東北大学病院

English

文字サイズ

カラー設定

診療受付:8:30-11:00 再診受付機 8:00-11:00

休診日:土・日・祝・年末年始12/29-1/3

診療時間:平日 8:30-17:15

お問い合わせ:022-717-7000 [ 時間外・休診日 022-717-7024 ]

感染予防対策治療部

  1. トップページ >
  2. 診療科・部門 >
  3. 感染予防対策治療部

部長あいさつ

 クリーン歯科治療室という名称は、病院の診療科名で、文部科学省から認可された正式名称は、感染予防対策治療部です。感染予防対策治療部は、平成14年4月免疫機能の低下により感染症に罹りやすくなった患者さん(易感染患者)、あるいはすでに感染症に罹っている患者さんの治療や感染症対策法の確立と感染対策を実践できる専門医の養成を目的として、国立大学としては、東京医科歯科大学に続いて2番目に創設されました。現在、部長(兼任)のほか、専任の講師1名で構成されています。

部長 福本 敏

部長 福本 敏

部の特色

対象疾患と診療活動

  • 易感染患者および感染症患者の歯科治療における全身管理や精神的ケアを含めた全人的なアプローチ
  • 仙台市および東北6県の歯科医師の感染対策に関する啓蒙・指導・コンサルティング
  • 易感染患者および感染症患者治療の専門医の養成と社会への供給
  • 医療従事者に対する感染予防に対する啓蒙・教育指導
  • 歯学部学生の教育(講義と実習指導)
  • 歯科医師臨床研修(研修医)の教育(講義と実習指導)
  • 生涯教育としての易感染患者および感染症患者の歯科治療の教育

主な医療機器・設備

フリーアーム(歯科治療用大型集塵機)を歯科用ユニットに装備

 歯科用ユニットすべてに、フリーアームが装備されています。歯の切削時、あるいは、義歯の切削や研磨時に飛散する粉塵を吸引して、治療室内の空気汚染対策をして治療できるように、配慮しています。

歯科用タービン・歯科用エンジンの自動注油器の常備

 治療終了後、歯科用タービンおよび歯科用エンジンは、すぐ、オートクレーブ滅菌するのではなく、専用の自動注油器を用いて注油します。そうすることによって、タービンヘッド内に入った血液、唾液、切削片をきれいに洗い流すことができ、感染対策上、非常に効果があり、さらに、タービン、エンジンの寿命を長くすることができます。

ワンタッチ着脱式注射器および注射針(専用注射針廃棄ボトル付き)の使用
(テルモ社製、セフティーナDNシステム)

 歯科治療で最も頻度の高い針刺し事故は、注射器から注射針を外す時に生じます。この針刺し事故を防止するために、専用の注射器と専用の注射針廃棄ボトルを使用しています。注射器を注射針が付いたまま、専用注射針廃棄ボトルの受け口に、垂直に突き立てると、注射針が自然に廃棄ボトル内に落下する仕組みになっています。


車椅子患者用歯科用ユニット(GC社製ウイズ)の配備

 治療終了後、歯科用タービンおよび歯科用エンジンは、すぐ、オートクレーブ滅菌するのではなく、専用の自動注油器を用いて注油します。そうすることによって、タービンヘッド内に入った血液、唾液、切削片をきれいに洗い流すことができ、感染対策上、非常に効果があり、さらに、タービン、エンジンの寿命を長くすることができます。

診療科より皆さまへ

易感染患者および感染症患者のご相談について

 クリーン歯科治療部では、易感染患者さんおよび感染症を持つ患者さんに対して、相談の窓口を開いています。日本では、易感染患者さんおよび感染症患者さんに対して偏見が根強く、必要以上に怖がる傾向にあります。この治療室は、易感染患者さんおよび感染症患者さんの歯科治療を、患者さんにとっても、医療従事者にとっても、共に安全に行うために、先端的な感染対策の医療器具の導入や、最新のエビデンスに基づいた歯科治療を実践するために創設されました。したがって、得られた情報を大学のみならず、他の歯科医療機関に積極的に発信していく使命があります。
 したがいまして、易感染患者さんおよび感染症を持つ患者さんが日常生活で、どのような点を注意し、どのような点は注意しなくても良いのか、わかりやすく説明致します。患者さんだけでなく、医療関係の方の相談にも応じます。どうぞ、お気軽にご連絡ください。