東北大学病院 卒後研修センター東北大学病院 卒後研修センター

現行制度:後期研修(専門研修)

各診療科研修

Each department of clinical training

後期研修要項 内科系腫瘍専門医

概要

内科学会認定医、癌薬物療法専門医(日本臨床腫瘍学会)、がん治療認定医(癌治療学会・臨床腫瘍学会・癌学会)の取得を目標とし、血液・免疫内科、呼吸器内科、腫瘍内科をローテート することにより、より多様な腫瘍性疾患の臨床修練を行う。

  1. 初年度、血液・免疫内科、呼吸器内科、腫瘍内科の3科ローテートで4ヶ月を各科で研修(各期間は希望により変更可能)。
  2. ローテート終了後は各診療科の後期研修に準じる。
各科共通の研修内容
  1. 抗癌剤、免疫抑制剤 と使用法の特徴、効果、副作用等に関する知識
  2. 白血球減少(好中球減少時)・免疫不全の感染予防および抗生物質の使用法
  3. 癌化学療法の計画・指示・施行とよくある問題点の解決
  4. 臨床試験の実践
  5. 癌治療における緊急処置
  6. 輸血療法
  7. 癌の疼痛コントロール
  8. 地域医療、在宅医療との連携
  9. 癌患者の心理的、精神的ケア
各科独自の研修内容
血液・免疫内科
  1. 造血器腫瘍の標準的治療
  2. 造血器腫瘍診断法の習得 (染色体・遺伝子検査、フローサイトメトリーによる表面抗原検査の判読、スメア標本の作製・染色と顕微鏡での形態学的診断)
  3. 幹細胞採取の実際
  4. 造血幹細胞移植の管理(2004年実績:18件 自家幹細胞移植 7件、同種幹細胞移植 11件)
  5. 手技:骨髄穿刺および骨髄生検。腰椎穿刺および髄注
呼吸器内科
  1. 肺癌、縦隔腫瘍、癌性胸膜炎の診断と治療
  2. 手技:胸膜生検、胸腔穿刺、胸膜癒着術、エコーガイド下腫瘍生検等
  3. 特殊検査:気管支鏡検査の前処置、挿入、観察、擦過細胞診・生検、止血処置等
腫瘍内科
  1. 消化器癌、乳癌、胚細胞癌、軟部組織腫瘍、悪性リンパ腫、原発不明癌などの診断と治療
  2. 手技:腹腔穿刺、胸腔穿刺、胸膜癒着術。胃ろう造設術、埋め込み型カテーテル造設術
  3. 検査:腹部超音波検査、上部、下部消化管透視。上部、下部消化管内視鏡検査の前処置、挿入、観察、生検、止血処置等

PageTop