東北大学病院

English

文字サイズ

カラー設定

診療受付:8:30-11:00 再診受付機 8:00-11:00

休診日:土・日・祝・年末年始12/29-1/3

診療時間:平日 8:30-17:15

お問い合わせ:022-717-7000 [ 時間外・休診日 022-717-7024 ]

泌尿器科

  1. トップページ >
  2. 診療科・部門 >
  3. 泌尿器科

【病棟】東病棟 13F 【外来】外来診療棟C 1F 【外来受付電話番号】022-717-7756

科長あいさつ

 泌尿器科は、新生児から超高齢者まで男女を問わずすべての年齢層を対象としています。そのなかで取り扱う疾患は、泌尿生殖器系悪性腫瘍、神経因性膀胱、尿失禁、男性不妊とアンドロロジー、男性性機能障害、小児泌尿器疾患、副腎などの内分泌疾患、尿路結石症、尿路感染症、など多岐に渡っています。泌尿器科臨床では、ロボット支援手術、腹腔鏡下手術に代表される低侵襲治療法、骨盤内手術と機能再建、尿路再建、抗癌化学療法、高齢者排尿管理、小児先天異常手術、顕微鏡下精路再建など多方面で、質の高い医療の提供と先端医療技術の開発・研究をおこなっています。基礎部門では、泌尿器科悪性腫瘍の分子生物学的解明や糖鎖発現研究、排尿機構の解明、高齢者排尿障害の疫学、骨盤内神経機能の温存と再生・再建など多くのテーマに取り組んでいます。

教授 荒井 陽一

対象疾患と診療内容

 泌尿器科は腎臓と尿管、膀胱、尿道などの尿路と、前立腺、精巣、陰茎などの生殖器の疾患が対象です。さらに、副腎の外科を行っています。青壮年から高齢者では、不妊症、精巣腫瘍、尿路結石、膀胱癌、腎癌、前立腺癌、前立腺肥大症、尿路感染症、神経因性膀胱障害、過活動膀胱、尿失禁、性行為感染症、ED(性機能障害)、男性更年期障害、副腎腫瘍などが対象疾患です。

診療の特色

泌尿生殖器系悪性腫瘍

 宮城県内では仙台市を含めて血液検査(PSA)を用いた前立腺癌検診を広く実施し、前立腺癌の早期発見に努めています。限局性前立腺癌に対しては関連施設とも連携して、手術療法、放射線療法、高密度焦点式超音波治療(HIFU)、など多くの治療オプションを用意しています。2012年にロボット支援腹腔鏡下前立腺全摘術が保険適応となりました。現在、手術療法のほとんどがロボット支援下に行われています(図1)。また神経温存手術を重視して性機能を含めた術後のQOL改善に努めています。放射線療法では、強度変調放射線療法(IMRT)や密封小線源療法(ブラキセラピー)など副作用の少ない最新の治療法を提供しています。前立腺癌には、内分泌療法がよく奏功しますが、内分泌抵抗性となった患者さんには新規の抗癌剤を使い、成果をあげています。

 腎癌、腎盂尿管癌も多くの症例で腹腔鏡手術が行われ、患者さんに侵襲の少ない治療を目指しています。2016年4月よりロボット支援下腎部分切除術が保険適応となり、小さな腎癌の手術はほとんどロボット支援下に行っています。いずれも術後約1週間前後で退院できるのが特徴で、患者さんの早期社会復帰に役立っています。

 精巣腫瘍は抗癌剤の効果が期待される癌であり、たとえ転移があっても、その80%の患者さんは完治されます。それでも難治性の場合には新規抗癌剤を積極的に導入に優れた治療成績成績を上げています。「精巣腫瘍に対する腹腔鏡下後腹膜リンパ節郭清術」は高度先進医療に指定されています。射精神経を温存して妊孕性と性のQOLを重視する手術を行っています。

