次世代放射線治療装置 エレクタユニティMRリニアックシステム

次世代放射線治療装置

エレクタユニティ
MRリニアックシステム

202110 稼働予定

About

Elekta Unity(エレクタユニティ)は、高磁場MRIとリニアックを融合した
高精度放射線治療システムです

東北大学病院は、従来よりも高精度にがん放射線治療が可能なエレクタユニティ MRリニアックシステムを導入します。
エレクタユニティは、高磁場MRIとリニアックを融合した高精度放射線治療です。治療直前に取得したMRI画像から腫瘍の形状、大きさ、位置をリアルタイムで取得し、従来よりもピンポイントで照射することで周辺組織への影響を最小限に抑えることが可能となります。エレクタユニティの導入により、がん患者さん一人ひとりに合わせたより安全でより高度な医療を提供して参ります。
治療開始は2021年10月頃を予定しています。

リニアック=直線加速器のことで、放射線治療用の X 線や電子線を発生させる最も一般的な放射線治療装置。頭から四肢まで、全身のあらゆる領域の病変の治療が可能な汎用機です。

Message

世界でも数少ない
「次世代放射線治療装置」の導入で
東北のがん治療の可能性が
大きく広がります

東北大学病院 放射線治療科長 神宮啓一

高精度適応放射線治療センター長

この度東北大学病院では次世代がん放射線治療装置MRIリニアック(エレクタユニティ)を導入することとなりました。これにつきまして高精度適応放射線治療センター長からご挨拶申し上げます。
本装置は高磁場のMRI装置とX線発生装置である直線加速器が一体となった画期的ながん治療装置となります。放射線治療において最も重要なことの一つに放射線治療位置の再現性というものがあります。狙った位置から腫瘍の位置がずれているようなことがあってはせっかく治るものも治らないことが起こりえます。従来のリニアックでは透視やCTによる位置合わせしかできなかったために腫瘍を明瞭に描出することができずに骨や明瞭に分かる構造を目印として位置合わせを行ってきました。そのため多少のずれが生じても放射線が当たらないということがないように、5mmから2cm程度の余裕を以て放射線の当てる範囲を設定していました。しかし、このエレクタユニティでは1.5T(テスラ)のMRIにより治療直前、治療中のリアルタイムの明瞭な画像が描出でき、またこれに合わせた毎回の放射線治療計画を実施するため(これを適応放射線治療といいます)、位置のずれを見込む必要がほとんどなくなり、本当に腫瘍に集中した放射線を設定することが可能となります。これにより腫瘍の周囲に存在する正常組織の被曝を極限まで低くできることから、より高線量の放射線治療を行うことができるようになります。
まだ世界でも数少ないこの次世代のがん放射線治療装置を東北大学病院に導入できることは、宮城県あるいは東北のがん治療が大きく変える可能性を秘める画期的な出来事であり、大変な喜びです。この治療方法にご興味のある方はご相談ください。

FAQ

エレクタユニティでの治療に関する
よくあるご質問

Q.対象疾患や年齢に制限はありますか?

A.制限は特にありません。放射線治療を受ける全てのがんを対象としており、根治的な治療から緩和的な治療まで幅広く使用できます。
ただし、MRIを用いた治療になりますので、体内に金属を埋め込む手術をしている方や閉所恐怖症の方は治療を受けることが困難な場合があります。

Q.入院は必要ですか?治療期間はどのくらいですか?

A.入院は必須ではありません。また治療期間は通常の放射線治療と同じです。
1回あたりの治療時間は50分ほどで、通院で可能な治療です。抗がん剤を併用するなど医学的理由で入院が必要な場合もあります。治療期間はがんの種類により変わりますが、通常の放射線治療よりも短期間の場合があります。

Q.費用はどのくらいかかりますか?

A.通常の放射線治療と同じとなります(2021年時点)。3割負担の方は強度変調放射線治療では1日あたり約1万円(初日は約3万円)です。定位放射線治療の場合は治療一連で約21万円です。しかしながら、患者さんそれぞれの病気の状態により料金は多少異なります。

Q.治療を受けたい場合、主治医に相談すればよいですか?

A.はい。主治医の先生に相談してください。主治医の先生より紹介状やこれまでの画像検査等を準備していただき、東北大学病院放射線治療科を受診していただく流れになります。

Q.合併症があっても治療できますか?

A.合併症があっても治療を受けることができます。MRIを用いた治療になりますので、MRIに非対応の金造を体内に埋め込む治療を受けている方は治療を受けられない場合があります。また、閉所恐怖症の方は治療を受けるのが難しい場合があります。詳しくは放射線治療科にお問い合わせください。

For medical
personnel

医療機関の方へ

患者さんの紹介について

お電話でご希望の診療科をお知らせください。 その場で予約日時をお返事いたします。

フリーダイヤル[医療機関専用]:
0120-201273

救急患者さんにつきましては、該当診療科または地域医療連携センター(022-717-7131)にお問合せください。

診療予約受付の流れ

1.フリーダイヤルにて予約日時を決定します。

診療曜日・外来担当医

2.決定後、地域医療連携センターに「診療予約申込書」をFAXします。

地域医療連携センターFAX:
022-717-7132
予約フォーマット集 /
地域医療連携センター

3.地域医療連携センターより「診療予約票」を折返しFAXします。

診療曜日・外来担当医

4.患者さんへ「診療予約票」と「紹介状」をお渡しください。

予約当日は診療予約票、紹介状(診療情報提供書)、健康保険証各種受給者証(お持ちの方)、各種検査結果(CD-R、DVD等)、お薬手帳、診察券(当院の診察券をお持ちの方)を持参するようお伝えください。

診療予約受付時間

平日 8:30~17:00
(土曜・日曜・祝日・年末年始12月29日~1月3日を除く)

  • 翌日分の予約については、前日の14時までにお願いいたします。
  • 予約受付時間外については、翌診療日の対応とさせていただきます。

診療予約のご利用について

  • 診療予約受付は、紹介元医療機関からお申込みいただいた場合に限ります。患者さんご本人やご家族からの直接のお申込みでは受付しておりません。
  • 予約枠に制限があり、ご希望に添えない場合があります。あらかじめご了承願います。
  • 再診予約及び救急や入院を要する患者さんにつきましては、この申込書を使用せず、直接診療科にお問い合わせください。
  • セカンドオピニオン、がんゲノム検査の予約につきましては、別途お申込みが必要となります。
    セカンドピニオンにはこちら /
    がんゲノム検査はこちら

Contact

エレクタユニティでの治療に関するご相談は、以下までお問い合わせください

東北大学病院 放射線治療科:TEL 022-717-7732