東北大学病院

English

文字サイズ

カラー設定

診療受付:8:30-11:00 再診受付機 8:00-11:00

休診日:土・日・祝・年末年始12/29-1/3

診療時間:平日 8:30-17:15

お問い合わせ:022-717-7000 [ 時間外・休診日 022-717-7024 ]

周術期口腔支援センター

  1. トップページ >
  2. 診療科・部門 >
  3. 周術期口腔支援センター

【外来】外来診療棟C 4F 

センター長あいさつ

 近年の医療の進歩に伴い更なる治療の成績の向上の為、治療中の生活の質の向上の為に医科歯科連携の重要性が謳われています。本センターでは、歯科医師、歯科衛生士、歯科技工士がより緊密な連携を構築し、がん治療や移植治療の際に歯科に求められる諸問題に迅速に対応出来るように致しました。本センターが、がん治療や心臓血管病治療、また、臓器移植の成績向上に寄与するものと思います。


センター長 飯久保 正弘

Ⅰ 手術合併症の予防

1) 動揺の著しい歯が有りますと、全身麻酔をかける際に誤って抜けしまうことが有ります。
2) 全身麻酔手術にあたって口腔内が不潔であると、口腔や上部消化管の手術の場合、手術をした部位が感染を起こすリスクが高いことが分かっています。3)これらの部位の手術を受けた際、誤嚥が起こりやすく、口腔内細菌が肺に侵入することで誤嚥性肺炎の原因菌になることも分かっています。これらの術後合併症を予防する為に当センターでは、手術前のお口の精査を行い、緊急を要する歯科治療ならびにお口のクリーニングを行います。

Ⅱ 心臓血管病と臓器移植への対応

 これらの手術では、慢性的な細菌の感染巣の除去が求められます。重度の歯周炎や齲蝕は代表的な細菌感染巣です。これらの手術では、人工の医療材料や、免疫を抑制するお薬を使用します。その際、上記の細菌が原因で手術がうまくいかない場合が報告されています。このようなことを予防するための歯科治療に対して、歯科医師、歯科衛生士が迅速に対応出来るよう体制を整えています。

Ⅲ がん支持療法への歯科の参加 

1) 抗がん剤と放射線治療の副作用として、口内炎、口腔カンジダ症、口腔乾燥症、味覚障害、開口障害など、食事をすることに問題となる様々な症状が生活の質の低下を引き起こします。当センターでは、これらの予防や症状の緩和のために歯科医師、歯科衛生士、歯科技工士がチームとして対応し、がん治療を受けている患者さんとそのご家族を支えます。

舌の口内炎

頬粘膜の口腔カンジダ症


2) 顎骨壊死(MRONJ)への対応
 がんが骨に転移した際に使用する薬剤に、ビスフォスフォネート製剤や抗RANKL抗体などの骨代謝調節薬があります。これらの薬の副作用の1つに顎骨壊死があります。これは、顎の骨が露出して難治性の潰瘍になる状態です。これらの予防の為には、お薬の使用前に歯や入れ歯に関する問題を解決すること、また、使用中は口腔内を清潔に保つことが求められます。当センターでは、使用前の精査ならびに使用中の口腔内の状態の確認とクリーニグを行って参ります。

下顎に生じた顎骨壊死

これらの口腔に関する有害事象(副作用)に対して、歯科部門の歯科医師、歯科衛生士、歯科技工士がチームを組み、これらの予防、症状の緩和に取り組むセンターです。また、化学療法中、放射線治療中の冊子「治療を支えるお口のケア」を東北大学大学院歯学研究科 歯学イノベーションリエゾンセンター地域連携部門のHPで公開しております。

リンク