東北大学病院

English

文字サイズ

カラー設定

診療受付:8:30-11:00 再診受付機 8:00-11:00

休診日:土・日・祝・年末年始12/29-1/3

診療時間:平日 8:30-17:15

お問い合わせ:022-717-7000 [ 時間外・休診日 022-717-7024 ]

矯正歯科

  1. トップページ >
  2. 診療科・部門 >
  3. 矯正歯科

【病棟】東病棟 10F 【外来】外来診療棟C 3F 【外来受付電話番号】022-717-8376

科長あいさつ

 矯正歯科診療のページをご覧いただきありがとうございます。

 矯正歯科では、歯並びや咬み合わせの異常(不正咬合)に対する矯正治療を行っております。不正咬合は歯並びや顔の外見の問題だけではなく、お口の働きにも悪影響を及ぼします。また、う蝕や歯周病の誘因にもなります。

 当科では成長期の不正咬合のみならず、複雑な問題を抱えて成人期の不正咬合や、壮年期や老年期に歯周病やう蝕によって咬み合わせの崩壊をきたした患者さんに対する治療も行っております。

 高齢化社会にむけてますます自分の歯で噛めることが全身の健康の維持・増進に重要になってまいりました。みなさんのクオリティ・オブ・ライフ(生活の質)を高め、生涯にわたって良好な歯並びと咬み合わせを維持できるようサポートいたします。どうぞお気軽にお越しいただきまして、ご相談くださいますようお願いいたします。

 本診療科は、日本矯正歯科学会から認定医制度に基づく、基本研修機関・臨床研修機関に指定されており、認定医、指導医および専門医になるための矯正歯科専門教育プログラムを運営しています。また、本診療科は育成医療・更正医療指定機関と顎口腔機能診断施設の指定も受けています。以下に示します国の定める先天疾患の患者さんの治療にもあたっておりますので、まずはご相談ください。

 初めての方は月曜日から金曜日の午前中にお越しください。

<国の定める先天疾患>

  • 唇顎口蓋裂
  • ゴールデンハー症候群(鰓弓異常症を含む)
  • 鎖骨・頭蓋骨異形成
  • トリチャーコリンズ症候群
  • ピエールロバン症候群
  • ダウン症候群
  • ラッセルシルバー症候群
  • ターナー症候群
  • ベックウィズ・ヴィードマン症候群
  • ロンベルグ症候群
  • 先天性ミオパチー(先天性筋ジストロフィーを含む)
  • 顔面半側肥大症
  • エリス・ヴァン・クレベルド症候群
  • 軟骨形成不全症
  • 外胚葉異形成症
  • 神経線維腫症
  • 基底細胞母斑症候群
  • ヌーナン症候群
  • マルファン症候群
  • プラダーウィリー症候群
  • 顔面裂
  • 大理石骨病
  • 色素失調症
  • 口‐顔‐指症候群
  • メービウス症候群
  • カブキ症候群
  • クリッペル・トレノーネイ・ウェーバー症候群
  • ウィリアムズ症候群
  • ビンダー症候群
  • スティックラー症候群
  • 小舌症
  • 頭蓋骨癒合症(クルーゾン症候群、尖頭合指症を含む)
  • 骨形成不全症
  • 口笛顔貌症候群
  • ルビンスタイン-ティビ症候群
  • 常染色体欠失症候群
  • ラーセン症候群
  • 濃化異骨症
  • 6歯以上の先天性部分(性)無歯症
  • チャージ症候群
  • マーシャル症候群
  • 成長ホルモン分泌不全性低身長症
  • ポリエックス症候群
  • リング18症候群
  • リンパ管腫
  • 全前脳(胞)症
  • クラインフェルター症候群
  • 偽性低アルドステロン症(ゴードン症候群)
  • ソトス症候群
  • グリコサミノグリカン代謝障害(ムコ多糖症)

科長 髙橋 哲

対象疾患と診療内容

対象疾患

  • 歯ならびや咬み合わせの異常(一般の不正咬合)
  • 顎のかたちの異常による歯ならびや咬み合わせの異常(顎変形症)
  • 歯列不正を伴う口唇裂・口蓋裂などの先天異常
  • 国の定める先天疾患(上記参照)

診療内容

子どもの矯正治療

 お子さんの成長段階に合わせて適切な矯正治療と咬み合わせの長期ケアを行うことによって生涯にわたってう蝕、歯周病、顎関節症、不正咬合がなく、健全な咬み合わせを維持することができるように支援いたします。

大人の矯正治療

 成人期の不正咬合や、歯周病やう蝕などによって崩壊した咬み合わせを治療いたします。前から見えない矯正治療などの最新の技術を駆使し、多くの自分の歯をできるだけ長期に維持させることによって、みなさんの健康増進に寄与いたします。

外科的矯正治療

 通常の矯正治療だけでは対応することのできない顎変形症に対する外科的矯正治療を他科とのチーム医療のもとで行っております。顎変形症の治療には一般の矯正治療には適用されない健康保険が適用されます。

 歯科矯正治療には年齢に制限がありません。子どもから大人まで何歳からでも始められますが、少しでも歯並びが気になる方はお気軽にご相談ください。

診療費について

自費による矯正治療(一般の不正咬合)

 一般的な矯正治療は自費になります。歯列不正の状態や治療方法によって治療費は変わりますが、マルチブラケット装置という矯正治療で一般的な方法を用いて治療を行った場合は、総額でおおむね70万円から100万円くらいになります。詳しくはご来院のうえご相談ください。

健康保険による矯正治療(顎変形症・口唇裂・口蓋裂などの先天異常を伴う不正咬合)

 あごを手術しなければ上下の正常な咬み合わせができない患者さんで、「顎変形症」と診断された方は健康保険を用いた矯正治療を受けることができます。矯正治療だけではなく手術や入院についても保険が適用されます。矯正治療にかかる総額は30万円から40万円くらいになります。
 歯列不正を伴う口唇裂・口蓋裂などの先天異常にも健康保険が適用できますので、詳しくはご相談ください。

診療の特色

 矯正歯科では、前から見えない矯正治療など専門的かつ高度な診療を行っております。

前から見えない矯正治療

 普通は歯の表につける矯正装置を歯の裏につけますので、装置をつけていることがわかりません。この治療法は、すべての方に適用できるわけではありませんので、ご希望の方はご相談ください。

インプラント固定による矯正歯科治療

 図のような小さなインプラントを用いた矯正治療もご相談に応じて行っております。

顎口腔機能検査

 顎関節の動きも含めた下顎の3次元運動の測定や筋電図、咬合力などの機能検査を行って矯正治療を進めてまいります。図は、LEDの動きを2台のCCDカメラが光学的に非接触で検出、優れた運動追従性で正確な3次元6自由度の顎運動データを記録できる装置です。下顎の運動軌跡とともに速度変位データも記録され、さまざまな画面表示でより詳細な解析が可能になります。

診療科より皆さまへ

 矯正歯科では、最高水準の診断と治療を目指して日夜努力いたしております。
 「高度の矯正歯科治療をやさしく提供し、優れた医療人を育てる」の理念のもと、人間性豊かな医療環境の実現、高度先進医療の提供・開発、効率的医療の提供、創造力豊かな医療人の実現を目指します。

リンク