平成27年度 東北大学病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 1,290 734 943 1,424 1,758 2,453 4,220 3,896 1,652 120
当院は特定機能病院、臨床研究中核病院として、高度・最先端の医療を幅広い年代の患者さんに提供しています。
年齢区分で60代以上が入院患者の約半数を占めていますが、高齢になるほど入院の必要性が高くなるためです。
また、0~10代の小児については、低出生体重児等、周産期新生児患者を多く受け入れており比較的高い数値となっています。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
循環器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050070xx01x0xx 頻脈性不整脈 経皮的カテーテル心筋焼灼術 手術・処置等2 なし 196 9.01 5.68 0.01 57.58
04026xxx9910xx 肺高血圧性疾患 手術なし 手術・処置等1 あり 手術・処置等2 なし 111 5.16 5.86 0.01 59.14
050050xx99200x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等1 2あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 111 4.58 3.22 0.00 66.90
当院循環器内科の特徴は、虚血性心疾患、不整脈疾患に加え、心臓および肺移植認定施設であり、肺高血圧症例の紹介数が多いのが特徴の一つです。虚血性心疾患に関しては、狭心症および急性心筋梗塞と全ての冠動脈疾患患者に対する診断およびカテーテル治療を行っております。不整脈疾患に関しては、加齢に伴う一般的な疾患である心房細動に対するカテーテルアブレーションの件数増加が顕著です。頻脈性不整脈のカテーテル治療のうち5割以上をしめており、今後も増加が予想されています。肺高血圧疾患に関しては、診断・および薬物療法が主体となりますが、慢性肺動脈血栓塞栓症に起因する肺呼血圧症に対しては、閉塞した肺動脈へのカテーテル治療が有効であり、現在、積極的にカテーテル治療を行い、その件数も増加傾向にあります。
感染症内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
130100xxxxx4xx 播種性血管内凝固症候群 手術・処置等2 4あり 4 20.00 30.66 0.00 53.25
180030xxxxxxxx その他の感染症(真菌を除く。) 3 14.00 12.55 0.00 37.67
030245xxxxxxxx 伝染性単核球症 2 7.50 7.89 0.00 17.00
総合感染症科では、後天性免疫不全症候群を含む各種感染症やそれに伴う合併症の診療を、関係する各科と協力して行っています。感染臓器がはっきりしている場合や集中治療を要する重症例の場合は、それぞれの専門科との併診の形で専門性の高い診療を提供しています。そのため当科が主治医となっての入院数は多くありません。
腎臓・内分泌科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
100180xx99100x 副腎皮質機能亢進症、非機能性副腎皮質腫瘍 手術なし 手術・処置等1 あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 64 9.72 4.70 0.00 50.84
110280xx99000x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 35 15.43 13.64 0.00 57.80
110280xx991x0x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1 あり 定義副傷病 なし 23 9.26 7.47 0.00 47.09
当科の症例では、副腎腫瘍で副腎静脈サンプリングを実施した患者さんが単独では最多です。放射線診断科の優れたカテーテル技術と、得られた検査結果の的確な解釈によって、丁寧で確実な診断を行い、外科治療を要する場合は泌尿器科との連携を緊密に行います。これらの診断と治療計画の策定には定評があり二次性高血圧、内分泌疾患は症例の集約と追跡の体制が整備され、二次医療圏の外からも精査を求めて紹介患者さんが訪れます。腎臓疾患では臨床診断や過去に行われた腎生検診断にもとづいて薬物療法をうけた腎臓病患者さまが多いです。腎生検を実施して同時に治療、および人工腎臓実施患者さまが同数となっています。人工腎臓実施患者さまは新規導入期の慢性腎不全ですが、原因となる腎臓病患者の集団には大学病院の特徴といえる全身疾患に関連した二次性腎臓病が多いことで病態が複雑、あるいは若年者が含まれることが特徴です。
血液内科・リウマチ科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
070560xx99x0xx 全身性臓器障害を伴う自己免疫性疾患 手術なし 手術・処置等2 なし 67 33.39 18.15 0.04 47.34
130030xx99x40x 非ホジキンリンパ腫 手術なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし 42 18.10 17.69 0.00 61.19
130010xx97x2xx 急性白血病 手術あり 手術・処置等2 2あり 28 73.86 43.59 0.00 45.71
当科では自己免疫疾患である膠原病と血液悪性疾患である、悪性リンパ腫、白血病の診療を主に行っています。免疫グループでは、全身性エリテマトーデス、血管炎症候群、炎症性筋疾患などの自己免疫疾患では、初発、再発例共に初期治療として大量のステロイド投与を要します。その間、感染症、糖尿病などの副作用を合併することがあり、原疾患のコントロールに加えてそれら副作用のモニタリングも要します。外来フォロー可能な量までのステロイド減量が入院期間として必要です。血液グループでは造血器腫瘍である悪性リンパ腫や急性白血病の化学療法を目的として入院される患者さんが中心になります。悪性リンパ腫のうち約9割は非ホジキンリンパ腫であり、非ホジキンリンパ腫に対する初回治療は入院で行い、2回目以降は外来にて治療を継続しております。急性白血病は基本的には入院治療を行い、リスクに応じて造血幹細胞移植を行っております。
糖尿病代謝内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
100070xxxxxxxx 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。) 161 22.03 15.35 0.00 58.33
100060xxxxxxxx 1型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。) 59 16.71 14.30 0.00 45.42
100120xxxxxxxx 肥満症 21 30.90 20.84 0.00 36.38
糖尿病代謝内科で多いのは2型糖尿病、1型糖尿病の血糖コントロール目的の入院です。血糖コントロール不良の場合に治療法を見直したり、糖尿病合併症を治療するための治療入院、高血糖昏睡、低血糖昏睡、重症感染症、心筋梗塞、脳卒中などのため急な入院治療が必要になる場合の緊急入院、、合併症の精密検査を集中して行う検査入院、食事療法、運動療法や薬物療法についての知識や実践方法などの指導を行う教育入院に対応しています。さらに、他診療科で手術や化学療法を施行する前に入院にて血糖コントロールを行う場合もあります。
次に多いのは体重減量目的の入院です。減量によって、糖尿病、高血圧症、高脂血症、高尿酸血症、肥満関連腎臓病、睡眠時無呼吸症候群、脂肪肝、変形性関節症などの運動器疾患、月経異常などの婦人科疾患を含む様々な疾患の改善や、心筋梗塞、脳梗塞などの予防が期待できる場合があります。入院期間に大幅な減量を行うことは難しい場合が多いですが、退院後に外来で継続的に行う減量に備えて、食事療法や運動療法を身につけるための入院です。患者さんに減量手術の希望がある場合にはその手術に備えて胃腸外科と連携して術前減量を行う場合もあります。
消化器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060020xx04x0xx 胃の悪性腫瘍 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術 手術・処置等2 なし 117 13.79 9.20 0.00 72.60
060100xx03xx0x 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 内視鏡的消化管止血術等 定義副傷病 なし 80 6.04 2.76 0.00 65.59
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 73 17.75 10.93 0.01 66.93
消化器内科で最も多く診療しているのは、早期胃がんや大腸ポリープです。早期胃がんや大腸ポリープは内視鏡(胃カメラや大腸内視鏡)を用いて内視鏡手術(内視鏡的切除)を行います。早期胃がんの場合は内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)が多く、大腸ポリープではポリペクトミーまたはESDを行います。
早期胃がんや大腸ポリープに続いて多い疾患は、胆管結石や胆管炎です。胆道結石は高齢者に多く、増加している疾患です。総胆管内に結石がある場合を総胆管結石と呼びますが、内視鏡を用いて治療を行います。その他、胆管結石や胆管狭窄が原因で発症する胆管炎に対し内視鏡を用いてドレナージを行います。
消化器内科はこのように内視鏡を用いた治療を中心として行っていますが、炎症性腸疾患(IBD:潰瘍性大腸炎やクローン病など)、ウイルス性肝炎や肝がんなどの肝疾患、急性膵炎・慢性膵炎などの膵疾患に対してもセンター施設として機能しています。
老年内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
01021xxxxx1x0x 認知症 手術・処置等1 あり 定義副傷病 なし 81 17.06 18.71 0.01 77.05
