東北大学病院

English

文字サイズ

カラー設定

診療受付:8:30-11:00 再診受付機 8:00-11:00

休診日:土・日・祝・年末年始12/29-1/3

診療時間:平日 8:30-17:15

お問い合わせ:022-717-7000 [ 時間外・休診日 022-717-7024 ]

当院からのお知らせ

【プレスリリース】世界初の体外診断用医薬品の開発成功につながるチオプリン製剤の重篤な副作用を予測する日本人に最も適切な遺伝的マーカーを同定

2018-06-29

【発表のポイント】

  • 東北大学病院 消化器内科 角田洋一助教らの研究グループは、炎症性腸疾患、白血病、リウマチ性疾患、臓器移植後の治療におけるチオプリン製剤の重篤な副作用を予測する、日本人に最も適切な遺伝的マーカーを探索するため、全国32施設による多施設共同研究にて収集された2,630人の炎症性腸疾患の患者DNAを解析し、NUDT15(Nudix Hydrolase 15)遺伝子のコドン139が最も適切な遺伝的マーカーであることを示した。
  • 本成果は、科学雑誌『Journal of Gastroenterology』に掲載されるのに先立ち、オンライン版(6月19日)に公開された。
  • NUDT15遺伝子のコドン139の遺伝子多型を検出するキット(製品名:MEBRIGHT NUDT15 キット)を株式会社医学生物学研究所と共同開発し、世界で初めて体外診断用医薬品として製造販売承認(平成30年4月6日)を取得した。本キットの発売は平成30年7月2日を予定。
  • 本研究は国立研究開発法人 日本医療研究開発機構(AMED)のゲノム創薬基盤推進研究事業「チオプリン不耐例を判別するNUDT15 R139C遺伝子多型検査キットの開発を軸とした炎症性腸疾患におけるゲノム実用化フレームワークの確立」(以下、本研究課題)において行われた。

 

プレスリリース資料(PDF)

 

【お問い合わせ先】

(研究・治験に関すること)

東北大学病院 消化器内科

助教 角田 洋一(かくた よういち)
電話番号:022-717-7171
E-mail:ykakuta*med.tohoku.ac.jp

 

株式会社医学生物学研究所 

研究開発本部 遺伝子試薬開発ユニット

ユニット長 阿部 由紀子(あべ ゆきこ)

電話番号:024-537-2350

Eメール:abe.yukiko*mbl.co.jp

 

(報道に関すること)
東北大学病院 広報室

電話番号:022-717-7149

FAX番号:022-717-8931

Eメール:pr*hosp.tohoku.ac.jp

 

株式会社医学生物学研究所 

総務部 本社総務グループ 

グループリーダー 東 成見(あずま まさちか)

電話番号:052-238-1901

Eメール:kouhou*mbl.co.jp

 

(AMED事業に関すること)

日本医療研究開発機構

基盤研究事業部 バイオバンク課

〒100-0004 東京都千代田区大手町1-7-1

電話番号:03-6870-2228

Eメール:genomic-medicine*amed.go.jp

※*を@に変えてください。

カテゴリー

アーカイブ