 膀胱癌は抗癌剤がよく奏功する癌であり、浸潤癌でも膀胱温存ができる可能性があります。手術の対象とならないリンパ節転移を認める患者さんには抗癌剤の治療と放射線照射を併用し60%以上の5年生存率を得ています。また、筋層浸潤性膀胱癌にもロボット支援手術を導入して手術の低侵襲化をはかっています。自然排尿型代用膀胱、回腸導管、尿管皮膚瘻、など患者さんの生活スタイルとニーズにあった尿路再建を行っています。


図1 ロボット支援腹腔鏡下前立腺全摘術

副腎腫瘍

 副腎の手術はほとんど腹腔鏡手術で行い、国内最多の年間手術件数を誇ります。原発性アルドステロン症(PA)は腹腔鏡手術によって治療できる副腎疾患で、内分泌内科、放射線科、病理診断部との連携のもとに診療拠点を形成しています。CT検査でも見つからない微小腺腫も多数治療しており、原発性アルドステロン症の手術件数は世界トップクラスです。

男性重症尿失禁

 前立腺癌や前立腺肥大症の手術、外傷などにより重度の尿失禁がおこることがあります。このような場合の唯一の根治療方法が人工尿道括約筋埋め込み手術です(図2)。術後の患者さんのQOLは劇的に改善されます。手術件数は国内トップクラスです。


図2 重症尿失禁に対する人工尿道括約筋植え込み手術

排尿障害

 神経因性膀胱の患者さんには原因の究明をはかることにより適切な薬剤治療及び排尿管理を行っています。また、重症の萎縮膀胱の患者さんには腸管を用いた膀胱拡大術も行っています。東北大独自で開発した仙骨表面電気刺激療法は、難治性の過活動膀胱、夜尿症などに大きな効果を上げています。原因不明の難病である間質性膀胱炎の治療法開発のための臨床研究を実施しています。前立腺肥大症の多くはα遮断剤による薬物療法が行われています。無効の場合も経尿道的前立腺切除術やレーザー手術などできるだけ患者さんの負担が少ない手術法を選択しています。

尿路結石

 腎盂、尿管、膀胱の結石に対しては、体にまったく傷をつけず、体外より衝撃波(ESWL)にて破砕する方法が主流です。体外衝撃波治療が困難な場合でも、すべて経皮的または経尿道的な内視鏡的治療を行い、患者さんへの負担を少なくしています。

男性不妊症、男性機能障害

 男性不妊症に対しては産婦人科と連携して最新の補助生殖医療の一翼を担っています。精索静脈瘤や閉塞性無精子症などに対しては顕微鏡下の手術を積極的に行い、良好な成績を上げています。中高年以降の男性では、男性更年期障害が注目されています。性機能障害EDの治療も含めて、総合的な治療を行っています。

小児泌尿器疾患

 宮城県立こども病院泌尿器科と密接な連携のもとに診療にあたっています。精巣が陰嚢内に下がりきらない停留精巣がしばしばみられ鼠径部にも触れない場合は腹腔内精巣の可能性があり、必要に応じて腹腔鏡検査を行っております。

主な手術件数

(2015年)

ロボット支援下前立腺全摘術 84人
TURBT(経尿道的膀胱腫瘍切除術) 59人
腹腔鏡下副腎摘除術 39人
TUL 39人
腹腔鏡下腎摘術(腎尿管含む) 25人
開放腎摘術(腎尿管含む) 15人
小線源療法 15人
高位精巣摘除術 13人
腹腔鏡下腎部分切除術 12人
開放腎部分切除術 6人
膀胱全摘術 9人
腹腔鏡下腎盂形成術 4人
ロボット支援下腎部分切除術 1人
顕微鏡下精索静脈瘤根治術 5人
PNL 4人
腹腔鏡下後腹膜リンパ節郭清術 4人
開放後腹膜リンパ節郭清術 1人
人工尿道括約筋埋め込み術 5人
内尿道切開術 5人
膀胱水圧拡張術 4人

診療科より皆さまへ

診療科の「独自Webサイト」を参照してください。