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 9 40.22 21.69 0.00 83.89
01021xxxxx0x0x 認知症 手術・処置等1 なし 定義副傷病 なし 8 25.25 13.61 0.01 78.50
老年科では認知症の患者さんが最も多くなっています。その背景には、わが国の認知症の方は2012年時点で462万人、2025年には700万人に急増するという現実があります。社会問題化しているこの状況に対しまして、当科では「物忘れ外来」を週2回実施しています。認知症といっても様々な種類があり、その診断は簡単なものではありません。当科では、臨床心理士による心理検査、最先端の画像診断機器、バイオマーカーなどを駆使し、経験豊富な認知症専門医が的確な診断をいたします。また、認知症の方の多くは高齢者であり、多くの疾患を抱えています(多病といいます)。このため、単に認知症の診療をするだけではなく、高齢者を総合的に評価して(高齢者総合機能評価:CGA)、質の高い生活ができるよう、老年医学的な観点から援助いたします。認知症の方を介護する家族の方の負担も考えながら、”治す”医療ではなく、”治し支える”医療を実践してゆきます。
心療内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060130xx99000x 食道、胃、十二指腸、他腸の炎症(その他良性疾患) 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 23 28.35 7.38 0.01 50.22
100270xxxxx0xx 間脳下垂体疾患(その他) 手術・処置等2 なし 22 54.14 28.78 0.00 25.50
170040xxxxxxxx 気分[感情]障害 7 27.29 21.79 0.00 49.86
 心療内科はストレス関連疾患を中心に診療しており、それらの類似疾患も扱います。また、それらとの鑑別が必要な疾患も診療します。ストレス関連疾患の中でも機能性消化管障害と摂食障害は代表的な心療内科疾患です。それらが上位2つの指標に挙げられています。機能性消化管障害は過敏性腸症候群、機能性ディスペプシア、機能性食道障害、機能性便秘、機能性下痢、非特異機能性腸障害、中枢性腹痛症候群、慢性悪心嘔吐症候群などが代表的疾患ですが、関連・類似病態には消化管運動異常症として慢性便秘、慢性特発性偽性腸閉塞症、ガストロパレシス、食道アカラシアがあり、それらを包含した診療を実施しています。
ストレス関連疾患は機能性消化管障害のように身体諸臓器の障害として発現するだけでなく、気分障害、行動障害としても発現して来ます。これらはしばしば内科疾患が並存するか鑑別診断が必要になりますので心療内科の範疇です。また、当院の摂食障害は間脳下垂体疾患でもあると同時に救命上中心静脈栄養が必要になる場合も少なくなく、これらが3番目の指標になっています。
呼吸器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030250xx991xxx 睡眠時無呼吸 手術なし 手術・処置等1 あり 195 2.00 2.07 0.00 56.32
040040xx9904xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 4あり 175 14.77 13.38 0.00 65.02
040040xx99100x 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1 あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 102 3.85 3.29 0.00 66.31
呼吸器内科では、いびきや日中の眠気を訴える方に、専門医の診察とともに質問票や簡易検査でスクリーニングし、疑わしい患者さんに終夜睡眠ポリグラフ検査(1泊2日の入院)を行うことで睡眠時無呼吸症候群の診断をしています。中等症以上で治療が必要な場合には、在宅持続陽圧呼吸療法(CPAP)による呼吸管理療法を行っています。
また、肺の悪性腫瘍では肺癌が最も多くなっております。当科では手術不適応の方に対して、化学療法・放射線療法・緩和療法を組み合わせながら集学的に治療しています。肺癌の治療症状にあまり悩まされずになるべく日常生活が送れるように、副作用を軽くし、入院期間も短くなるように配慮しています。最新の遺伝子診断によって特定の遺伝子異常を有する肺癌には分子標的薬を用いた個別化治療も積極的に取り入れています。
腫瘍内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060010xx99x40x 食道の悪性腫瘍(頸部を含む。) 手術なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし 135 7.93 9.95 0.01 66.01
060020xx99x30x 胃の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 3あり 定義副傷病 なし 70 4.64 6.67 0.01 56.57
03001xxx99x4xx 頭頸部悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 4あり 70 5.03 14.34 0.00 50.36
腫瘍内科への入院の多くは、化学療法の実施を目的としたものです。化学療法の実施場所は、外来が主となっておりますが、治療レジメンにより、入院加療を要するものがあり、その治療の対象となる疾患が上位を占めます。入院を要する理由は①抗がん剤の持続静脈内投与を要する(投与時間が長い)、②大量の補液を必要とする白金製剤を用いる、③有害事象が強く状態の観察を要する、などがあげられます。腫瘍内科の入院で、最も多い食道の悪性腫瘍に対する治療は、①、②に該当します。つづいて多い胃の悪性腫瘍は②に該当します。、頭頸部悪性腫瘍は①、②に該当します。有害事象に対する支持療法をしっかり行い、全国平均よりも短期の入院期間とし、より多くの患者さんが計画的な、かつ安全な入院治療を繰り返して行えるよう努めております。
肝臓・胆のう・膵臓外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
06007xxx97x00x 膵臓、脾臓の腫瘍 その他の手術あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 54 15.61 15.28 0.02 66.22
06007xxx0101xx 膵臓、脾臓の腫瘍 膵頭部腫瘍切除術 血行再建を伴う腫瘍切除術の場合等 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 1あり 40 37.05 34.21 0.01 67.25
060060xx97100x 胆嚢、肝外胆管の悪性腫瘍 その他の手術あり 手術・処置等1 あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 36 24.06 16.74 0.00 66.08
 肝・胆のう・膵臓外科では,肝臓,胆道,膵臓の悪性腫瘍(がん)に対する外科手術を中心とした治療を主に行っております。具体的には肝臓がん,転移性肝がん,肝内および肝外胆管癌,胆のう癌,十二指腸乳頭部癌,膵臓がんなどの悪性腫瘍の他,各臓器の良性腫瘍,良性疾患に対しても手術を行っております。また,近年は癌に対する治療は手術だけでは不十分であり,抗癌剤や放射線治療と組み合わせた集学的治療を行う事で治療成績の向上に努めております。
膵臓がんの術前には内視鏡的に膵管造影を行ったり,組織の一部を採取して癌かどうかの診断を行う事が一般的となっております.このため,手術前の検査・処置目的の入院が最も多くなっております。
2番目に多いのは膵頭部にできた膵臓がんに対する手術であり,門脈や動脈と呼ばれる血管を合併切除して繋ぐという高難易度の手術です。当科では,これまでに切除が不可能とされていたような超進行癌に対しても化学療法や放射線治療を行う事で安全に,確実に切除出来る症例が増えております。
3番目は胆のう癌や胆管がんに対する手術となります.胆管がん,胆のう癌の手術には様々な手術術式があり,肝臓や膵臓とともに切除することが一般的でありますが,どのような術式を選択するかという解剖の熟知や癌の進展範囲の診断,さらには熟練した手術手技が必要とされる高度な手術です。
胃腸外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060035xx0100xx 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 結腸切除術 全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術等 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 34 17.68 17.41 0.01 69.97
060330xx02xxxx 胆嚢疾患(胆嚢結石など) 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 27 8.33 6.96 0.00 56.52
060185xx01x0xx 潰瘍性大腸炎 結腸切除術+人工肛門造設術等 手術・処置等2 なし 26 22.00 22.05 0.00 44.31
胃腸外科では胃がん,大腸がん,炎症性腸疾患の治療を主におこなっております.
1番目に多いのは大腸がんに対する手術で,近年は80%の患者さんに腹腔鏡を用いた手術が行われています.小さな傷で済む事が多く,侵襲が少なく高齢者にも安全に行う事が可能となっております.
2番目に多いのは胆嚢結石症(いわゆる胆石)に対する腹腔鏡を用いた手術です.腹腔鏡を用いた手術を多く行っている事から,院内から患者さんの紹介があつまり,症例数が多くなっています.院内からの紹介例は殆どが心臓や肺などに病気があったり,糖尿病や血液疾患などをもっていることから,術後の在院日数は少し長めになっています.もちろん合併症のない症例では術後3、4日での退院が可能です.
3番目に多いのは潰瘍性大腸炎と呼ばれる病気に対する大腸全切除です.炎症性腸疾患(潰瘍性大腸炎、クローン病)に対する手術を数多く行っている事も当科の特徴です.近年では腹腔鏡を用いた手術により小さな傷で大腸を全て切除することが可能となっています.
