東北大学病院 卒後研修センター東北大学病院 卒後研修センター

センター紹介

センター長のあいさつ

From the Director

東北大学病院における卒後臨床研修

東北大学病院 卒後研修センター長 中澤 徹

大学病院だからこそできる研修スタイルで、一生もののスキルと人脈を。
東北大学病院の研修を、私は、自信を持っておすすめします。

東北大学病院 卒後研修センター長

中澤 徹

みなさん、こんにちは。

卒後研修センター長の中澤 徹(専門は眼科)です。
2017年4月から八重樫病院長の指名により着任しました。長年の研鑽を積み、ついに医師として歩みだす若手医師のみなさんに東北大学病院を卒後臨床研修先に選んでもらい、今後の長い医師人生として大切なこの時期の研修がより充実したものになるよう私達は最大限にサポートします。

東北大学病院の初期研修プログラムの特徴は以下の通りです。

  • 最先端の医療や珍しい症例を目の前で多数経験できる。
  • 論理的な考え方を身につけ基礎力・応用力を養い、専門性の高い先生と直接議論できる。
  • プライマリ・ケアから高度な救急研修まで広く経験できる。
  • 他科の優秀な先生と生涯に通じる人脈を作れる。
  • すべての大学出身者の方にオープンな研修の機会を提供している。

これらは他の研修先では経験できない専門性の高い東北大学病院ならではの特徴です。目先の給与などに翻弄されず、是非そのプライスレスな利点を積極的に取り込んでいただきたいと思います。

内科・外科など広く症例を経験したい方は:大学病院を足場に人気の中核病院へ

初期研修ではプライマリ・ケアの習得も重要です。その際に有用なのは、連携病院研修も含め好きなように組むことができる自由度の高い研修プログラムです。東北大学では、中核病院とのたすき掛けで大学病院と中核病院の両者のいいとこ取りが出来ます。他の施設では連携先は限られていますが、大学病院ではほぼすべての連携病院を選択できます(※注 希望先が同時期に集中した場合には調整を要します)。これは、プライマリ・ケアの実践、給与などの点において大きなメリットです。是非活用して頂きたいシステムです。マッチングが難しい人気の研修先ともたすき掛けが可能ですので、大学病院に足場を置きながら、プライマリ・ケアの経験値向上にも役立ちます。

マイナー科志望者の方には:大学中心で選び早くから専門性の高いエキスパート研修を

さて、もう一点強調したいことがあります。それはマイナー科の研修としても大変充実している点です。地方の病院では医師不足もあり、マイナー科の研修を十分に受けづらいのが現状です。東北大学病院では国内でもトップクラスの臨床力を有した診療科があり、有意義なマイナー科の研修が可能です。また、特定の診療科に進みたいと強く決意を持たれた方は、よりメリットがあります。2年間の研修中に最長11ヶ月も特定の選択した診療科で研修することが可能であり、早い時期から多くの手技や知識を学び、後期研修では各科の即戦力として、充実した仕事のスタートを早く切ることが出来ます。残りの必須研修もたすき掛けや、定評のある救急研修のおかげで、短期間に効率的に初期研修をすることが出来ます。将来希望の診療科を既に決めている方にも、まずはしっかりとした基礎力を養いたい方にも、東北大学での研修を自信を持ってお勧めします。

恵まれた環境で、医師としての第一歩を

当院では、皆さんの宿舎として徒歩5分にある星陵レジデンスも用意しおりますし、本番さながらの手術が体験できる先端医療技術手術トレーニングセンター、スキルスラボなどの周辺環境も充実しています。また、アカデミックな全科にわたる症例検討会も開催され気軽に参加することができます。さらに、楽しい懇親の場や全額サポートの海外研修もあります。研修医の先生方の満足度は大変高く、充実した研修生活を送っています。興味を持っていただけたら、交通費のサポート制度もありますので、是非早い時期から積極的に見学にいらしてください。心より歓迎いたします。
医師としての第一歩である初期臨床研修を、世界に誇る東北大学病院で一緒に歩みだせることを期待しています。

PageTop