東北大学病院

English

文字サイズ

カラー設定

診療受付:8:30-11:00 再診受付機 8:00-11:00

休診日:土・日・祝・年末年始12/29-1/3

診療時間:平日 8:30-17:15

お問い合わせ:022-717-7000 [ 時間外・休診日 022-717-7024 ]

歯科インプラントセンター

  1. トップページ >
  2. 診療科・部門 >
  3. 歯科インプラントセンター

センター長あいさつ

 平成25年4月1日に「東北大学病院歯科インプラントセンター」が開設されました。東北地方のインプラント診療・研修・臨床研究の拠点として全力で取り組みたいと考えております。
 歯科インプラント治療とは、歯の欠損に対してインプラント体(人工歯根)を用いて口腔組織に支持を求め、これに支持された上部構造を用いて、咀嚼と審美性の回復を図る治療法です。インプラント治療を行うと、ブリッジや部分入れ歯と違い、残存歯に負担をかけることなく自分の歯のように噛め、アンカーとして利用すれば入れ歯の安定を図ることができます。
 歯が失われると「噛む・食べる」という大切な機能と楽しみが損なわれます。歯科インプラントは「入れ歯」に代わって「噛む・食べる」機能を回復し、患者さんの健康で活力ある長寿社会の実現に貢献するものであり、今後、ますます普及していくものと思われます。しかしながら、昨今のマスコミ報道等によりその安全性・信頼性に不安が広がり、インプラント治療の選択に対して二の足を踏んでいる方も多いかと思われます。確かにインプラント治療は、自費診療で高額な料金が発生することも多く、患者の皆さんが受け入れがたい結果(早期脱落、知覚麻痺など)となる可能性も存在します。また、当初成功していても、しっかりとしたお手入れを継続しないと、後々トラブル(インプラント周囲の炎症、被せ物の破折など)に巻き込まれることもあります。

 すなわち、大学病院に対する皆さんの要望は安全で安心かつ先進的なインプラント診療の提供にあるものと思われます。これらの不安を取り払い、最高レベルの信頼される歯科インプラント診療を行うには、大学病院にあるインプラント治療に関わる複数の診療科ならびに部門の連携を強化し、効率的かつ安全で高度なインプラント治療が行える診療体制を確立するだけではなく、インプラント治療の教育、地域支援、研究を発展させていかなければなりません。
 また、年を取るにつれ歯の数は減少し、ますます歯科インプラントの必要性が上昇しますが、全身疾患などをお持ちの患者さんも同時に増えますので、より高度な集学的治療を必要とするインプラント患者さんの割合も増加します。こうした背景を受けて、さらに高いレベルのインプラント医療を患者さんに提供するため、新たに、「東北大学病院歯科インプラントセンター」が設置され、診療を開始しました。

センターの特色

インプラント治療に関わる複数の部局の連携による安全で高度な医療の提供

 インプラント治療をセンター化することにより口腔診断科、口腔外科、歯周病科、補綴科など関連部門間の連携がこれまで以上に深くなり、より良質な歯科インプラントチーム医療、患者中心のインプラント診療を提供しています。

歯科インプラントセンター(外来治療室)の開設による診療体制の強化

 「歯科インプラントセンター」は外来診療棟C4階に開設され、歯科インプラント専用手術室および患者さんのプライバシーを考慮した歯科用ユニットを配した個室2室、さらに、最新のインプラント、CT画像診断、ガイデッドサージェリーおよびCAD/CAMシステムなどが完備されています。また、外来診療棟C4階に開設されたことにより、同一階の歯科顎口腔外科との連携を図っています。

最先端の臨床研究

 これまで東北大学は伝統的に「研究第一主義」を旗印としてかかげ、世界に多くの情報を発信してきました。歯科インプラントセンターで行うアプローチは、今現在最も有効とされる臨床術式を最新の臨床研究から常にアップデートしながら実施していきます。また、臨床疫学研究のみならず新しいインプラント材料の開発などの基礎研究の成果を臨床に応用する、いわゆるトランスレーショナルリサーチ(橋渡し研究)の実践の場となります。

信頼性の高いインプラント診療技術を持った人材の育成

 大学教育における歯科インプラント学に必要なリソースが不足していたため、標準的な治療方法が確立されぬまま行われ、医療安全面も疎かにされてきたという背景を持ちます。歯科インプラントセンターでは、これまで民間主導だったインプラント研修を大学が主体となり、最新の研究成果、設備および人材を活用した優れた教育研修システムの開発・提供・実践を行うとともに客観的評価方法を開発し、国際標準への適合を目指します。

診療の特色

 インプラント診療の術前検査において、CT画像診断を必須としております。これより顎骨の解剖学的構造、神経・血管の位置、上顎洞・鼻腔の状態やインプラント体との三次元的位置関係、骨量・骨幅を計測することができます。また、CTデータをインプラント治療の解析・手術シミュレーションコンピュータソフトに利用することにより、診断、治療計画の立案だけでなく、再構築した顎骨の三次元画像上でインプラント体の配置を決め、埋入位置と埋入方向を規制するガイデッドサージェリー(サージカルガイドプレートの作成)に有効となり、安全なインプラント体の埋入が可能となります。さらに、コンピュータ上でインプラント上部構造の形態、力学的支持、審美性を考慮して、術前にインプラント体の埋入計画を立てることにより、患者さんの皆さまには最終的な口の中の状態をイメージしてもらうことができ、インフォームドコンセントに役立てています。

 上部構造製作には最新のCAD/CAMシステムを導入しておりますので、個々の患者さんの噛み合わせ、歯列に合わせて大きさ・角度を決めた支台部分や、審美性に優れたオールセラミックの歯冠部の提供も可能です。
 一方、インプラント適応範囲の拡大・高度化が進み、平成24年には腫瘍切除等による大きな顎欠損患者など、従来の義歯では咀嚼機能回復が不可能な症例に対する「広範囲顎骨支持型装置及び広範囲顎骨支持型補綴」が保険導入されました。このような流れに沿って、特定機能病院として高次医療を担う使命のもと、顎顔面欠損、顎口蓋裂、高度顎堤吸収などを有する難症例や、有病者、高齢者に対して、骨造成、全身麻酔下歯科治療、入院手術により対応できる安全かつ高度で先進的な治療法を開発し、実施しています。

 骨造成・鎮静法など全身管理が必要な患者さんは、歯科麻酔科と連携して顎口腔外科処置室にて治療します。さらに、必要に応じて病院機能すなわち病院手術室、一般病床などを有効活用することができるようになり、医療安全に重点を置いた診療を行っています。

インプラント治療

インプラント治療

歯科インプラントセンターより皆さまへ

 私ども東北大学病院歯科インプラントセンターは、最高水準のインプラント治療を目指して日夜努力しております。
 インプラント治療に興味をお持ちの方で診療を希望もしくは相談を希望される方は、かかりつけの先生の紹介状をお持ちになって、歯科インプラントセンターの新患を受診なさってください。

インプラント料金表 PDFダウンロード
インプラント治療に関する問診票 PDFダウンロード
FAX送信票/診療予約申込書 PDFダウンロード

(お問い合わせ先)
東北大学病院 歯科インプラントセンター
電話番号:022-717-8426