移植・食道・血管外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050163xx03x0xx 非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤 ステントグラフト内挿術 手術・処置等2 なし 56 14.86 13.19 0.02 77.61
060010xx99x40x 食道の悪性腫瘍(頸部を含む。) 手術なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし 56 9.84 9.95 0.00 63.36
060010xx01x0xx 食道の悪性腫瘍(頸部を含む。) 食道悪性腫瘍手術(消化管再建手術を併施するもの) 頸部、胸部、腹部の操作によるもの等 手術・処置等2 なし 43 27.14 27.54 0.00 65.42
当科では食道の悪性腫瘍の治療を多く行っています。現在、食道悪性腫瘍の治療は、手術、放射線療法、化学療法(抗癌剤)を組み合わせた集学的治療となっています。私共は食道外科として、手術を主な治療手段としていますが、術前あるいは術後に、化学療法あるいは化学放射線療法など、いくつかの補助療法を組み合わせることで治療成績の向上をはかっています。特に術前化学療法は本邦のステージ2,3の進行食道癌手術における標準治療となっており、症例数も増えてきています。1回5日間の抗癌剤点滴を2週間の間隔で2回行い、おおよそ4週後に手術を行います。
食道癌の手術は、頸部、胸部、腹部の3か所に操作が及び、消化器外科手術の中で最も手術侵襲が高い手術の一つです。そのため、術前の全身状態の改善や臓器予備能の適正な評価は非常に重要となります。手術は食道のほとんどと胃の上部約1/3を切除するとともに周囲のリンパ節を全て取り除く(郭清といいます)ことになります。その後、消化管再建を行いますが、残っている2/3の胃または大腸を用います。胃も大腸も通常は腹腔内にありますので、これらの血管を処理して頸部まで引き上げ、再建することになります。
乳腺・内分泌外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
090010xx03x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わないもの) 手術・処置等2 なし 84 13.44 6.79 0.00 60.73
100020xx01x0xx 甲状腺の悪性腫瘍 甲状腺悪性腫瘍手術 切除等 手術・処置等2 なし 43 11.28 9.55 0.00 49.47
090010xx99x2xx 乳房の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 2あり 42 32.48 30.55 0.01 60.90
当科で診断・治療の対象としているのは主に乳腺および甲状腺の疾患です。この中で悪性腫瘍の代表として、乳がんと甲状腺がんが挙げられます。なかでも女性が最も多くかかるがんが乳がんです。日本において乳がんは増加の一途をたどっています。これを受けて、入院での治療で最も多いのは、乳がんに対する手術患者さんです。当院ではリハビリテーション科と協力して、乳がん術後の上肢のリハビリが完了してから退院としていますのでやや在院日数が長めとなっていますが、手術前の入院日数もあわせて、2週間以内に退院となっています。続いて、甲状腺がんに対する手術患者さんになりますが、こちらも10日前後で退院となっています。3番目に多いのは、乳がんに対する手術以外の治療目的での入院です。乳がんに対する治療は手術以外に、抗がん剤、ホルモン剤、分子標的治療薬などを中心にした薬物療法や放射線療法があります。病気の進行度やがんの性格に応じて、これらを組み合わせて治療を行っています。
心臓血管外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050080xx01010x 弁膜症(連合弁膜症を含む。) ロス手術(自己肺動脈弁組織による大動脈基部置換術)等 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 1あり 定義副傷病 なし 38 41.18 25.69 0.02 63.03
050163xx9910xx 非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤 手術なし 手術・処置等1 1あり 手術・処置等2 なし 31 23.23 4.97 0.00 71.77
050060xx9700xx 心筋症(拡張型心筋症を含む。) 手術あり 手術・処置等1 なし、1あり 手術・処置等2 なし 23 13.74 15.30 0.00 37.04
弁膜症の手術を多く行っております。僧帽弁閉鎖不全症に対しては僧帽弁形成術を積極的に行っております。大動脈弁狭窄症に対する経カテーテル的大動脈弁置換術も行っております。大動脈疾患は高齢者が多く、冠動脈疾患や脳血管疾患などを合併することもあるため、術前に詳細な評価を行い、開胸手術や血管内治療のうち最も適した治療を患者さんに提供します。また当科は東北地方で唯一の心臓移植施設であり、そのため重症心不全に対する植込型補助人工心臓装着やその後の管理、心移植を行っております
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
070010xx010x0x 骨軟部の良性腫瘍(脊椎脊髄を除く。) 四肢・躯幹軟部腫瘍摘出術等 手術・処置等1 なし 定義副傷病 なし 53 6.11 6.14 0.00 50.74
160620xx01xxxx 肘、膝の外傷(スポーツ障害等を含む。) 腱縫合術等 48 13.00 11.98 0.00 26.71
070230xx01xxxx 膝関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 45 34.80 27.21 0.01 75.64
整形外科では高齢者にみられる骨粗鬆症、脊椎症、関節症はもちろんのこと若年者に多いスポーツ障害などにも積極的に取り組んでいます。また骨軟部悪性腫瘍についても積極的に治療しています。
形成外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
140140xxxxxxxx 口蓋・口唇先天性疾患 88 10.14 9.88 0.00 7.65
160200xx0200xx 顔面損傷(口腔、咽頭損傷を含む。) 鼻骨骨折整復固定術等 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 18 11.56 5.86 0.00 33.83
020230xx97x0xx 眼瞼下垂 手術あり 手術・処置等2 なし 13 2.85 3.54 0.00 56.85
口唇口蓋裂をはじめとする顔面先天異常に対し、歯科とも連携した集学的治療を行っている。また,先天異常のみでなく、外傷についても救急科、歯科、耳鼻科、脳外科等と連携して集学的に加療している。
先天性/加齢性を含む眼瞼下垂症に対しても、保険適応内での加療を行っている。
呼吸器外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx99100x 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1 あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 105 2.22 3.29 0.00 69.36
040040xx97x0xx 肺の悪性腫瘍 手術あり 手術・処置等2 なし 101 21.23 13.03 0.02 68.56
180041xxxxxxxx 移植臓器および組織の不全および拒絶反応 69 11.07 10.55 0.00 43.80
呼吸器外科では肺癌を中心とした肺の悪性疾患が最も多く、確定診断目的で、短期間入院による気管支鏡検査などが必要となります。肺の悪性疾患は原発性肺癌だけではなく、他臓器からの転移であることも少なくありません。これら転移性肺癌についても手術の対象になります。また、脳死肺移植実施施設に認定されているため、肺移植手術実施とともに、長期間にわたり拒絶反応や感染症に対する継続的加療が必要となります。
産婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
12002xxx99x40x 子宮頸・体部の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし 217 4.54 5.33 0.00 56.20
120010xx99x50x 卵巣・子宮附属器の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 5あり 定義副傷病 なし 109 4.13 5.17 0.02 62.17
12002xxx01x0xx 子宮頸・体部の悪性腫瘍 子宮悪性腫瘍手術等 手術・処置等2 なし 76 14.66 13.97 0.00 56.41
産婦人科では近隣病院からの紹介で数多くの子宮頸がん・子宮体がん・卵巣がんなどの患者様の治療を行っております。基本的には手術が必要となる症例が多いのですが、原発部位・腫瘍の組織型・進行期・合併症の有無などをしっかり調べて、その患者様に最も適切な治療法を提案させて頂きます。治療法は手術治療・放射線治療・抗がん剤治療を中心として、これらを組み合わせる事も多くなっています。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110080xx01x0xx 前立腺の悪性腫瘍 前立腺悪性腫瘍手術等 手術・処置等2 なし 82 14.10 14.03 0.00 65.57
110070xx02020x 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 2あり 定義副傷病 なし 43 10.49 8.02 0.00 71.00
11001xxx01x0xx 腎腫瘍 腎(尿管)悪性腫瘍手術等 手術・処置等2 なし 32 13.31 12.99 0.00 65.66
PSA({prostate specific antigen=前立腺特異抗原}の頭文字、ピーエスエーと読む)という優れた腫瘍マーカーの普及から、前立腺癌はより早期に発見される様になってきています。前立腺癌の治療を進めるには、まずPSA値、Gleason score(グリソン スコア)と呼ばれる癌の悪性度と病期(癌の体内での広がり具合)、癌の進展状況(病期)により、治療後の再発の危険度(リスク)を3段階に分け,治療方針決定の目安にします。治療方法には手術療法、放射線療法、ホルモン療法などがあります。
ついで、多い診断群は膀胱癌の症例です。膀胱癌の治療は、膀胱内にできる腫瘍で、悪性度の低い表在性膀胱癌と悪性度の高い浸潤性膀胱癌に分けられます。表在性膀胱癌は、乳頭状の発育をすることが多く、根が浅く浸潤や転移傾向が少ないため内視鏡で切除できることが多い腫瘍です。一方、浸潤性膀胱癌は膀胱の壁に深く浸潤しているもので、肺、骨、リンパ節などに転移を来すことも多あり膀胱全摘を中心とした抗癌剤投与や放射線療法などが選択されます。
