:土・日・祝・年末年始12/29-1/3

診療時間:平日 8:30-17:15

お問い合わせ:022-717-7000 [ 時間外・休診日 022-717-7024 ]

感染管理室

  1. トップページ >
  2. 診療科・部門 >
  3. 感染管理室

室長あいさつ

 公衆衛生の普及や優れた抗微生物薬の登場などにより一見制圧できたかに見えた感染症は再び私たちの前に大きな脅威として蘇ってきています。世界保健機関 WHOは1996年、「我々は今や地球規模で感染症による危機に瀕している。もはやどの国も安全ではない。」との警告を発しましたが、 “易感染性宿主の増加”や感染症の“原因微生物の多様化”、そして交通の発達やヒトの交流が活発になったことによる“感染症のグローバル化、など、さまざまな要因により、感染のリスクはますます高まってきています。

 特に、医療関連施設では、患者さんの高齢化に加え、先進医療に伴う血管・尿路カテーテル、人工呼吸管理やステロイド薬・免疫抑制剤などの使用など、さまざまな医原的要因による感染のリスクが増大してきています。そのため、MRSAや多剤耐性緑膿菌、多剤耐性アシネトバクター、ESBL産生菌などのさまざまな薬剤耐性菌による院内感染事例やノロウイルスやクロストリジウム・ディフィシルなどによる腸管感染症、インフルエンザによる院内感染事例、さらに結核の暴露事例の報告など、施設内での感染発症事例の報告が後をたたない状況にあります。

 このような医療関連感染の問題は医療の質保障や医療安全の観点からも、また、医療施設の評価の面からも大きな意味合いを持つものであり、そのため、感染防止対策は、より専門性を有した医療従事者がチームを組み、専門家集団によるチーム医療として感染防止対策業務に取り組み、施設全体のリスクマネジメント業務として実践していく必要があるのです。

 東北大学病院では、2000年7月に感染症の予防や感染症の制御に関する適切な情報提供やコンサルテーション、アドバイスを行っていく専門的な部門として感染管理室が設置されました。特に、2005年10月からは病院長直属の部署として積極的な活動を行っており、専任の感染制御医、感染管理看護師、検査技師、事務職員などが在籍するとともに、薬剤師なども参加した ICT(インフェクションコントロールチーム)を結成し、感染防止対策活動を実践しています。感染管理室の活動としては、感染対策マニュアルの策定や感染防止のための病棟ラウンド、薬剤耐性菌やクロストリジウム・ディフィシル検出例に対しての早期アラート活動、環境管理、各種サーベイランスの実践、職員教育、アウトブレイク防止活動、など多岐にわたっています。これまで同規模の多くの大学病院で、さまざまな院内感染のアウトブレイク事例が報告されるなか、我が国屈指の規模を誇る東北大学病院ではこれまで大きな感染事例の報告は見られていませんが、これは、これまでの感染管理室の活発な感染防止活動によるものであり、東北大学病院の感染管理室はまさに我が国においてトップレベルの感染制御・感染管理活動を行っている部署として広く認知されています。

 加えて、本感染管理室は院内の看護部門、各診療科の先生方との連携はもとより、広く仙台市、宮城県、東北地域における感染制御・感染管理のキーステーションとしての役割を担っており、医学系研究科感染制御・検査診断学分野とともに、“感染制御ネットワーク”を構築し、宮城県・東北地域において感染制御活動を実践しています。感染制御・感染管理は今や医療関連施設におけるトップリスクマネジメントです。今後とも、東北大学病院感染管理室の活動に対するご理解とご支援をよろしくお願い申し上げます。

教授 賀来 満夫

室の特色

感染対策の組織

感染対策の組織

感染管理室の役割

感染管理室の役割

感染管理室のスタッフ

感染管理室のスタッフ

感染管理室の業務

1. 職業感染対策

  • 小児ウイルス感染症抗体検査とワクチン接種(麻疹・水痘・流行性耳下腺 炎・風疹)
  • B型肝炎ワクチン接種
  • インフルエンザワクチン接種
  • 針刺し切創、皮膚粘膜曝露対策
  • 安全器材の導入と教育
  • 結核発生時の濃厚接触職員への定期外健診の実施

2. サーベイランス

  • 薬剤耐性菌サーベイランス
  • 医療関連感染サーベイランス
  • 抗菌薬サーベイランス(届出制、許可制も含む)
  • 職業感染サーベイランス

3.ICTラウンドおよび全病棟ラウンド

ICTラウンド

ICTラウンド

4.感染症コンサルテーション

薬剤耐性菌の対策

薬剤耐性菌の対策

  • 血液培養や髄液培養陽性時
  • MRSAなどの薬剤耐性菌検出時
  • Clostridium difficile toxin 検出時
  • インフルエンザウイルスなどの検出時
  • 抗酸菌(結核菌を含む)検出時
  • 抗菌薬適正使用の推進
  • 感染対策へのアドバイス

5.感染対策教育

6.アウトブレイクの介入

7.感染管理体制の構築

8.地域ネットワーク(東北感染制御ネットワーク)の主催

感染症カンファレンス

感染症カンファレンス

リンク

啓発ポスター

啓発ポスター