東北大学病院

English

文字サイズ

カラー設定

診療受付:8:30-11:00 再診受付機 8:00-11:00

休診日:土・日・祝・年末年始12/29-1/3

診療時間:平日 8:30-17:15

お問い合わせ:022-717-7000 [ 時間外・休診日 022-717-7024 ]

消化器内視鏡センター

  1. トップページ >
  2. 診療科・部門 >
  3. 消化器内視鏡センター

【外来】外来診療棟C 2F

センター長あいさつ

 消化器内視鏡センターは、消化器内科を中心として関連する診療科(腫瘍内科、心療内科、胃腸外科、肝胆膵外科、移植再建内視鏡外科など)が連携し、消化器内視鏡検査および治療を安全かつ効率的に行う目的で、平成21年8月に開設されました。患者さんのプライバシーに配慮した個室の検査室を11部屋完備し、年間12,000件を超える内視鏡を行っています。また、西7階病棟・検査室2を消化器内視鏡センターの分室と位置づけ、中央診療棟1階・透視撮影室で施行している内視鏡検査及び治療、西8階病棟で施行している腹腔鏡検査と合わせて、消化器内視鏡センターの管理下としています。
 全検査室には最新のNarrow band imaging (NBI)システムが導入され、診断用内視鏡スコープおよびモニターはすべてハイビジョン対応で、拡大内視鏡・小腸内視鏡・カプセル内視鏡・細径(経鼻)内視鏡・超音波内視鏡も保有しています。また、各検査室には内視鏡ファイリング端末と診療支援コンピューター端末が配置され、検査後に患者さんに画像を示しながら結果を説明し、病理と連携した内視鏡レポートを作成することができます。内視鏡画像およびレポートは、全診療科の外来および病棟に設置されている診療支援コンピューター端末から閲覧することが可能であり、カンファレンスや各診療科との連携に有効に活用されています。
 また、内視鏡洗浄・消毒に関しては、独立した洗浄室で、洗浄専属要員が検査間も含めて全ての内視鏡を8台の洗浄機で機械洗浄しており、最新の感染・環境対策を行っています。
 当センターの主な業務は以下の通りです。

  • 消化管の早期癌などに対する内視鏡診断と治療
  • 消化管出血に対する緊急内視鏡および止血術
  • 食道胃静脈瘤に対する内視鏡的硬化療法(EIS・EVL)
  • 消化管狭窄に対する拡張術
  • 炎症性腸疾患の精査や出血源不明の消化管出血に対するカプセル内視鏡やバルーン式小腸内視鏡検査
  • 閉塞性黄疸に対する胆道ドレナージ、総胆管結石の内視鏡的截石術、膵管ステントと体外衝撃波(ESWL)を組み合わせた膵石治療など、内視鏡的膵胆管造影(ERCP)を用いた内視鏡治療
  • 粘膜下腫瘍、胆膵疾患などの診断のための超音波内視鏡検査(EUS)および超音波内視鏡下穿刺吸引生検(EUS-FNA)
 特に、食道癌、胃癌および大腸癌に対する内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)の施行件数は年間約300件で、全周性の食道癌などESD困難例も多数経験しています。また、胆膵疾患の内視鏡的手技の必要性が増し、ERCP件数は年間約600件、EUS検査件数は年間約750件、EUS-FNAも年間約130件に対して施行、治療にも応用し急性膵炎後の感染性膵壊死に対するドレナージなども行っています。さらに、平成24年度より、ダブルバルーン小腸内視鏡、狭窄確認型のパテンシーカプセルを新規導入し、小腸領域の診療体制をより一層強化しております。
 なお、当院は日本消化器内視鏡学会指導施設に認定されており、消化器内視鏡学会専門医、指導医、消化器内視鏡技師(看護師)、臨床工学技士(MEセンター)が在籍し、日進月歩の内視鏡分野において、最新の知識や技術を取り入れて、最先端の医療を提供することはもちろん、若手医師の教育にも力を入れています。
 内視鏡診療でお困りの際はお気軽にご相談、ご紹介いただければ幸いです。


センター長 小池 智幸