3番目に多い疾患群は腎がんです。最近では、健康診断や他の病気の検査中に偶然見つかることが多くなり、腎癌の半分強は無症状で発見されます。腎癌の治療法は、切除可能な場合は手術を行います。転移性腎癌や、原発巣でも切除が難しい場合は分子標的治療や免疫療法が行われます。
詳細は当科ホームページを参照ください(http://www.uro.med.tohoku.ac.jp/patient_info/diseases.html)
神経内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010155xxxxx00x 運動ニューロン疾患等 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 51 22.18 15.23 0.01 66.94
010090xxxxx0xx 多発性硬化症 手術・処置等2 なし 44 12.02 14.83 0.00 39.39
010170xx99x10x 基底核等の変性疾患 手術なし 手術・処置等2 あり 定義副傷病 なし 41 19.39 18.04 0.01 68.32
神経内科では脳・神経・筋疾患の的確な診断を診療の大きな柱としています。その中で、運動ニューロン疾患に対しては、電気生理学的検査を中心に診断をおこない、神経栄養因子を用いた先進的治療の開発や治験に取り組んでいます。多発性硬化症については、MRIや脳脊髄液検査による診断のもと、急性期及び慢性期(再発予防)の治療をおこない治験にも積極的に取り組んでいます。パーキンソン病、多系統萎縮症、進行性核上性麻痺や大脳皮質基底核変性症といったパーキンソン病関連疾患(基底核等の変性疾患)では、MRIや心筋シンチグラム、DAT-Scan、脳血流シンチグラム等最新の検査法による診断をおこない、専門的立場で治療を導入し、パーキンソン病の治験にも取り組んでいます。
これらの疾患について宮城県内では、神経難病医療ネットワークを通じて各病院と連携して療養支援やケアを行っています。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010230xx99x20x てんかん 手術なし 手術・処置等2 2あり 定義副傷病 なし 101 10.15 14.21 0.00 25.99
010230xx99x00x てんかん 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 61 4.62 7.03 0.00 33.49
010010xx01x00x 脳腫瘍 頭蓋内腫瘍摘出術等 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 41 39.54 22.55 0.02 51.54
脳神経外科では、良性・悪性脳腫瘍、もやもや病を中心とした脳血管障害、てんかん症例を中心に診療を行っています。また、小児科との併診による小児脳腫瘍、リハビリテーション科との併診による正常圧水頭症治療も行っています。脳神経外科はてんかん科を含むため、DPCではてんかん症例に対する入院が多くなっています。てんかんに対しては薬物療法などの内科的治療が中心になりますが、難治例に対しては外科治療も実施します。
全例にビデオ脳波モニタリング検査を行っており、PET検査を行う2週間入院と行わない1週間入院の二通りあります。ビデオと脳波の同時記録中にてんかん発作を捉えることで、てんかんの正確な診断、病型分類、さらに発作焦点の局在診断を行い、外科治療の適応を検討しています。当院は厚生労働省から指定された全国に8施設あるてんかん診療拠点機関の一つです。てんかん診療に特化したてんかん科を中心として、当科、神経内科、精神科、小児科、放射線診断科、高次脳機能障害科が連携して、包括的なてんかん診療を行っています。
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
140010x199x00x 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上) 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 93 5.39 6.17 0.00 0.04
010230xx99x00x てんかん 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 72 7.36 7.03 0.01 5.46
110260xx99x0xx ネフローゼ症候群 手術なし 手術・処置等2 なし 42 6.71 23.89 0.00 10.81
小児科では早産による低出生体重児が年間合計で約150名入院します。東北大学病院は県内で最も周産期新生児医療のマン・パワーが充実しているため、治療に手のかかる成育限界期の早産を積極的に受け入れているためです。年間で約40名の超低出生体重児 (出生体重 1.0 kg未満)、約20名の極低出生体重児 (出生体重 1.0-1.5 kg)、約90名の低出生体重児 (出生体重 1.5-2.5 kg) が新生児集中治療室に入院して元気に育っています。
てんかんについて当院には小児科病棟のビデオ脳波検査室をはじめとして、てんかんの原因精査に必要な設備が整っています。北日本全体から難治てんかん症例の紹介を受けて詳細な検査と治療を行っています。
小児外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060160x102xxxx 鼠径ヘルニア(15歳未満) ヘルニア手術 鼠径ヘルニア 58 3.19 2.85 0.00 1.67
060340xx99x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 28 5.79 9.21 0.00 16.04
060300xx99x00x 肝硬変(胆汁性肝硬変を含む。) 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 28 4.18 14.14 0.00 6.82
鼠径ヘルニアは小児の外科的疾患の中で一番多い疾患で、小児外科で一番手術を行っています。
また、当科で特色のあるのは胆道閉鎖症です。当科は胆道閉鎖症の治療で先進的な役割があるため、全国から症例が集まってくる関係で、胆道閉鎖症術後の患者も多いのが特徴的です。胆道閉鎖症術後には胆管炎などの続発症を伴うことも少なくなく、また胆管炎の判断や治療は比較的難しいため、小児科など内科ではなく当科に集約されてきています。また、胆道閉鎖症は生涯にわたって経過を見る必要があり、また続発症は年齢に限らずはっせいするため平均年齢が高い傾向となっています。しかし、治療に関しては適切な治療を行えるため、在院日数が少なくなっています。
皮膚科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080005xx99x1xx 黒色腫 手術なし 手術・処置等2 あり 97 5.44 9.16 0.00 67.82
080190xxxxxxxx 脱毛症 85 4.75 3.74 0.00 37.89
080005xx01x0xx 黒色腫 皮膚悪性腫瘍切除術等 手術・処置等2 なし 42 18.60 15.91 0.00 60.60
当科では、宮城県内ならびに近隣の県内の重症もしくは難治な皮膚疾患の患者さんに対して、質の高い医療を提供しております。皮膚疾患はアトピー性皮膚炎、乾癬などの炎症性皮膚疾患、皮膚や皮下組織の感染症、自己免疫疾患、脱毛症などの付属器疾患から皮膚腫瘍まで多岐にわたりますが、入院患者さんで多い疾患は皮膚腫瘍です。良性腫瘍では、手術治療、悪性の皮膚腫瘍(皮膚がん)では、手術に加え、化学療法や放射線療法などの治療を行うことがあります。当科では、以前より、多数の悪性黒色腫の患者さんに対して手術治療と必要に応じて抗がん剤やインターフェロンの治療を行ってきましたが、近年は、以前の治療で難治であった患者さんに対して、新しい治療薬である分子標的薬や免疫チェックポイント阻害薬による治療を行っています。また、多数の難治性・進行性の円形脱毛症の患者さんに対して、ステロイドセミパルス療法での治療を行っています。
眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020110xx97xxx0 白内障、水晶体の疾患 手術あり 片眼 682 3.30 3.01 0.00 70.65
020160xx97xxx0 網膜剥離 手術あり 片眼 303 12.10 11.08 0.00 54.78
020200xx9710xx 黄斑、後極変性 手術あり 手術・処置等1 あり 手術・処置等2 なし 190 7.91 7.99 0.00 66.83
当科では難治性白内障手術症例の紹介が多く、また、網膜疾患に対する硝子体切除術や緑内障に対する流出路再建術の際に白内障手術を同時に行っている例が多い。このため白内障が1位となっております。網膜剥離は緊急を要する疾患であり、県内の他施設での実施可能件数が十分でないため、当科が集中的に手術を実施しており、このため2位となっております。加齢黄斑変性症や糖尿病黄斑浮腫に対する抗VEGF抗体療法は一般の医療機関では取り扱えない施設が多いため、当科が集中的に実施しております。
耳鼻咽喉科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
03001xxx01000x 頭頸部悪性腫瘍 頸部悪性腫瘍手術等 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 68 24.72 12.32 0.00 65.59
030240xx99xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 手術なし 42 5.90 5.53 0.00 40.69
03001xxx99x0xx 頭頸部悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 なし 33 15.55 14.16 0.01 64.70
耳鼻咽喉・頭頸部外科では頭頸部悪性腫瘍(鼻副鼻腔癌、口腔癌、咽頭癌、喉頭癌、唾液腺癌など)症例の治療を行っており、その中でも外科的手術を目的とした入院症例数が最も多くなっています。形成外科や歯科口腔外科と共同で再建手術を要するような進行した口腔癌症例を多く手掛けることもあり、平均在院日数はやや長目となっています。その他、放射線治療や化学療法を行う頭頸部悪性腫瘍症例も多く入院しています。また耳鼻咽喉科救急疾患にも対応しており、特に休日における仙台市急患センターとの連携が構築されていることもあり、入院治療が必要な扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性喉頭蓋炎などの症例も多くなっています。
