東北大学病院

English

文字サイズ

カラー設定

診療受付:8:30-11:00 再診受付機 8:00-11:00

休診日:土・日・祝・年末年始12/29-1/3

診療時間:平日 8:30-17:15

お問い合わせ:022-717-7000 [ 時間外・休診日 022-717-7024 ]

顎顔面口腔再建治療部

外来 外来診療棟C 4F
外来受付 Tel:022-717-8581

顎顔面口腔再建治療部のご案内

部の特色

対象疾患と診療内容

顎顔面補綴は手術やケガ、奇形などによって、口腔を形作る骨や組織(歯ぐきや顎)の一部、顔面(目、耳、鼻、頬など)の一部を失った方を対象としております。
診療では、歯だけでなく顎や顔面の部分をも含めて修復する特殊な義歯や装置(顎義歯や顔面エピテーゼ)により補填、修復することにより、その形態と機能の回復を図っています。
このような治療には、様々な分野における高度で専門的な技術を必要とするため、東北大学病院の口腔外科、顎顔面外科および顎口腔機能治療部、さらには耳鼻咽喉科、形成外科などとの連携協力のもとで行われており、本治療部は、これらチーム医療の中心となって患者さんに対応しております。

診療の特色

顎顔面補綴治療により、食物の咀嚼、飲み込み、会話が可能となり、さらには容貌が再建され審美性および精神面が回復することから、患者さんの社会復帰・QOLの向上を期待することができます。
顎顔面補綴は、上・下顎骨の欠損部を非観血的にあるいは手術等の併用により人工物で補填する顎補綴と、顔表面を含む実質欠損部を補填修復する顔面補綴よりなります。

1. 上顎顎補綴装置

上顎欠損に伴う機能障害としては、歯の喪失による咀嚼障害や審美障害のほかに、上顎洞や鼻腔への穿孔による、鼻咽腔閉鎖不全や発音障害、嚥下障害があります。これらに顎補綴装置を適用することによって穿孔部の閉鎖、固有口腔を形成し、顎口腔機能の再建を図っています。上顎顎補綴装置には以下のものがあります。

1) 顎義歯(義顎)
基本的には有床義歯に穿孔部を閉鎖する栓塞子が付加された形態の装置が多く用いられています。

2) 閉鎖床
上顎の残遺孔を塞いで上顎の形を整えてあげることで、食物や息が鼻に入ることを防ぎ、発音時に舌が正しい位置を取れるようにするための装置です。人工歯部分はありません。

3) スピ-チエイド(発音補助装置)
口蓋裂、脳血管障害、頭部外傷などによって軟口蓋の動きが良くなかったり、軟口蓋が短いために、息が鼻に漏れて明瞭な発音ができない方に、軟口蓋の動きを助けて発音を改善させるための装置です。

4) 嚥下補助床
嚥下障害の方に、食塊形成と咽頭への食塊移送を容易にするよう舌との接触を助けたり、嚥下時に下顎の固定を補助して、嚥下を改善させるための装置です。

2.下顎顎補綴装置

下顎欠損に伴う機能障害としては、歯の喪失による咀嚼障害や審美障害のほかに、舌欠損による、発音障害、咀嚼・嚥下障害があります。これらに顎義歯を適用することにより死腔の閉鎖、固有口腔を形成し、顎口腔機能の再建を図っています。

3.放射線治療補助装置

悪性腫瘍に対して放射線治療する目的で、おもに有床義歯に準じた形態の中に放射線源を封入し、悪性腫瘍への照射により治療するための装置です。他に腫瘍周辺の正常組織を照射野外に排除すること、もしくは正常組織を遮断し被爆軽減を目的にした装置などがあります。

4.顔面補綴装置(エピテーゼ)

顔面部に生じた欠損部を人工的に修復するための装置です。形成外科医学領域で行われている顔面形成術では、複雑な形態を有するヒトの顔面を、患者さんが満足できるレベルに回復することが困難な症例が存在します。このような場合、顎顔面補綴学領域ではこれらの患者さんに対してエピテーゼを適応することによって欠損部の修復し、審美・機能回復を図っています。

5.インプラント補綴治療

顎顔面欠損患者さんは、顎骨部、顔面部に大幅な実質欠損を有する場合が多いため、補綴装置の維持・安定を得ることが困難な症例が多く存在します。
そこで顎顔面口腔再建治療部ではこれらの症例に積極的にインプラント技術の導入を図っています。

6.その他の治療
  • 摂食療法、咀嚼・嚥下評価および療法
  • 顎欠損患者さんの顎機能評価
  • 鼻腔道の機能評価
  • 聴力テスト、聴覚補助
  • 放射線療法・化学療法後のデンタルケア

年間症例数

顎補綴 約50例
顔面補綴 約5例
口唇口蓋裂 約10例
インプラント補綴  約15例