東北大学病院

English

文字サイズ

カラー設定

診療受付:8:30-11:00 再診受付機 8:00-11:00

休診日:土・日・祝・年末年始12/29-1/3

診療時間:平日 8:30-17:15

お問い合わせ:022-717-7000 [ 時間外・休診日 022-717-7024 ]

当院からのお知らせ

当院で発生した作業療法室職員における感染性胃腸炎について

2015-06-05

平成27年6月2日より、当院の作業療法室のスタッフ内で感染性胃腸炎が疑われる嘔吐下痢症の発生が複数報告されたため、感染対策を強化しております。6月5日9時現在、患者様の発症はありません。

この感染性胃腸炎では、感染者と接触し感染した場合、1~2日後に嘔吐や下痢などの症状が発生します。特別な検査や治療はありませんが、通常重症化することなく、1~2日で自然に治癒します。

 

当院では、6月4日より、感染拡大防止のため作業療法室を閉鎖しております。なお、6月2日、3日に作業療法を受診した患者様には直接ご連絡を差し上げておりますので、その他の皆様につきましてはご心配ございません。

 

現在の状況と対策について、以下にご報告いたします。

 

1.発症者の状況

6月4日、8:15に作業療法室から感染管理室に、職員の感染性胃腸炎発生の報告がありました。現時点で6名の作業療法室職員が発症しております。

報告を受け、ただちに感染管理室職員が作業療法室へ出向し、過去数日間の勤務状況と健康状態について確認いたしました。

最初に発症した職員の状況から、6月2日と6月3日に作業療法を実施した患者様には感染の可能性が否定できないと考えられたため、該当する入院患者様71名、外来患者様11名の健康確認に着手しました。

10:30に仙台市保健所青葉支所へ状況を報告しました。

 

2.現在実施している対策

①      6月4日より作業療法を全て休止しております。

②      6月2日と6月3日に発症職員が担当した患者様の健康状況を確認しております。

③      流水と石けんによる手指衛生、作業療法室の環境および物品の消毒などの感染対策のさらなる徹底を行っております。

④      作業療法に関わる全職員の体調観察を強化しています。

 

感染性胃腸炎の一般的な潜伏期間(感染してから発症するまでの期間)を想定し、発症職員が担当した患者様の体調に関して、6月5日まで観察を強化いたします。

 

仙台市保健所青葉支所と情報を共有し、指導をいただきながら対応を進めております。

今後も安全な医療を提供できるように感染対策の強化を図ってまいります。

 

当院では、6月4日より、感染拡大防止のため作業療法室を閉鎖しております。なお、6月2日、3日に作業療法を受診した患者様には直接ご連絡を差し上げております。当院を受診された患者様で万一お体に不安を感じる場合には、臨時的に下記お問い合わせ窓口を設けております。

 

【本件に関するお問い合わせ】

東北大学病院 肢体不自由リハビリテーション科

てんかん科

内部障害リハビリテーション科

高次脳機能障害科

電話番号:

外来受付 022-717-7751(平日8:30〜17:15)

病棟受付 022-717-7672(時間外・休診日)

カテゴリー

アーカイブ