リハビリテーション科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010160xx99x10x パーキンソン病 手術なし 手術・処置等2 あり 定義副傷病 なし 57 26.28 21.49 0.02 74.67
01021xxxxx1x0x 認知症 手術・処置等1 あり 定義副傷病 なし 18 20.83 18.71 0.00 68.61
010200xx01x00x 水頭症 水頭症手術 脳室穿破術(神経内視鏡手術によるもの)等 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 15 23.80 21.72 0.00 77.33
高次脳機能障害科にて、パーキンソン症候群及び認知症をきたす疾患の鑑別診断と治療を行っている。
水頭症は歩行障害(パーキンソン症候群)と認知症の両者を来たす疾患で、術後管理を含めた包括的治療を高次脳機能障害科で行っている。
放射線科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
100020xx99x2xx 甲状腺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 2あり 75 8.13 6.82 0.00 58.29
060010xx99x30x 食道の悪性腫瘍(頸部を含む。) 手術なし 手術・処置等2 3あり 定義副傷病 なし 68 53.57 23.57 0.02 69.04
040040xx9902xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 2あり 16 19.50 26.02 0.01 79.56
放射線科の入院で最も多く診療している疾患は甲状腺がんとなります。特にRI内用療法を行っています。3~4日間の特殊な隔離病棟で加療しています。
次いで多いの疾患は食道がんとなります。当院では放射線(化学)療法を行う食道癌のほとんどが当科入院にて行っております。分割した放射線照射が必要であるため、約2か月程度の入院加療が必要となります。
3番目は肺がんとなっています。当施設では早期肺がんに対し、積極的に定位放射線治療という、所謂ピンポイントに大線量を短期間に照射する治療を行っています。治療中の副作用は軽微ですが、遠方から紹介される方を中心に入院で治療しています。
救急科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
161070xxxxx00x 薬物中毒(その他の中毒) 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 49 2.43 3.58 0.02 40.35
170020xxxxxx0x 精神作用物質使用による精神および行動の障害 定義副傷病 なし 20 1.95 2.54 0.00 31.30
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 18 7.52 7.52 0.03 50.89
救急科の私たちは、大けが、大やけど、重症感染症、脳卒中、中毒、ショック、呼吸不全、心不全や突然の心停止など、重症から帰宅が可能な軽症の方を含めた救急患者さんの初期治療と入院後の集中治療を行っています。
意識障害を伴う重症の急性中毒、高齢化や医療の高度化に伴って世界で増加している重症感染症、大きなけがを身体のいろいろなところにけがを負う多発外傷の患者さんなどに対して、救急治療から手術と集中治療、リハビリテーションや退院までの診療を行っています。ひとりでも多くの重症の救急患者さんが元通り元気になることを目指した治療をします。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 119 9 6 44 16 141 1 6,7
大腸癌 38 11 27 25 12 81 1 6,7
乳癌 105 34 18 14 22 104 1 6,7
肺癌 151 25 75 117 73 309 1 6,7
肝癌 13 13 23 9 2 117 1 6,7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
胃癌:初期の胃癌については、多くの症例が消化器内科での内視鏡的治療が占めている。
また、抗がん剤での治療については腫瘍内科や胃腸外科、外科的治療については胃腸外科にて主な診療を行っている。
大腸癌:大腸癌の約8割を胃腸外科にて診療を行っており、手術と抗癌剤による治療の組み合わせを行っている。
乳癌:抗がん剤治療、外科的治療ともに乳腺外科での診療が大部分占めている。
また、外科的治療後の乳房形成術等については、形成外科と連携し治療を行っている。
肺癌:呼吸器内科、呼吸器外科での診療が大部分を占めている。
また、他の癌に比べStage不明が多くなっているが、確定診断までの複数回の検査入院をそれぞれカウントしているためである。
肝癌:内科的治療については消化器内科、外科的治療については肝臓・胆のう・膵臓外科、移植・食道・血管外科にて行っている。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
重症度 0 18 16.17 53.94
重症度 1 34 17.62 69.03
重症度 2 27 19.33 71.52
重症度 3 19 19.32 75.58
重症度 4 7 20.43 78.14
重症度 5 1 6.00 72.00
不明 11 17.55 70.00
重症度が高くなるほど、当然ながら平均在院日数が長くなる傾向がある。また、平均年齢からみていくと高齢になるほど重症化しやすくなっている。
診療科の特性上、呼吸器内科での診療が5割弱を占めている。
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内 8 3.50 53.38 0.00
その他 3 9.00 57.33 0.01
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内 1 5.00 86.00 0.00
その他 1 66.00 72.00 0.00
I63$ 脳梗塞 3日以内 55 26.98 70.40 0.16
その他 38 32.53 68.34 0.00
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 1 33.00 62.00 0.00
その他 6 14.00 73.67 0.00
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 0 0.00 0.00 0.00
その他 1 41.00 64.00 0.00
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内 2 13.00 39.50 0.00
その他 52 16.75 34.08 0.00
I679 脳血管疾患,詳細不明 3日以内 1 9.00 22.00 0.00
その他 1 9.00 84.00 0.00
脳梗塞での3日以内の疾患については、約6割の症例を救急科にて診療している。
その他については、内科的治療・外科的治療・リハビリテーションを行うそれぞれの専門の診療科にて診療を行っている。
もやもや病については、主に脳神経外科が診療を行っており外科治療や術後脳血流評価等についても行っている。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
循環器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5951 経皮的カテーテル心筋焼灼術 心房中隔穿刺又は心外膜アプローチを伴うもの 142 2.64 6.15 0.01 61.66
K5952 経皮的カテーテル心筋焼灼術(その他) 82 2.46 9.44 0.01 51.76
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 78 3.03 7.73 0.01 68.00
循環器内科では、加齢に伴う一般的な疾患である心房細動に対する経皮的カテーテル心筋焼灼術の症例増加が顕著です。大腿の血管からカテーテルを挿入し、心房中隔穿刺という手技にて右心系から左心系へカテーテルを挿入、不整脈起源である肺静脈周囲の左心房を治療します。心房細動症例の増加と平行して心房細動以外の頻脈性不整脈に対するカテーテル心筋焼灼術も増加傾向にあります。このほか、虚血性心疾患症例(心筋梗塞や狭心症など)に対する経皮的冠動脈ステント留置術も積極的に行っております。緊急で行う場合、予定入院で行う場合など症例に応じたタイミングで手術が行われます。
感染症内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6151 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(止血術) 1 1.00 5.00 0.00 61.00
K5972 ペースメーカー移植術(経静脈電極) 1 18.00 16.00 0.01 83.00
総合感染症科では、当科に定期受診されている患者さんに外科処置や手術が必要となった際に、専門各科と相談の上、当科で入院対応することがあります。感染症の病状や外科処置の内容に応じて個別に検討しています。
腎臓・内分泌科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K610-3 内シャント又は外シャント設置術 27 7.74 14.19 0.00 61.96
K613 腎血管性高血圧症手術(経皮的腎血管拡張術) 15 1.73 10.40 0.00 57.53
K635-3 連続携行式腹膜灌流用カテーテル腹腔内留置術 7 15.43 18.29 0.00 53.71
当科で最も多い手術は慢性腎不全患者の血液透析に必要な内シャント設置術です。腎不全の保存期から計画的に治療管理され、腎代行療法を患者自身が意思決定し、患者さまの体調に若干の余裕がある時期に内シャント設置術を行うことで、その後の血液透析導入を円滑にすすめることができます。次に多い手術は腎血管性高血圧症、腎動脈狭窄症に対する経皮的な腎血管拡張術です。腎動脈狭窄症は若年者の二次性高血圧の中で治療可能、降圧薬の減量や中止が期待できる疾患であり、画像診断で適応を判断し、積極的に実施しています。腹膜透析を受ける患者さんへのカテーテル挿入、維持透析中にシャント機能不全を生じて血管内治療での修復のための入院という末期腎不全治療に関連する2つの手術が件数としては並んでいます
血液内科・リウマチ科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K9212ロ 造血幹細胞採取(末梢血幹細胞採取)(自家移植) 6 21.67 26.50 0.00 46.83
K9221イ 造血幹細胞移植(骨髄移植)(同種移植) 4 25.50 59.50 0.00 54.25
K9223 造血幹細胞移植(臍帯血移植) 3 30.00 110.67 0.00 43.67
