東北大学病院

English

文字サイズ

カラー設定

診療受付:8:30-11:00 再診受付機 8:00-11:00

休診日:土・日・祝・年末年始12/29-1/3

診療時間:平日 8:30-17:15

お問い合わせ:022-717-7000 [ 時間外・休診日 022-717-7024 ]

咬合機能成育室

  1. トップページ >
  2. 診療科・部門 >
  3. 咬合機能成育室

【病棟】東病棟 10F 【外来】外来診療棟C 3F 【外来受付電話番号】022-717-8376

室長あいさつ

 咬合機能成育室は成長期の患者さんを主な対象とする歯科診療科の1つで、平成15年1月にオープンしました。お口の働きの不具合によって咬み合わせや歯並びに異常をきたしているお子さまに対して、お口の働きの健全化を支援いたします。

教授 五十嵐 薫

対象疾患と診療内容

 成長期のお子さまの咬み合わせや歯並びの異常を、その原因となっているお口の働きの不具合を取り除くことによって適切に管理し、う蝕、歯周病、不正咬合がなく、健全な咀嚼、発音、嚥下の働きを備えたお口の成育を支援します。

 学童期に現れる異常な咬み合わせ(写真は開咬)を口腔機能の健全化を図ることによって正常な永久歯の咬み合わせに導きます。

診療の特色

  • 正常な顎の成長や咬み合わせの発育を阻害している要因をとりのぞき、患者さんが本来備えている成長能や高い自然治癒力を利用して、最小限の矯正治療で安定した良い歯ならびと咬み合わせを獲得することをめざしています。
  • 咬み合わせや歯並びの異常がお子さまの心の成長に与える良くない影響を取り除きます。
  • 治療を二期に分けることにより、患者さんの負担が少なく、効率的で安定性の高い治療を提供します。
  • 暫間的固定源(TAD)を用いることにより、予知性の高い治療を施します。

 重度の乱杭歯であっても、暫間的固定源(TAD)を用いることにより、間にある歯を抜くことなく歯並びを正常にすることができます。

年間症例数

一般の咬合異常患者数 168名
顎変形症患者数 42名
先天異常を伴う患者数 3名

診療科より皆さまへ

 本診療室は、日本矯正歯科学会から認定医制度に基づく研修機関に指定されており、矯正歯科専門教育プログラムを運営し、矯正歯科医の養成を行っています。

リンク