当科では化学療法のみで十分な治療効果を得ることが難しい血液悪性疾患に対して、造血幹細胞移植を行っています。多発性骨髄腫(主に65歳未満の例)や難治性悪性リンパ腫に対しては大量化学療法を用いる自家移植を行います。急性白血病に対しては血縁ドナーもしくは骨髄バンクドナーからの移植が行われます。ドナーが見つからない場合は臍帯血移植を選択するケースもあります。一般的に50歳未満の方には骨髄破壊的前処置、50歳以上の方には前処置の強度を減弱したミニ移植を選択します。移植後は自宅近くの病院と連携しながら、長期にフォローアップを行っていきます。
消化器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6532 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術(早期悪性腫瘍粘膜下層) 125 3.94 9.48 0.00 72.68
K682-3 内視鏡的経鼻胆管ドレナージ術(ENBD) 98 5.71 16.63 0.03 66.70
K7211 内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 66 1.52 4.06 0.00 66.45
消化器内科では、内視鏡を用いた手術を行っています。最も多いのが、早期胃がんに対する内視鏡手術で、内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)を行います。ESDは早期胃がんだけではなく、表在型食道がん(早期の食道がん)、早期のバレット腺がん、早期大腸がんなども対象として行っています。大腸にできる良性のポリープ(腺腫)で切除したほうが良いものについては、短期間入院して頂き、主に内視鏡的ポリペクトミーにより治療しています。
肝臓でつくられる胆汁を流す胆管が閉塞した場合に発症する閉塞性黄疸、胆管結石や胆管狭窄が原因で発症する胆管炎などに対して内視鏡を用いてドレナージチューブを留置する治療が、内視鏡的経鼻胆管ドレナージ術(ENBD)です。ENBDでは感染した胆汁を体外に排出します。感染や黄疸が十分に改善するまで留置しますので、平均術後日数がやや長くなる傾向です。
心療内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5223 食道狭窄拡張術(拡張用バルーン) 7 8.00 8.86 0.00 46.29
K726 人工肛門造設術 1 58.00 50.00 0.00 43.00
K6182 中心静脈注射用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) 1 25.00 15.00 0.00 59.00
心療内科では機能性消化管障害と摂食障害が代表的な疾患ですが、関連・類似病態には消化管運動異常症として慢性便秘、慢性特発性偽性腸閉塞症、食道アカラシアがあり、それらを包含した診療を実施しています。内科診療で実施できる食道アカラシアに対する食道狭窄拡張術があり、それが上位1番目の指標として挙げられています。つづく人工肛門造設術、中心静脈注射用植込型カテーテル設置については、心療内科入院中に慢性偽性腸閉塞症への治療として外科に依頼し、人工肛門造設を実施した方が慢性偽性腸閉塞症に続発する腸内細菌異常増殖を改善し得ると判断された事例であり、中心静脈注射用植込型カテーテル設置も同様に当科入院中に慢性偽性腸閉塞症への治療として外科に依頼し、手術を実施した方が栄養の保持を図り得ると判断された例であり、心療内科としては手術例そのものが少ないため、上位に掲載されています。
腫瘍内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6112 抗悪性腫瘍剤静脈内持続注入用植込型カテーテル設置(四肢) 61 1.26 4.69 0.00 59.36
K635 胸水・腹水濾過濃縮再静注法 20 2.30 5.60 0.00 58.45
K6181 中心静脈注射用植込型カテーテル設置(四肢) 13 15.00 10.15 0.01 59.08
腫瘍内科で施行する手術は、抗悪性腫瘍剤静脈内持続注入用埋込型カテーテル設置術が最も多くなります。抗がん剤は血管内に確実に投与する必要があり、末梢血管のルートが確保困難な場合や抗がん剤の持続投与を要する場合に適応になります。2番目に多い、胸水・腹水濾過濃縮再静注法は、がんによって生じた胸水、腹水を廃液、採取し、タンパク質成分を濃縮後に血管内に還元する手技で、主として症状の緩和を目的にとして行います。3番目の中心静脈用埋込型カテーテル設置術は、抗悪性腫瘍剤埋込型カテーテル設置と同様の手技になりますが、病状のため、経口摂取が困難で中心静脈栄養を要する場合に行います。
肝臓・胆のう・膵臓外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K682-3 内視鏡的経鼻胆管ドレナージ術(ENBD) 49 3.51 26.84 0.01 65.96
K7032 膵頭部腫瘍切除術(リンパ節・神経叢郭清等を伴う腫瘍切除術) 22 6.91 40.68 0.02 68.27
K6153 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(その他) 16 3.44 12.38 0.01 65.69
肝・胆のう・膵臓外科では,肝臓,胆道,膵臓の悪性腫瘍(肝臓がん,転移性肝がん,肝内および肝外胆管癌,胆のう癌,十二指腸乳頭部癌,膵臓がんなど)に対する外科手術を中心とした治療を主に行っております。これらのがんに対する手術は難易度が高いことから,より高い専門性と知識,技術が求められており,当科では肝胆膵外科高度技能専門医を中心に安全で確実な手術を心がけております。
 特に胆管がんや膵頭部がんでは,閉塞性黄疸が出現することが多く,黄疸を取り除くための管を内視鏡的に胆管内に挿入する「内視鏡的経鼻胆管ドレナージ術(ENBD)」を術前に施行することが多くなっております.これは根治的な手術ではなく,手術の前に行われる処置であり,当科で最も多く行われている処置となります。
 2番目に多い膵頭部腫瘍切除は,膵臓がんの患者さんに行われるものであり,当科の代表的な手術の一つとなります.非常に高難度で大きな手術でありますが,当科では術前の化学療法,放射線療法等を取り入れ,これまでは切除が不可能であった超進行膵臓がんも,切除可能となる症例が増えております。
次いで多いものは血管塞栓術、腹腔鏡下胆嚢摘出術でありますが,こちらは肝臓の半分以上を切除する必要のある胆管がんの患者さんの術前に,手術で切除される側の肝臓内の門脈と呼ばれる血管を超音波を用いて穿刺し,詰め物をして血流をなくす事により,切除される肝臓が小さくなり,その分残る側の肝臓を大きくすることで,安全に手術を行うための術前処置となります.
腹腔鏡下胆嚢摘出術は,胆のうの良性疾患,多くは胆嚢結石(いわゆる胆石)の患者さんに行われる腹腔鏡を用いた低侵襲の手術ですが,近年肝臓,胆道,膵臓の領域でも低侵襲な腹腔鏡を導入しております。
胃腸外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 37 3.03 4.54 0.00 56.19
K655-22 腹腔鏡下胃切除術(悪性腫瘍手術) 27 4.63 12.89 0.00 71.56
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 24 4.38 11.04 0.00 69.96
胃腸外科では腹腔鏡を用いた低侵襲手術を数多く行っていることが特徴です。腹腔鏡手術は従来の開腹手術と比較して、キズが小さいため術後の痛みも少なく術後の回復が早いことがメリットです。患者さんの早期退院、早期社会復帰が可能です。
1番目に多い腹腔鏡下胆嚢摘出術は,多くは胆嚢結石(いわゆる胆石)の患者さんに行われる腹腔鏡を用いた低侵襲の手術です。
2番目に多い腹腔鏡下胃切除術は胃がんに対する低侵襲手術であり,開腹手術と比べ小さな傷で済むことから積極的に行っている手術です。平均年齢は70歳を超えており,高齢者にも安全に行うことが可能です。
3番目に多いものは腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術であり,これは大腸がんに対する腹腔鏡手術です.同様に小さな傷での切除が可能であることから,積極的に行っております。
移植・食道・血管外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5612 ステントグラフト内挿術(腹部大動脈) 51 4.31 9.96 0.02 77.59
K529-21 胸腔鏡下食道悪性腫瘍手術(頸部、胸部、腹部の操作) 46 6.26 22.89 0.00 64.41
K5606 大動脈瘤切除術(吻合又は移植を含む。) 腹部大動脈(分枝血管の再建を伴うもの) 39 3.95 15.62 0.01 70.56
ステント内挿術及び大動脈瘤手術:血管外科で行う手術のうちもっとも多いのは腹部大動脈瘤に対する手術です。腹部大動脈瘤は症状がない病気ですがある程度大きくなると破裂の危険があるため予防のための治療をお勧めしています。治療には「ステントグラフト内挿術」というカテーテルで足の付け根から動脈瘤の中に特殊な人工血管を入れて動脈瘤を固める方法と、腹部を大きく切開して人工血管でバイパスする「人工血管置換術」とがあります。ステントグラフトは足の付け根の小さな切開だけで行えるため、体力のない方にも勧められる治療です。ただ、一部の方に再発が見られ、再治療が必要になることがあります。人工血管によるバイパス手術は腹部に大きな創がつきますが、手術の後に動脈瘤の再発が見られることはめったにありません。それぞれの利点、欠点をお話しして患者さんに最も適した治療法をご本人やご家族と相談しながら決めていくことにしています。
胸腔鏡下食道悪性腫瘍(頸部、胸部、腹部の操作):侵襲が高度な食道癌手術において、なるべく侵襲を少なくするために胸腔鏡下食道切除術を1994年に導入し、20年以上にわたり、継続して行ってきました。現在では標準手術としてほぼ全ての手術症例に行っています。従来の開胸手術は25cm程の手術創と1~2本の肋骨切離を伴いますが、胸腔鏡下手術は数か所のポート挿入(1cmあるいは5mm)のみで操作します。術後の痛み、肺機能の維持という観点から大きなメリットがあります。通常手術に比べて、手技そのものの難易度は上がりますが、十分に訓練された術者が担当します。腫瘍の切除やリンパ節廓清についても開胸手術と同等あるいはそれ以上の精緻さをもって行うことができ、長期成績も遜色ありません。腹部操作も原則として腹腔鏡下に行っており、食道癌手術の低侵襲化が図られています。
乳腺・内分泌外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K4762 乳腺悪性腫瘍手術(乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わない)) 88 3.36 9.01 0.00 60.38
K4763 乳腺悪性腫瘍手術 乳房切除術(腋窩部郭清を伴わないもの) 34 3.12 9.91 0.00 67.50
K4631 甲状腺悪性腫瘍手術 切除 24 2.25 5.08 0.00 53.46
当科で診断・治療の対象としているのは主に乳腺および甲状腺の疾患です。この中で悪性腫瘍の代表として、乳がんと甲状腺がんが挙げられます。なかでも女性が最も多くかかるがんが乳がんです。日本において乳がんは増加の一途をたどっています。これを受けて、当科における手術症例数の第1位、第2位は乳がんに対する手術です。乳がんに対する手術は、乳房を部分的に切除する乳房部分切除術と乳房を全部切除する乳房切除術とに大別されます。当科では、乳房を部分的に切除する乳房温存手術を希望される患者さんが多く、30年前から乳房温存手術に積極的に取り組んでおり、すでに1300例以上の手術を経験しています。また、現在では脇の下のリンパ節の不要な切除を回避するセンチネルリンパ節生検が主流となっています。さらに、甲状腺がんの手術症例も増加しており、第3位になっています。
心臓血管外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5551 弁置換術(1弁) 38 17.47 48.61 0.03 65.61
K604-24 植込型補助人工心臓(非拍動流型)(91日目以降) 27 0.00 40.70 0.00 37.70
K5611 ステントグラフト内挿術(胸部大動脈) 21 9.62 22.24 0.01 71.76
弁膜症の手術が最も多く行なわれております。僧帽弁閉鎖不全症に対する僧帽弁形成術を積極的に行っております。大動脈弁狭窄症に対する経カテーテル的大動脈弁置換術も行っております。また当科は東北地方で唯一の心臓移植施設であり、そのため重症心不全に対する植込型補助人工心臓装着の手術を多く行っております。一方で、大動脈疾患の治療も数多く行っており、従来の開胸手術のみならず、ステントグラフト内挿術などの低侵襲手術も行っております。患者さんの状態でより適切な治療を選択しております。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0821 人工関節置換術 76 6.37 29.09 0.02 70.92
K0301 四肢・躯幹軟部腫瘍摘出術 55 1.53 4.38 0.00 53.18
K079-21 関節鏡下靱帯断裂形成手術 24 1.17 11.83 0.00 24.38
整形外科では高齢者にみられる骨粗鬆症、脊椎症、関節症はもちろんのこと若年者に多いスポーツ障害などにも積極的に取り組んでいます。また骨軟部悪性腫瘍についても積極的に治療しています
形成外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K4263 口唇裂形成手術(片側)(鼻腔底形成を伴う場合) 30 2.00 4.03 0.00 6.93
K426-23 口唇裂形成手術(両側)(鼻腔底形成を伴う場合) 11 2.09 4.36 0.00 5.00
K0591 骨移植術(軟骨移植術を含む。)(自家骨移植) 10 2.60 8.30 0.00 10.70
当科では、口唇口蓋裂に対しての症例を多く扱っており、歯科と連携して成長に合わせた集学的治療を行っている。




呼吸器外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K514-23 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(肺葉切除又は1肺葉を超える) 60 8.43 14.12 0.02 68.57
K514-21 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術 部分切除 26 9.04 11.04 0.00 69.65
K5131 胸腔鏡下肺切除術(肺嚢胞手術(楔状部分切除)) 10 7.90 8.50 0.00 46.40
呼吸器外科は肺・縦隔を中心とした臓器に対する外科治療を中心に行っています。肺癌は胸腔鏡を用いた手術が現在主流になっており、原発性肺癌に対する定型的肺切除に加え、他臓器からの転移病巣に対する部分的肺切除も行っています。更に悪性疾患以外にも、肺癌に次いで症例数が多い自然気胸に対する胸腔鏡下肺切除手術や縦隔腫瘍なども治療の対象となります。時に肺癌以外の近接した食道癌や喉頭癌進行に伴う気道狭窄病変に対し、気管支鏡下による気道狭窄病変に対する拡張術を施行することもあります。
産婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K879 子宮悪性腫瘍手術 65 4.00 10.82 0.00 56.35
K889 子宮附属器悪性腫瘍手術(両側) 58 3.88 13.74 0.00 55.36
K861 子宮内膜掻爬術 50 0.00 0.28 0.00 42.76
婦人科で最も多いのは子宮がんに対する手術ですが、これは子宮頸がんと子宮体がんを合わせた症例数になっています。以前は子宮頸がんが大多数を占めておりましたが、近年では子宮体がんが増加しており、現在は子宮悪性腫瘍手術症例の半数以上は子宮体がんとなっています。当科では患者様の手術侵襲を減らす目的で「センチネルリンパ節生検」「腹腔鏡下手術」「ロボット支援手術」などを積極的に子宮悪性腫瘍手術に応用する取り組みを行っております。
次いで多いものは卵巣がん・卵管がんなどを対象とした子宮附属器悪性腫瘍手術です。これらの手術では腫瘍組織を可能な限り摘出する一方で、抗がん剤治療が有効な症例が多い事より術前または術後に抗がん剤治療を組合わせる事も多くなっています。
子宮内膜掻爬術は子宮体がんが疑われる場合に、子宮鏡で子宮内腔を直接観察したうえで内膜組織を摘出するものです。通常は病棟で短期入院で行われる手術になります。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K843 前立腺悪性腫瘍手術 81 3.62 9.38 0.00 65.47
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用) 52 4.17 5.81 0.00 70.67
K773-2 腹腔鏡下腎(尿管)悪性腫瘍手術 31 5.52 13.81 0.00 65.71
当科で最も多い手術は前立腺癌に対するロボット支援腹腔鏡下根治的前立腺全摘除術です。繊細で正確に作動する鉗子・鮮明な3次元画像を有した手術支援ロボットを用いて、前立腺と精嚢の摘除したのちに尿道と膀胱を吻合します。ロボット支援腹腔鏡下根治的前立腺全摘除術です。2012年4月に‘前立腺癌に対するロボット支援腹腔鏡下根治的前立腺全摘除術’が保険適応になって以来、ほとんどの前立腺摘除術はロボット支援手術でおこなわれております。
次いで多いのは、膀胱癌に対する手術で、経尿道的膀胱腫瘍切除術です。水を膀胱内に注入しながら内視鏡(カメラ)を尿道を通して膀胱内に挿入し,腫瘍をつまみとったり電気メスで削りとったりする手術です。腫瘍を取ってどのような性質のものか見きわめるために行われますが、腫瘍の根があさい場合は根治的治療となりえますし,根が深い場合でも今後の治療方針を決定するのに必要な手術です。
3番目に多いのは、腹腔鏡下腎(尿管)悪性腫瘍手術です。腹腔鏡を用いた根治的腎摘除術(腎癌のある片方の腎臓をすべて摘除する方法)が従来から行われてきましたが、最近、腎摘除後に残された健側の腎機能に関する研究が進み、長期的にみると慢性腎不全になるリスクが高いことがわかってきました。小さな腎癌に対しては腎機能を可及的に残すために、腎部分切除術(腎癌の部分だけを摘除する方法。腎臓の機能をより多く残せる利点があるが、再発、出血といった欠点もあります)が勧められています。2016年4月から、腎部分切除術に対するロボット支援手術が保険適応になり、現在は腎部分切除術は腹腔鏡手術よりも侵襲の少ないロボット支援手術で行われるようになっています。
詳細は当科ホームページをご参照ください(http://www.uro.med.tohoku.ac.jp/patient_info/inspection.html)
神経内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術を含む。) 11 20.36 18.36 0.01 68.18
K154-3 定位脳腫瘍生検術 2 8.00 40.50 0.00 55.00
K6182 中心静脈注射用植込型カテーテル設置(頭頸部その他)
神経内科では内科的治療が主体です。しかしながら、診断を目的とした生検術を行うことがあります。筋生検や末梢神経生検は神経内科で、また脳生検は脳神経外科で十分に必要性を吟味した上で施行しています。
一方、種々の神経筋疾患によって飲み込みの障害(嚥下障害)が起きることがあります。リハビリテーション部門あるいは耳鼻咽喉科での嚥下機能評価を経て必要と判断した場合、ご希望があれば消化器内科で胃瘻造設術(主に経皮的内視鏡下胃瘻造設術)を施行しています。
まれに合併症に対する処置、あるいは中心静脈栄養を長期間行うための植え込み型カテーテル設置を行うこともあります。
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K1692 頭蓋内腫瘍摘出術(その他) 71 6.63 44.62 0.04 48.85
K6101 動脈形成術、吻合術(頭蓋内動脈) 30 6.60 17.63 0.00 34.13
K154-2 顕微鏡使用によるてんかん手術(焦点切除術、側頭葉切除術、脳梁離断術) 22 5.64 11.68 0.01 23.55
脳神経外科では、良性、悪性を含む脳腫瘍摘出術が最も多い手術となっています。手術アプローチが困難な頭蓋底腫瘍に対する摘出術、神経生理学的モニタリング、ナビゲーションシステムなど画像誘導システムを必要とする脳内腫瘍の摘出術、神経内視鏡を用いた低侵襲手術を主に行ってます。悪性腫瘍に対しては放射線治療科、小児脳腫瘍に対しては小児腫瘍科などとの連携を通した集学的治療を提供するシステムを構築しています。次いで多いのは、もやもや病を主とする虚血性脳疾患に対する血行再建術です。特にもやもや病に関しては、日本で最多の症例を治療する機関となっています。続くのが難治性てんかんに対する外科手術です。てんかん科との連携により、脳波測定、ビデオモニタリング装置などを駆使して的確、適切な診断から治療までを提供しています。
小児科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K9132 新生児仮死蘇生術(仮死第2度) 58 0.00 74.67 0.01 0.00
K6113 抗悪性腫瘍剤静脈内持続注入用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) 14 5.57 140.00 0.00 7.07
K9131 新生児仮死蘇生術(仮死第1度) 11 0.00 63.73 0.00 0.00
小児科では新生児仮死蘇生術を施す件数が増えています。毎年150名近く生まれる低出生体重児 (出生体重2.5 kg未満) はその未熟性のため、生まれてすぐには呼吸できず徐脈に陥りがちです。赤ちゃんの元気さを示す10点満点の評価 (Apgar score) で、生後1−5分の値が3点以下を仮死第一度、4-6点を仮死第二度と呼びます。東北大学病院では生まれる低出生体重児の約7割に新生児仮死蘇生術を施しています。
また小児血液免疫疾患や悪性腫瘍においては長期間点滴や頻回の採血が必要な場合が多く、埋め込み型中心静脈カテーテルを留置し、安全にかつ苦痛なく採血、点滴および抗がん剤投与を行うようしています。
小児外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6335 ヘルニア手術 鼠径ヘルニア 63 1.14 1.03 0.00 2.02
K6182 中心静脈注射用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) 11 8.91 40.09 0.00 18.45
K836 停留精巣固定術 9 1.00 1.22 0.00 2.56
鼠径ヘルニアは小児の外科的疾患の中で一番多い疾患で、小児外科で一番手術を行っています。鼠径ヘルニアの手術年齢が低いのは当院でのNICU患者が多く、また他院のような手術時期を遅らせることなく診断され次第手術する方針をとっていることから手術年齢が低くなっています。
また、当科では腸管不全の患者を多く診ておりますので、カテーテルトラブル等で他院からの紹介も多くなっております。それにより多くの患者に中心静脈カテーテル挿入を行っております。平均在院日数が長いのは、カテーテルを入れるだけでなく、腸管リハビリテーションと中心静脈栄養のオーダーメイドによる栄養管理を行っているため、在院日数が長くなっているのが当科の特徴です。
皮膚科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0072 皮膚悪性腫瘍切除術(単純切除) 130 2.54 12.48 0.00 67.70
K0052 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径2cm以上4cm未満) 16 1.38 5.88 0.00 40.75
K0021 デブリードマン(100cm2未満) 10 17.40 18.70 0.00 68.30
当科の手術で最も多いのは、顔面などの露出部に生じる悪性皮膚腫瘍の切除術で、次いで、露出部の良性皮膚腫瘍切除術、非露出部の良性皮膚腫瘍切除術が多い手術となっています。これらの手術は全身麻酔あるいは局所麻酔で行います。腫瘍を摘除した部分は、できるだけキズがきれいに治るように、丁寧に縫い合わせるほか、悪性腫瘍などで広い範囲の皮膚欠損が生じるような場合には、局所皮弁や植皮術により欠損部をふさぐ手術を行います。また、悪性黒色腫の患者さんでは、必要に応じて、センチネルリンパ節(見張りリンパ節)生検やリンパ節郭清を行っています。皮膚腫瘍切除術のほかには、熱傷や皮膚感染症患者さんで、壊死組織除去(デブリードマン)を行っています。デブリードマン後の皮膚欠損に対して、植皮術などの皮膚潰瘍の治療を行います。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他) 678 1.14 1.14 0.00 70.41
K2801 硝子体茎顕微鏡下離断術(網膜付着組織を含むもの) 592 1.42 7.62 0.00 62.71
K2802 硝子体茎顕微鏡下離断術(その他のもの) 137 1.42 7.02 0.00 63.42
当科では難治性白内障手術症例の紹介が多く、また、網膜疾患に対する硝子体切除術や緑内障に対する流出路再建術の際に白内障手術を同時に行っている例が多い。このため白内障が1位となっております。網膜剥離や増殖性糖尿病網膜症は緊急を要する疾患であり、県内の他施設での実施可能件数が十分でないため、当科が集中的に手術を実施しており、このため硝子体茎顕微鏡下離断術(網膜付着組織を含むもの)が2位となっております。それ以外の網膜疾患(黄斑前膜・黄斑円孔など)も他施設で施行が困難な場合が多いため、当科で集中的に実施しております。このため硝子体茎顕微鏡下離断術(その他のもの)が3位となっております。
耳鼻咽喉科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K319 鼓室形成手術 29 3.17 7.76 0.00 42.21
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術を含む。) 27 9.93 56.00 0.01 68.00
K4152 舌悪性腫瘍手術(亜全摘) 21 11.71 32.90 0.00 64.19
耳鼻咽喉・頭頸部外科において最も多い手術名は鼓室形成術であり、その中でも低侵襲手術の位置づけの最先端の技術である内視鏡下耳科手術の対象患者数が増加しています。頭頸部悪性腫瘍(鼻副鼻腔癌、口腔癌、咽頭癌、喉頭癌、唾液腺癌など)症例の各種手術を手掛けており、その中でも歯科口腔外科との連携から舌悪性腫瘍手術が多く行われています。また頭頸部悪性腫瘍症例に対して集学的治療(手術、放射線治療、化学療法)を行う上で支持療法としての栄養管理の重要性から、消化器内科と連携して経皮的内視鏡下胃瘻造設術を多くの症例に行っています。気管切開は頭頸部悪性腫瘍症例に加え、重症の急性炎症症例(急性喉頭蓋炎や深頸部膿瘍など)においても大事な気道確保の手段として施行されています。
リハビリテーション科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K1742 水頭症手術(シャント手術) 16 3.19 20.06 0.00 77.50
K5463 経皮的冠動脈形成術(その他) 3 2.00 42.67 0.00 66.00
K190-4 重症痙性麻痺治療薬髄腔内持続注入用植込型ポンプ交換 2 9.00 9.00 0.00 61.00
当科で最も多い症例となっている水頭症については、診断、手術適応の決定、手術後の管理を当科で行いますが、手術自体は脳神経外科にて実施しており、後に当科に転科して術後管理を行っており、最も多い症例となっています。
経皮的冠動脈形成術については、術後の患者様に対し、内部障害学にて日常生活動作の自立・生活の質の改善に加え、再発予防・生命予後の延長を目指した運動療法・薬物療法、教育・カウンセリングなどの包括的心臓リハビリテーションを提供しております。
また、脳・脊椎疾患に伴う痙縮に対する対症療法の1つとして当科にてバクロフェン持続髄注療法を受けられた患者さんに対して植え込み型ポンプの交換手術を行っております。全身麻酔での手術にてバクロフェン(抗痙縮薬)を入れたポンプを腹部に埋め込み、脊髄硬膜内まで通した薬を流すカテーテルと接続します。コンピューターによって調整された注入速度で持続的に脊髄周囲に薬を微量注入する治療です。
放射線科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6153 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(その他) 13 1.31 3.69 0.00 65.31
K007-2 経皮的放射線治療用金属マーカー留置術 11 1.00 1.18 0.00 70.09
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術を含む。) 8 11.25 68.88 0.01 69.63
放射線診断科は、病院の中央診療部門としてCT・MRI・核医学を中心とした画像検査の施行と診断を行い、また、血管造影とその技術を応用したIVR(インターベンショナルラディオロジー)を施行しています。
画像診断とIVR業務を行っております。昨年の画像診断実績はCT:36,000、MRI:17,000件、核医学7,800件、IVR 564件で、単純X線と超音波診断の一部も行っていますが、それらの大部分は外来ないしは他診療科入院にて行っているために入院実績には一部しか反映されておりません。
放射線診断科のIVRは、腫瘍や出血、外傷に対する血管塞栓術は365日24時間の救急を含め対応しています。内臓動脈瘤や肺動静脈瘻のような特殊な疾患のIVRや他院から直接紹介された各種塞栓術は当科入院にてIVRを施行しており、症例数の上位にあるのはこのためです。CTガイド下の各種生検やマーカー留置の一部と骨粗しょう症の椎体形成術も当科入院で行っています。腎癌のCTガイド下凍結療法も放射線診断科入院の上施行しております。
多くは当院各診療科に入院で当科と他診療科との密接な協力の上で、血管拡張術、動脈内薬剤注入用のカテーテル留置術、骨腫瘍のablation、CTガイド下のラジオ波焼灼術やドレナージ、静脈サンプリング、ステントグラフト後のエンドリーク塞栓、BRTO等多くの種類のIVRに対応しています。
救急科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6151 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(止血術) 18 0.22 15.06 0.02 56.94
K386 気管切開術 12 10.08 35.92 0.05 72.75
K145 穿頭脳室ドレナージ術 7 1.29 50.00 0.03 61.14
私たちは、大けが、大やけど、重症感染症、脳卒中、中毒、ショック、呼吸不全、心不全や突然の心停止などの重症から帰宅可能な軽症まで救急患者さんの初期治療と入院後の集中治療を行っています。
出血は生命を脅かす重篤な状態ですが、重症の外傷患者さんでは腹部や胸部の臓器損傷、骨盤骨折に伴う出血が問題となります。出血をしている血管だけを止血する血管塞栓術はとても迅速に行うことができ、外傷以外の患者さんに対しても有効な治療方法として、多くの患者さんの出血をコントロールすることに役立つ治療として行っています。。
当科では重症の呼吸不全を含む多臓器障害などの集中治療を必要とする患者さんの治療を多く行っています。このような患者さんでは、長期間の人工呼吸を必要とすることも少なくありません。10~14日以上の人工呼吸を必要とする患者さんでは、患者さんの負担を減らすために気管切開術を行います。人工呼吸が必要なくなれば、気管切開は閉鎖して元通りになることもできます。
また、重症の意識障害で入院する脳卒中や頭部外傷の患者さんがたくさんいらっしゃり、頭の中の出血に対する治療方法のひとつとして脳室ドレナージ術も多く行い、患者さんの救命と状態の改善に努めています。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 5 0.03
異なる 51 0.28
180010 敗血症 同一 35 0.19
異なる 74 0.40
180035 その他の真菌感染症 同一 25 0.14
異なる 15 0.08
180040 手術・処置等の合併症 同一 100 0.54
異なる 12 0.06
手術・処置等の合併症については、退院後のものが大半を占めている。
疾患としては中心静脈カテーテル感染によるもの、透析カテーテルの感染によるもの、人工関節のゆるみや感染が主な原因となっている。
更新履歴